蒼井さんはかき氷が大好き

2011年的蒼井優

之後再修
  1. 2011/01/05(水) 18:24:39|
  2. Category: None
  3. | 引用:0
  4. | 留言:245
<<2012年的蒼井優 | 主頁 | 2010年蒼井優CM出演履歷>>

留言

等待許可的留言

此留言需要管理員的許可
  1. 2014/05/02(金) 02:20:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編輯 ]

補一下

雑誌:「MORE」集英社
発売日:2011年12月28日 発売
http://www.s-woman.net/more/
・蒼井 優「8740」
  1. 2012/01/30(月) 22:22:28 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

山田洋次監督、吉永小百合、蒼井優らが被災地へ!!
http://www.news-gate.jp/2011/1231/23/
http://cgi4.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=11w6720120102

東日本大震災の被災地を巡る映画監督・山田洋次に密着する番組「ガレキに立つ黄色いハンカチ~山田洋次 震災と向き合う~」をNHK総合で'12年1月2日(月)に放送する。

山田監督が震災にあったのは、家族の絆をテーマにした次回作「東京家族」クランクインの直前だった。「大震災の前と後で日本人の心のあり方は大きく変わってしまった。このままそ知らぬ顔をして映画作りはできない」と考え、映画撮影の延期を決定。脚本をいちから練り直し、大々的に書き直すことにした。そして、福島・南三陸町、岩手・陸前高田市などの被災地を巡り始めた。

監督は、津波で全てを流された土地・陸前高田に復興のシンボルとして黄色いハンカチを立てている人物がいるという話を聞きつけ、その人物である菅野啓佑さん(70)に手紙を書いた。黄色いハンカチの塔を贈呈するため被災地に向かい、映画「幸福の黄色いハンカチ」の上映会を開く意向を話したという。

また、山田監督の作品に出演の女優らも支援活動を行なっていた。福島では、倍償千恵子が映画「男はつらいよ」のチャリティー上映会を開き、支援物資を持って、避難所を回った。吉永小百合も、独自にチャリティーや支援を行った。'12年3月を目標に撮り直す予定の「東京家族」の主役・蒼井優は、震災をどう受け止め、映画に入っていくのか、その葛藤を語る。

「ガレキに立つ黄色いハンカチ~山田洋次 震災と向き合う~」
'12年1月2日(月)夜10.15-11.30 NHK総合
  1. 2011/12/31(土) 20:07:13 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

イチローさんと蒼井優さんの新CM「麦100%×一番搾り製法篇」公開!
http://www.kirin.co.jp/brands/IS/ad/new/index.html
http://www.kirin.co.jp/brands/IS/index.html
  1. 2011/12/30(金) 01:01:55 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雖然今年資生堂結束代言TSUBAKI,
但是明年ANESSA仍是由蒼井優代言

資生堂「アネッサ」から 高い紫外線防御効果と美肌機能をもつBBクリーム発売 女性のための、ビューティーナビニュース
http://www.bty-navi.jp/news_aeh0Fr6Whk.html?right

資生堂は12月22日、紫外線ダメージから肌を守る日やけ止めブランド「アネッサ(ANESSA)」から、SPF50+・PA+++の高い紫外線防御効果にスキンケアとメーキャップの美肌機能を持たせた“多機能サンスクリーン”「フェースサンスクリーンBB」(2色 各30g オープンプライス)を、2012年2月21日より発売することを発表した。

「フェースサンスクリーンBB」は、高い紫外線防御効果とともに、化粧下地としても、ファンデーション代わりとしても使えるBBクリーム。

新技術「MマルチUVアクション技術」により、紫外線B波、A波、そして透過型A波まで、長時間確実にブロックし、紫外線のダメージから顔を守ることに加え、「スーパーヒアルロン酸」や「WコラーゲンGL」を配合し、うるおいを与えてハリのある美しい肌を保ち、「美肌パウダー」がひと塗りで肌の悩みをカバーし美しいつや肌に仕上げるという。

資生堂では、プロモーションのイメージキャラクターとして、引き続き蒼井 優(あおい ゆう)さんを起用し、2012年4月下旬よりテレビCMを展開予定としている。

  1. 2011/12/29(木) 15:45:30 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『装苑』
発売日:2011年12月26日
表紙 :蒼井優
http://books.bunka.ac.jp/np/isbn/01335022012/
・蒼井 優
午前零時、真夜中の夢
  1. 2011/12/27(火) 09:44:20 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優、キリンCMでイチローと初共演!
http://www.sanspo.com/geino/news/111225/gnj1112250501004-n1.htm
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/12/25/kiji/K20111225002309660.html

