蒼井さんはかき氷が大好き

『いけちゃんとぼく』恋愛を経験した女性の心に届く“声”



 漫画家・西原理恵子の絵本が原作の映画『いけちゃんとぼく』
(大岡俊彦監督)で、不思議な生き物“いけちゃん”の声を担当した
女優・蒼井優のインタビューが届いた。主人公の小学生・ヨシオを優しく見守り、ヨシオが成長するにつれ女の子目線へと変化していく
“いけちゃん”を声だけで演じた蒼井が、女優として、女性として、感じたこととは?

◆西原さんの絵と文字とストーリーという3つのどれが欠けてもいけない


CGっぽくないCGキャラクター“いけちゃん”

 
――“いけちゃん”の声優として出演依頼があった時は、どのように思いましたか?

蒼井:いろいろなことに驚きました。これまで、少年とか少女とか、自分と年齢は違っていても人間の役でしたが、今回は人と言えば人ですが、 よくわからない物体なので「これに声をあてるのか」と思ったし、まず、“いけちゃん”のビジュアルに驚きました。西原さんの絵本の実写映画化というのも、 面白い試みをされるんだなと思って。その中で、“いけちゃん”という大事な登場人物を私に任せてくださったことは、すごく光栄なことでしたし、うれしい かったので、すぐにやりたい!と思いました。


――原作を読んだ時の感想は?

蒼井:“いけちゃん”の役をやることが決まってから読んだので、「どんな声なんだろう?」「どういう風に動くのかな」「どう実写化するつもりなのかな」といろいろ考えながら読んでしまい、どうなるんだろうとワクワクしましたね。




――脚本を読んだ時はどう思いましたか?

蒼井:言葉が活字的だなと。原作の西原さんの言葉が使われていた所があったので、目で読んで楽しかったです。今の子供たちは使わないような 言葉もあったので、どういう風に演じるのか、それも楽しみでした。子供たちが面白い言葉をしゃべっていることが、この作品にとってすごく面白い引っかかり を作ってくれている。

 『いけちゃんとぼく』の世界は、西原さんの絵と文字とストーリーという3つのどれが欠けてもいけないんだなって気がします。これを実 写化すると、絵と文字が消えてしまって、ストーリーしか残らない。欠けた2つを何に変換させて補うのかな?と思っていたんですけど、監督は面白い言葉を子 供たちにしゃべらせることで、文字の代わりにしたような気がして、すごく興味深かったですね。


◆自分の中で“いけちゃん”の声が聞こえて来るまで待った


主人公のヨシオ(9歳)を演じるのは、オーディションで選ばれた深澤嵐。1996年生まれ。『みんな昔は子供だった』(フジテレビ)などのテレビドラマ、『子ぎつねヘレン』(2007年)、『イキガミ」(2008年)、『GOEMON』(2009年)などの映画に多数出演

 
 
――“いけちゃん”の声をどんな風に作っていきましたか?

蒼井:今回はオフラインを何回も見て、自分の中で“いけちゃん”の声が聞こえて来るまで待ったんです。脚本を読んで、“いけちゃん”の声っ てこんな感じかなと思って、私もいろいろ考えて、このトーンかな?というのを監督の前でやってみたら、監督も「そんな感じで」ということだったので。


――聞こえてきた“いけちゃん”の声は、どんな感じだったんですか?

蒼井:やわらかい声でした。でも、自分が実際にその声を出せているかわからないから不安でした。声の変化にはとても気をつけました。


――“いけちゃん”を演じて、一番難しかった点は?

蒼井:“いけちゃん”は主人公のヨシオ(小学生の男子)にしか見えない存在だから、“いけちゃん”とヨシオが直に会話をする時と、距離は離 れているんだけど心の中でつながって会話をしている時と、声の大きさのバランスをとるのが難しかったですね。それは私が今までに経験したことがなかったこ とです。どのシーンも難しかったので、特にあのシーンが難しかったということではないけれど、やっぱり最後の言葉に“いけちゃん”の全部の思いが入らな きゃ!と思ったので、ほかのどの台詞よりも大事に扱った感覚はあります。


――“いけちゃん”とヨシオの関係をどんな風に思いますか?