女優の蒼井優(26)が、キリンビール「キリン 一番搾り」の新CMに出演。メジャーリーガーのイチロー(38)と掛け合いをする第1弾「麦100%×一番搾り製法」篇が、来年元日から全国でオンエアされる。

 イチローが「一番搾りは麦だけ、一番搾り麦汁だけでつくる」と製法を説明すれば、蒼井が「すると、どうなるんですか」と不思議そうに聞く。「すっきりしているのに、うまみたっぷり!」とイチロー。ゴクッとひと口飲んだ蒼井は「あっ、こういうことか」と満面の笑みで納得の表情をみせる。

 キャッチコピーは「麦100%の、しあわせを」。初共演の2人が、麦芽100%のおいしさを伝えていく。
  1. 2011/12/25(日) 22:47:53 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

連続ドラマW「贖罪」
プロモーション映像、第1話予告映像配信中!
http://www.wowow.co.jp/dramaw/shokuzai/movie/
  1. 2011/12/25(日) 17:35:46 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『たまたま』蒼井優 インタビュー
http://forest.kinokuniya.co.jp/interview/248/

カルチャー・アイコンとして絶大な支持を得る蒼井優が、自身が信頼する女性映像クリエイター・小松真弓監督とのコラボで撮り上げた『たまたま』がDVDリリース! 表現者として伝えたい“想い”を込めた、彼女の真意とは!? 撮影秘話を含め、本人に話を聞いた。

取材・構成・撮影/床板京平(OFFICE NIAGARA) ※2011年某日 取材

小松監督と一緒に、いつか映像作品で“想い”を伝えたいと思っていました

―― 本作は異色アプローチのファンタジーですよね。蒼井さんと小松監督のコラボレーションによる映像プロジェクトは、何がきっかけで、どのように準備が始まったのですか?

2年半ほど前だったと思いますが、渋谷のPARCOさんで「蒼井優 展 うそっ。」という企画をやらせていただいた時に、小松さんに赤と青のセロハンの眼鏡をかけて観るアナログな3D映像を作っていただいたことがあって、その当時から漠然と映像作品を作りたい想いはあったと思います。その後も映画館のトークショーで流す短編の映像作品などを小松さんに作っていただくなかで、小松さんといつか一緒に映像作品を作りたいと思っていました。

―― 冒頭から蒼井さんがインタビューに答えている映像が流れて、その後、髪型やシチュエーションが次々に変わっていきますが、実験的なアイデアは観ていて楽しいですよね。

主に小松さんのアイデア、ですね(笑)。オープニングのシーンは皆さんに上手く観えていれば、わたしのシンプルなインタビュー映像が流れていると思っていただいて構わないのですが、わたしの普通のインタビューと思って観ていたら、「あっ、ちょっと違う」っていうことが後で分かってもらえればいいな、くらいの感じでした(笑)。

―― 蒼井さん演じる1人の女性が美しい風景のアイルランドを旅して、そこで抱いた想いを懸命に伝えようとするアイデアは、企画当初から決まっていたことなのでしょうか?

いえ。全然違う企画だったと思います。ただ、違うといえば違うけれど、一緒といえば一緒みたいなイメージです。考えていることや伝えたいことについては、わたしたちはずっと変わらずに大事にしていることがあるので、それを形に出来ればという話から始まっています。方法やストーリーが違うだけで、やりたかったことはそれほど変わっていないかな? それと、映画というより映像作品を作って残そうという想いも強かったと思います。

カメラの前に立つと緊張するタイプ――だから素のままでいることはないと思う

―― 映像を観ながら印象に残ったことですが、演じる役柄の縛りは薄くて、蒼井さんの素顔や素のリアクションが出ているように思えましたが、ご自身としてはいかがですか?

それはないですね(笑)。わたしはカメラの前に立つと緊張するタイプですし、どの状態が素になっているか自分で分かってないということもあります(笑)。人から見ると素に見えるかもしれないけど、カメラがこっちを向いている思うと緊張するから素に見えたのであれば小松さんの力だと思います。隠し撮りじゃないし、撮られているという意識で演じてしまうかもしれないですね。自由にしていても、どこか気は引き締まっていると思います。

―― アイルランドのロケで地元のお祭りに蒼井さんが参加するシーンがありましたよね。とても楽しそうに踊っている姿が印象的だったので、素のリアクションだと思いましたが。

それは全然違います(笑)! いや~、あのシーンは本当に緊張しました。自ら志願して踊っている皆さんの輪に入っていったということではなくて、わたしが絶対に踊らなくちゃいけない雰囲気に小松さんが持っていってしまったので(笑)。わたしが皆さんの輪に入らなければ、収拾がつかないだろうなって思いながら輪に入っていきました(笑)。見ていた小松さんは大喜びしていました(笑)。前からムチャブリは多いと思っていましたが(笑)。

―― もはや単なる演者という立場を超えて一緒に作品を作っているという関係性ですね。

そうですね。わたしはスタッフとして参加していたようなものだったので、すごく楽な立場でいられたところもあります。小松さんが撮りたいものを撮ってほしかったし、作品は監督のものだと思うので、小松さんには自由でいてほしいと思いながらやっていましたね。

自分が動いて皆が動くなら、きっと楽しい――ようやくそう思えるようになった

―― 映画が公開され、今度はDVDとなって世に出て行きますが、想うことはありますか?

今まではこういう企画がすごく苦手だったと思うし、蒼井優っていうことから始まることもすごく嫌だったと思います。特に自分の名前が前に来ることに抵抗を感じていて、主演っていうことが苦手だった時期もありました。長い間有名になることが嫌で普通に生活をしたいとも思っていましたが、この年になってみるとなかなか難しい話で(笑)。そこにあらがったところでもう無理だなって、あきらめがついたっていうこともあると思いますね。

―― そんな中、小松監督の出会いなどを経て、ご自身の価値観に変化が訪れていったと。

はい。この同じ世界にいる人たちの中に、「この人は素晴らしい!」と思える仲間が出来て、「じゃあ皆で何か作品でも作りたいね!」ってなった時に、今までのわたしは「誰か何か作りなよ」って蚊帳の外にいるタイプでした。でもわたしがその中心、先頭に立って進めることで、皆がやりたいことが出来るということであれば、わたしの中にやらない理由がないと考えられるようになりました。今まで逃げていたなって思うことさえあるほどです。

―― まさに“偶然”の出会いに導かれ、『たまたま』のような作品が生まれたわけですね。

わたしが何かをしようと言って皆が動いてくれるなら、きっと楽しい――ここ数年でようやくそう思えるようになって、『たまたま』はそれからの作品でした。本当にいい出会いばかりをしているので、そうやって皆から少しずついろいろなことを教えてもらって歩いていると思います。“たまたま”も含めて、そういうことを大切にしながらずっと歩いていきたいし、バカと思われてもいいから、これからも真っ直ぐに生きていたいなと思いますね。
  1. 2011/12/21(水) 21:33:27 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優、プライベートでも親交が深いクリエイターとの新作
http://rn.oricon.co.jp/news/rankingnews/2004923/full/

今や女優という枠を超え、カルチャー・アイコンとしての支持を得ている蒼井優。そんな彼女の最新作は、信頼し尊敬する映像クリエイター・小松真弓が脚本と監督を務めた全編アイルランドロケの『たまたま』。プライベートでも親交が深いというふたりの関係性から作り出された独特の空気感の映像は、観るものの心を惹きつける。

 蒼井が出演していたテレビCMのほか、PARCOで開催された『蒼井優展~「うそっ。」~』や数々の蒼井のトークイベントの映像などを手がけ、これまでにも仕事を重ねてきた小松。そんな息の合ったふたりが、イマジネーションの可能性にチャレンジするかのような実験的な映像を詰め込んだのが『たまたま』。2年~2年半の準備を経て、世に送り出した。

 「一生懸命作りました(笑)。いろいろな人が集まって、ああでもない、こうでもないって言いながらやっていましたね。ライブ感を出したくて、とても実験的に撮っていました」(蒼井)。その撮影スタイルは「“たまたま”の出会いを大事にしながら撮っていく」というもの。偶然の人との出会いやその場で起こった出来事が、シンプルで美しい映像となって収められている。