蒼井:目に見えても見えなくても、他の人が入れない関係の2人はすごくいいなって思います。やっぱり力をくれると思うから。原作の絵本はラ ブストーリーなんですよね。恋愛ものが苦手で、ファンタジーものも苦手な私にとっては、こういう見せ方があったんだ!と、素直にすてきな話だと思いまし た。夢もあるし、子供にも見ていただきたいけど、女性に一番見てほしいです。恋愛を経験した女性の心に届くと思います。本当にすてきな恋愛。すごく深い愛 を描いた作品だと思います。


――最後に、完成した映画を観た感想をお願いします。

蒼井:この映画を観ると、自分の隣にいてくれる人のことをより深く見えるようになるのかなって、私は思います。その人の過去を知りたいとい うだけじゃなくて、昔があって今の彼がいるんだっていうことが見えてきて、その人の今をより深く感じられるのではないでしょうか。それと、ヨシオの友達の 京ちゃんをよく見てもらいたいですね。“いけちゃん”並みに得体が知れない感じがお気に入りです。
  1. 2009/06/17(水) 19:28:57|
  2. News&Interview
  3. | 引用:0
  4. | 留言:1
<<09年的蒼井優 | 主頁 | 蒼井優さんのマネージャーに聞く、「気配りと信頼と気合い、そして涙……」>>

留言

『いけちゃんとぼく』蒼井優インタビュー
http://eiganavi.gyao.jp/news/2009/06/post-f235.html

今回いけちゃん役の声優としての出演依頼があった時は、どのように思いましたか?

■蒼井優:「いろいろなことに驚きました。キャラクター的なもの声を演じるのは初めてなんです。まず最初は、自分が演じるキャラクター「いけちゃん」のビジュアルにも驚きました。今まで、少年とか少女とか、自分と年齢は違っていても人の役でしたが、今回は人と言えば人ですが、最初の出だしはよくわからない物体なので、これに声をあてるのかと思ったし、実写映画になるということにもすごく驚きました。面白い試みをされるんだなと思って。その中でいけちゃんという大事な登場人物を私に任せてくださったってことは、すごい光栄なことだしうれしいから、すぐにやりたい! と思いました」


すぐこの役をやろう! と思った一番の決め手は何でしたか?

■蒼井優:「特に何かということではなかったですが、なんとなく直感で、やりたい! って思って。台本をもらう前に事務所の方から西原理恵子さんの「いけちゃんとぼく」の原作を渡されて、それを読んでる段階から、自分の頭ではやるという気持ちで動いていて、読み終わってやりたいなって。気持ちを後押ししてくれたのは西原さんの本でした」


原作を読んだ時の感想をもう少し教えてください。

■蒼井優:「実は自分がもうこの役をやる気で読んでいたので、いけちゃんってどんな声なんだろう? とかいろいろ考えながら読んでしまって、ストーリーに集中しきれなかったんです。周りの人から面白いという話をだいぶ前から聞いていたので、お仕事の話が来る前に読んでいたらもっと感動したかなとか。いろんな事を考えながら読んでたから、読み終わった時にはこれを映画でどう実写化するのかなということと、いけちゃんがどういう風に動くのな、かどういう世界観で、どうなるんだろうって。ワクワクしましたね」


脚本を読んだ時には、どう思いましたか?

■蒼井優:「言葉が活字的だなと。西原さんの言葉から使われていた所があったので、目で読んで楽しい言葉でした。いまの子供たちが普段使わないんじゃないかな? っていうような言葉も書かれていたので、みんなこれをどういう風にやるんだろうって、それも楽しみでした。子供達が、面白い言葉をしゃべっていることが、この作品にとってすごく面白い引っかかりを作ってくれて、原作を読んだ時に話もすごく面白いし、「いけちゃんとぼく」という世界って西原さんの書く絵と文字とストーリーという3つのどれが欠けてもいけないんだなって気がしました。これを実写化する時にまず文字とビジュアルが消えるてしまって、ストーリーしか残らない。この二つを補うには、何に変換させるのかなと思っていたんですけど、きっと監督はそこの部分で、面白い言葉を子供たちにしゃべらせたのかなって気がして、すごく面白かったです」


「いけちゃん」というキャラクターを自分の中でどんな風に作っていきましたか?

■蒼井優:「今回はオフラインを何回も見て、自分の中でいけちゃんの声が聞こえて来るまで待ったんです。脚本を読んで、いけちゃんの声ってこんな感じかなと思っていて、私もいろいろ考えましたが、その中できっとこのトーンかなっていうのを監督の前でやってみたら、監督も「そんな感じで」ということだったので、いけちゃんの元となる声、通常のテンションの時の声はこれ、と決まりました。でもいけちゃんがすごくテンションが高くなる時がたまにあるので、そういう時は監督が「もっと声を高く」とか、「そこは、もうちょっと押さえて」とか指示を出してくれました」


自分の中で、具体的に聞こえてきたいけちゃんの声というのは、どんな感じだったんですか?