 夜通し語り合ったり、早朝から集合して朝ごはんを食べたり、一緒に家を探しに行ったりしたこともあるというふたり。その関係性は、男でいうところの“つるむ”的なものかと聞くと、「そうですね――うん。男の人に比べると、女性のつるみかたはもっと自立しているような気がします。何をするにも一緒、ともまた違って、お互いに依存しあうベタベタな関係ではないですし、だからといってドライとも違う。情はすごくありますが、お互いに寄りかからないっていうことは、口に出さないけれど決まりみたいなところはあります」(蒼井)。

 同じ価値観を共有する蒼井と小松が共鳴しあって完成させた『たまたま』(DVD12月21日発売)。今作では、蒼井のなかで小松を支えたいという強い気持ちがあったそうだ。
  1. 2011/12/21(水) 21:30:25 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

これが実写版『るろうに剣心』の映像!大迫力のアクションシーン!そして、斎藤一らメインキャラクターのビジュアルが解禁!
http://www.cinematoday.jp/page/N0037913
http://eiga.com/news/20111217/4/

来夏一番の注目作といっても過言ではない実写映画『るろうに剣心』の特報映像が解禁され、佐藤健ふんする剣心のアクションシーンがついに披露された。同時に、吉川晃司演じる鵜堂刃衛、江口洋介演じる斉藤一、香川照之演じる武田観柳といったライバルキャラクターのビジュアルも解禁。いったいどんな映画になるのか、楽しみな特報映像となっている。

佐藤ふんする剣心のアクションは、製作陣が最も力を入れた個所であると同時に、原作ファンが実写映画化にあたって最も気にしていたポイント。今回解禁された特報映像は、現時点で動いている剣心が見られる唯一のものということで否応なしに期待は高まるが、そこで繰り広げられているアクションはそんな期待をまったく裏切らない見事な仕上がり。わずか40秒ほどではあるものの、息もつかせぬスピーディーな殺陣は、来夏に控えた公開を待ち遠しく思わせるには十分。「龍馬伝」でもその手腕を発揮した大友啓史監督の面目躍如といえそうだ。

 すでに主人公・剣心と武井咲演じるヒロイン・薫のビジュアルが明らかになっていたが、今回の特報映像では、そのほかのメインキャラクターのビジュアルもついに解禁。青木崇高や蒼井優はもちろんだが、ライバルキャラクターとして剣心の前に立ちはだかる吉川演じる鵜堂刃衛、江口演じる斉藤一、そして香川演じる武田観柳の立ち姿は、思わずほれぼれとしてしまうほど。原作キャラクターのエッセンスを生かしつつも、それにとらわれることなく、見事に三次元の存在として生きていることが伝わってくる。

 6月の第一報から約半年。新たなキャストが発表されるたびに話題を呼んできた本作は、国内外で絶大な人気を誇る和月伸宏のコミックが原作となっているため、すでに韓国やベトナムのファンから現地公開についての問い合わせも来ているという。今回の特報映像が公開されたことにより、ますます注目されることになるのは確実であり、その分、課せられたハードルも高くなっている。しかし、そんな不安を吹き飛ばすほどのパワーを今回の特報映像は持っている。一度だけでなく、繰り返し観たくなる映像だ。

映画『るろうに剣心』は2012年8月25日より全国公開
  1. 2011/12/17(土) 21:56:34 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『るろうに剣心』特報映像
http://www.youtube.com/watch?v=i4wdshVQiXc
另外一提,前陣子在「PS」2011年10月號以劉海造型曝光
http://imageshack.us/photo/my-images/528/006qs.jpg/
  1. 2011/12/17(土) 21:54:11 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『MEN'S NON-NO』
発売日:2011年12月10日
http://www.mensnonno.jp/contents/thismonth/
・SPECIAL CLOSE UP 2 蒼井 優 幸せな偶然。
  1. 2011/12/15(木) 21:46:45 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

実写版『るろ剣』を生み出すのは監督と俳優陣のきずな!好き勝手なことを言う俳優たちに監督も苦笑?
http://www.cinematoday.jp/page/N0037773

先日クランクアップを迎えた実写映画『るろうに剣心』の撮影現場取材が8月に行われ、佐藤健をはじめとする俳優陣がその魅力を明かした。長回しを多用する演出で知られる大友啓史監督とは「龍馬伝」で組んだことのある俳優が多い一方で、武井咲は本作が初タッグ。大友組ならではの魅力と難しさを語っている。

クランクインして一月がたとうかという8月27日に京都・太秦撮影所で行われた撮影には、剣心役の佐藤をはじめ、神谷薫役の武井、高荷恵役の蒼井優、相楽左之助役の青木崇高、明神弥彦役の田中偉登が参加。この日は原因不明の病に倒れた人々が運び込まれた神谷道場で、剣心たちがその治療に奔走するシーンの撮影。スタジオ内に組み立てられたとはいえ、道場には庭や縁側、井戸などがあり、まるで今すぐにでもそこに住むことができそうだ。美術スタッフが知っている家をモデルに、原作を参照しつつ、200年ほど前のものを想定して作られたということで、その広大なスペースを生かしての撮影には主演の佐藤も「ものすごくぜいたくな撮影の方法で、すごく幸せです。まだ始まったばかりで手探りなところもあるんですが、観たことのない作品ができるのではないかという手応えを感じています」と自信のほどをうかがわせている。

 だが、真夏の京都の暑さはよく知られるところであり、この日、最高気温は30度を超えた。音の関係でカメラが回っている間は空調も切られるため、30人程度のエキストラを含めた役者陣はワンカットごとに汗だく。撮影環境としては決して恵まれているとはいえないが、蒼井は「でも、人をマイナス思考にはさせないんですよね」とそれを補って余りある魅力がこの撮影現場にはあることを明かしていた。

 この日参加した俳優陣の中で、佐藤、蒼井、青木は「龍馬伝」で、長回しを多用する大友監督の演出は経験済み。それだけに撮影中も大友監督から細かい指示をされることはないといい、佐藤は「この場で、役として生きてくださいとそれだけです。だから細かい指示とかもないですし、『自由にやっていいよ』と言われています。それってとても信頼されているということだと思うんですよね」と監督の期待を感じている様子。だが、青木いわく、その演出方法は「好きに動かせてもらってはいるんですけど、でも、それは自分が役についてどう思っているかを試されている気になります」ということで、一度経験しているからといって楽になる、というよりは、むしろ一度経験しているからこそ監督のハードルも高くなっているようだと語っていた。

 一方で、初めて監督とタッグを組む武井は「現場に入ってまず思ったのは、すごく長いこと芝居するんですよ。どこでカットかかるのかとか、どこから芝居を始めたらいいのかとかを一切気にしないで」と戸惑いを隠せなかったようだが、「すごく新しい世界に飛び込んだなあっていう感じがありました」と手応えを感じている様子。俳優陣は口をそろえて、「とても疲れる撮影方法」と大友監督との撮影を評しつつも、武井の「(同じシーンを何度も撮っているうちに)感情がどんどん入っていくし、役になじんでいく瞬間がある。こういうやり方だからこそ得るものがあるっていうのをわたしは現場で実感しました」という言葉が表すとおり、この方法でしか表現することのできない何かをそれぞれ感じ取っているようだった。

 俳優陣の言葉を時に苦笑しながら聞いていた大友監督は、独特と評される自身の演出手法について、「撮影現場って、段取りもあるし、普通は手続きだらけになるんですよ。そういう、手続きと決まりごとだらけになるっていうのが性に合わないんですね。わかりやすくいうと、撮影現場でどうやって自由になるかってことばかり考えているんですよ」とその意図を説明すると、「だからスタッフにも役者にもとにかく自由になってほしい。勝手にやってくれないかなあ、そして出来上がっていないかなあ、映画がっていう(笑)みんな、わがままを言って、って感じですね」とコメント。

 それを受けて、主演の佐藤が俳優陣を代表する形で「役者からいうと、僕たちが自由に面白いパフォーマンスをしないと成り立たないのが大友組で、そのことは全員が理解してやっていると思うんです」と答えると、大友監督も思わず笑顔に。「長回しばかりなので、出来上がった映画のことを想像できないんですけど」と語った佐藤だったが、「ものすごいエネルギーのある映画ができることは間違いないと思うので、楽しみにしていてください」と大友監督の手腕に絶対の信頼を寄せるなど、監督と俳優陣は確かな信頼感で結ばれているようだった。(編集部・福田麗)

映画『るろうに剣心』は2012年8月25日より全国公開
  1. 2011/12/15(木) 20:19:14 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

最後只有資生堂出2012年カレンダー
短髮很適合
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e117446822
http://ameblo.jp/fredericto1903/entry-11106601651.html
  1. 2011/12/15(木) 07:13:55 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