■蒼井優:「やわらかい声でした。でも自分が実際にこの声を出せているか分からないから不安でした。声の変化にはとても気をつけました」


終盤になるといけちゃんに母性が出て来ますが、女性としての声とか、その変化はどんな所を意識しましたか?

■蒼井優:「台詞も今までのいけちゃんの声のトーンじゃ言えないっていう台詞だったので、脚本の台詞に忠実に演じたいと思っていました」


「いけちゃん」というキャラクターを演じるにあたり一番難しかった点はどんな所でしたか?

■蒼井優:「いけちゃんはヨシオにしか見えない存在だから、いけちゃんとヨシオの距離感で正しい声のボリュームで会話をする時と、ヨシオといけちゃんの距離は遠いけれど心の中で会話をしている時とか、そのバランスが難しかったですね。いけちゃんが空に帰っていく時は、本当ならあの距離だとあの声の大きさじゃ絶対に聞こえないはずなんだけど、その時はいけちゃんとヨシオは心の中で繋がって会話が出来ているから・・・。それは私が今までに経験したことがなかったことです。距離感が二つあって。こんな経験ができたこともとても面白かったですね。でも本当にあのシーンは胸が苦しくなります。ヨシオの叫び声も良いんです。思いのこもったセリフですよね。また、それをいけちゃんが言うから良いんですよね。あれが、人間と人間だったら・・・。私もよりいけちゃんを愛おしく思ったシーンでした。難しさについてはどのシーンも難しかったので、特にあのシーンが難しかったということではないけれど、やっぱり最後の言葉にいけちゃんの全部の思いが入らなきゃ! と思ったので、ほかのどの台詞よりも大事に扱った感覚はあります」


女性の目線で見るといけちゃんとヨシオの関係をどんな風に思いますか?

■蒼井優:「西原理恵子さんいわく、男の子にはそういう物が見えて、女の子は現実主義だから男の子の方が目に見えないものと会話をしてる事が多いとか。目に見えても見えなくても、他の人が入れない関係の2人がすごくいいなって思います。映画でもそういうことが描かれているものはやっぱり力をくれると思うから。とても良いお話ですね」


ラブストーリーとしてのヨシオといけちゃんの関係については、どう思いますか?

■蒼井優:「いけちゃんは原作が絵本でありながらラブストーリーじゃないですか。恋愛ものが苦手でファンタジーものも苦手な私にとっては、こういう見せ方があったんだって、素直にすてきな話だなって思いました。夢もあるし、子供にも見ていただきたいけど、女性に一番見てほしいです。恋愛を経験した女性の心に届くと思います。本当にすてきな恋愛。すごく深い愛を描いた作品だと思います」


蒼井優さんから「いけちゃんとぼく」についてのメッセージをお願いします

■蒼井優:「この映画を観ると、自分の隣にいてくれる人のことをより深く見えるかなって、私は思います。その人の過去を知るとかいうだけじゃなくて、昔があって今の彼なんだって見えてくる感じがしているから、その人の今をより深く感じるんではないでしょうか。それと、主人公ヨシオのお友達の京ちゃんをより多くの人に見てもらいたいですね。本当にかわいいといろんな所で話してます。いけちゃん並みに得体が知れない感じがお気に入りです」
  1. 2009/07/05(日) 13:51:33 |
  2. URL |
  3. nohoho #z.Jczy7U
  4. [ 編輯 ]

發表留言


只對管理員顯示

引用

引用 URL
http://aoinohoho.blog125.fc2.com/tb.php/48-ac958928
引用此文章(FC2部落格用戶)

Profile

aoinohoho

Author:aoinohoho
Welcome to FC2

Latest Entries

Latest Comments

Category

Category: None (7)
(0)
テレビ (1)
ネタバレ (0)
プロフィール (1)
友達 (1)
台湾のHow Are Yu (0)
映画 (0)
百万円と苦虫女 (0)
雜誌情報 (1)
CM (4)
News&Interview (4)
截圖歡樂多 (0)

FC2計數器

自由區域

Search Form

Link

Add this blog to links

RSS