読売新聞 12/2発売
SANKEI EXPRESS 12/2発売

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2011年12月10日
http://magazineworld.jp/casabrutus/142/
蒼井優の 今日も かき氷
第22回 東京〈甘味処 由はら〉
  1. 2011/12/13(火) 21:53:15 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

映画「走れ!ケッタマシン~ウエディング狂騒曲~」時的照片
http://blog.livedoor.jp/sannlorann/archives/1284360.html


  1. 2011/12/13(火) 17:51:01 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優、静子を熱演「我慢の芝居」 武者小路実篤作「その妹」
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111210/ent11121007510003-n1.htm

「戦争に運命を狂わされ、時代にのみ込まれてしまった人々の物語です」。女優の蒼井優(26)が、シアタートラム(東京・三軒茶屋)で上演中の「その妹」(河原雅彦演出)で、大正初期に戦争で失明した画家、広次(ひろつぐ)(市川亀治郎)を献身的に支える妹、静子を演じている。

 作品は武者小路実篤(むしゃのこうじ・さねあつ)(1885~1976年)が大正4年に発表。将来を嘱望されながら失明した広次の絶望に寄り添いながら、静子は兄の目となり杖(つえ)となり兄の再起を支える。しかし両親もなく、経済的に追いつめられた静子はある「決断」をする。

 「世間知らずの静子は、現実に追いつめられ、大人に変化せざるを得ない。変わらない兄とはある意味、反比例して走るんです」

 一時は自殺を望んだ兄に「俺にはお前がゐる」と言わしめた静子。小説で身を立てようとする兄の口述を筆記し、罵詈(ばり)雑言を浴びせられても、兄への愛情は揺るがない。15歳離れた兄と妹の関係は、“初めて会う異性”のように独特だ。

「生きるため静子は無垢(むく)ではいられませんが、兄には希望を持たせようと必死です」

 しかし広次の作品は評価されず、静子の望まぬ結婚話も現実味を帯びる。滑稽なまでに真っすぐで不憫(ふびん)な兄妹を救おうと周囲も手を差し伸べるが、2人は厳しい運命を受けいれざるを得なくなる。

 「静子が最後に兄に言う台詞(せりふ)がすばらしい。そこに至るまで我慢の芝居です」

 人間が究極の不運に見舞われたとき、彼らを救う方策はあるのか-。人道主義に根ざした調和的共同体「新しき村」を武者小路が宮崎県に創設したのは、作品発表から3年後。作品で問うた課題が理想主義の実践運動につながったことは間違いない。

 蒼井は今年3月も野田秀樹(55)の新作「南へ」に、虚言癖のある少女役で主演した。今回は初共演の亀治郎が盲目の設定で、視線を合わせ演技できない難しさがあると話す。

 「舞台は大好きな先輩方の作品を作る過程が見られて勉強になります。同じ作品が日によって変化するのがたまらないですね」。ほかに出演は段田安則(54)、秋山菜津子(45)ら。26日まで。当日券あり。
  1. 2011/12/13(火) 01:39:38 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

シス・カンパニー「その妹」 時代の不安たたえる蒼井優の「謎の微笑」
http://www.nikkei.com/life/review/article/g=96958A90889DE1E5E2E3E0E7E6E2E2E7E3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E5E2EBE0E2E3E3E6E1E4E6

蒼井優は「謎の微笑」で激しく迫る脅威の女優だ。あの不思議な含み笑いはいったい何!

 いったん曇れば鋭い悲しみが驟雨(しゅうう)のように降りそそぎ、晴れあがれば歓喜の渦を巻き起こす。

今もっとも刺激的な男優と組み合うことで生まれる演技の火花。ハラの強い段田安則、創意あふれる市川亀治郎を相手に、丁々発止で観客の目をくぎづけにしてしまう。

 セリフ劇は一般に辛気くさいとみられがち。なぜなら、気の抜けたビールのような舞台が大半だから。それが芝居嫌いを量産する理由ともなっている。が、ひとたび良作にあたれば、白熱したジャズのような、手に汗握るライブが堪能できる。すれからしのシアター・ゴーアーからすれば、確率は著しく低いけれど。

 さて「その妹」である。白樺派の作家、武者小路実篤が20代後半で書いた戯曲は第1次世界大戦が起きた1年後、日露戦争の余韻さめやらぬ大正4年(1915年)に発表された。作者の人道主義的な反戦思想がこめられた佳編ながら、上演至難といえる作品である。戦後も劇団民芸が上演したというが、近年はまずお目にかかれないレアもの。

 目が見えなくなって戦地から帰還する天才画家の広次が妹静子の手を借り、口述による売文で身を立てようとするが、貧窮に沈む。親戚への義理から妹は俗物男との縁談を持ちかけられる。嫁に出るべきか。原稿の出版を手助けする西島は同情から援助の手をさしのべるうち、静子にひかれていき、妻との関係もおかしくなる。

 休憩を入れて2時間半、もやもやするだけで、これといった事件は起こらない。現代人からすると、いかにも冗長。結婚や職業のあり方も今からみれば四角四面で実感に乏しいし、なにより旧華族の慇懃(いんぎん)な言葉遣いがまわりくどくて、役者泣かせだ。

 くわえて大正初期といえば、新劇の常設劇場だった築地小劇場もまだない。旧劇(歌舞伎)に対して新劇と呼ばれた近代演劇は始まったばかり。歌舞伎の韻文や落語、講談はともかくも、口語のドラマ自体が未開発だったから、このころの戯曲は新体詩と同じく、いまだ実験の域を出ないのである。

 発表の2年後、山本有三の演出で初演されたが、同時上演されたストリンドベリの「債鬼」に打ちのめされた実篤は自作が幼稚に見えたらしい。ちなみにストリンドベリはスウェーデンの劇作家で、性の抑圧を描いた「令嬢ジュリー」で有名。ありのままの人生の真実をえぐる作風はイプセンと並んで新劇のみならず日本の近代文学に多大な影響を与え、お手本ともなった。絵空事でない真実をドラマに織りこむことを目指したのが草創期の新劇だったわけだが、日本では小説家がまずチャレンジしたのである。「その妹」にも当時の日本人の真実が「幼稚」なりに、見え隠れする。

演出の河原雅彦以下、役者たちは何とか、その真実をつかみとろうと必死になる。演劇が面白いな、と思うのは負荷が高いほど好結果が出やすいこと。役者が安心して演じている芝居は破綻がないかわり、さして心に残らない。この芝居は前者だった。

舞台は廊下に囲まれた6畳の和室と洋間を簡単なセットの変更で行き来する。前半は左右に通じる通路が後半は後方にも向かう。簡素な小舞台は闇に浮かぶ踊り場のようにあつらえられ、奈落に通じる階段もある。それらの通路は能舞台の橋がかりを思わせ、闇の世界から次第に人が浮かび出てくる演出が効果的に生かされている。次第に濃くなる虚空が亡霊のような人間の孤独の深さを視覚的に実感させる。いずれ、この闇は兄妹をのみこんでしまうだろう、と思わせるのだ。あの時代に兆した「将来に対する唯(ただ)ぼんやりとした不安」(芥川龍之介)が闇のマッス(質感)として迫ってくる。

 蒼井、亀治郎、段田の3人はセリフの奥にある、実存的な寂しさを探りあてる。退屈な筋に思わずひきこまれるのは、今に通じる身体の寂しさが伝わってくるからだ。

 亀治郎は活発な役者だけに時に我慢しきれず、漫画的になる。ダレ場もあって考え物だが、目線を不確かに泳がせることで不自由さを印象づけるあたり、歌舞伎役者らしい工夫がある。これは時代の流れを見失う無残さの象徴ともなる。蒼井優は持って回った言葉遣いを逆手にとるところが非凡。成瀬巳喜男の映画で見る高峰秀子のように。「ですわ」の語尾を鋭く発して、いってみればスタッカートのようにリズムを作る。

 後ろで寝床に入る兄の嘆息を受け、正面を向いた妹に悲嘆がこみあげる。風で雨戸が鳴る音がかすかに響く。亀治郎の力の抜けたセリフが生きる場面のよさ。

 この妹はけなげなだけでなく、シンが頑強だ。兄も西島も生活のリアリズムを欠き、自意識過剰で、理想や観念の幻影を追うあまり今にも自壊しそうだ。

 厳しい現実を直視するのは女の方。静子はピンとはった絹糸のように硬質で、感情を秘している。じっとこらえているだけに、裂け目から吹き出す感情が鮮烈になる。「自殺する人は、黙って自殺してもいいと思いますわ」が切れ味抜群。このセリフがあればこそ、兄に寄り添う静子の絶望は深いし、手に手を取っての広次のセリフ「俺はこんなにまでしなければ生きてゆかれない人間なのか」が重い。亀治郎が虚空に刻み込む最後の一言「俺は今力がほしい」がいい。闇と感応するのがわかる。気がつけば周囲は闇ばかり、あるのは兄妹の孤影だけである。

 段田もまた声の強さを生かし、思慮深い男を巧みに演じる。静子に惑わされ、一線を越えて崩壊していくあたりが余人にない。相手役(妻)の秋山菜津子も不気味な感情を飼いならしているし、脇の水野あやが手ごわく、内田亜希子、鈴木浩介も好演といえる。

 静子の肖像画が小道具になり、大写しにもなる(松井るみ美術)。モナリザのような「宿命の女」はむろん、ただの薄幸な女ではない。かわいそうな女の顔の裏側には、現実を暴く残酷な魔性が隠れている。それは男を破滅させるだけでなく、女自身をも危機にさらす暴風なのである。映画「雷桜」の野性の女にはびっくりしたが、蒼井優の演技には、はかりがたい神秘がある。

 「謎の微笑」は時代の不安をたたえて、死の世界の扉を開く。文学ファンならば、夏目漱石の晩年の作に通じる「神経衰弱」の時代をイメージするかもしれない。愛の不全、それこそが社会の全面崩壊をもたらすとすれば、これは時代を超える恐ろしい真実を演劇的にすくった試みといえよう。

 ただし娯楽志向の人には向かない。昔でいう新劇ファン、知的興奮を求めたい観客向き。

(編集委員 内田洋一)

12月26日まで、東京・三軒茶屋のシアタートラム。
  1. 2011/12/09(金) 07:54:54 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

山田洋次監督が向き合った震災とは?そして作品が浮き彫りにする日本とは?特番ドキュメンタリーが放送決定!
http://www.cinematoday.jp/page/N0037576

 『男はつらいよ』『学校』シリーズなどで知られる山田洋次監督を特集したドキュメンタリー「ガレキに立つ黄色いハンカチ~山田洋次 被災地と向き合う~(仮)」「ハイビジョン特集『五十年の時が過ぎて』~山田洋次が描いた日本~(仮)」が来年1月に2週連続で放送される。新作のクランクイン直前に東日本大震災を目の当たりにし、被災地を回ることにした山田監督の道のりをたどったものだ。

 今年、映画監督生活50周年を迎える山田監督は、その節目の年に小津安二郎監督の『東京物語』にオマージュをささげた新作『東京家族』を制作すると発表。当初は2012年公開とされていたものの、クランクイン直前に東日本大震災が発生。その惨状を目の当たりにした山田監督は、脚本を全面的に見直した上で改めて制作に取り掛かることを決断し、製作を延期。その後、南三陸町、陸前高田市といった被災地を巡り始めた。

 1月2日にNHK総合にて放送される「ガレキに立つ黄色いハンカチ~山田洋次 被災地と向き合う~(仮)」は、山田監督が震災を向き合い、苦闘する姿を追ったドキュメンタリー。倍賞千恵子、吉永小百合といった山田監督とかかわりの深い女優たちが行ったチャリティー活動、製作延期された『東京家族』の主役・蒼井優の姿などを交えながら、山田監督の抱える葛藤(かっとう)を映し出している。中でも印象的なのは、津波ですべてを流された陸前高田市で、被災者が何もなくなった土地に黄色いハンカチを立て、復興のシンボルにしたというエピソード。もちろん、山田の代表作である『幸福の黄色いハンカチ』を踏まえてのことだが、そのことを知った山田監督はその被災者に手紙を書き、自ら黄色いハンカチの塔を贈呈しに現地に赴いたという。山田監督の作品がいかに人に生きる気力を与えているかがうかがえる。

 一方、翌週の9日、10日に放送される「ハイビジョン特集『五十年の時が過ぎて』~山田洋次が描いた日本~(仮)」は、山田作品の映像を自由に編集する許可を得た上で、山田監督がこだわり続けた日本各地の映像による現代史をつづろうというドキュメンタリー。2002年に『たそがれ清兵衛』を手掛けるまで、一貫して現代日本を舞台に作品を紡いできた山田監督の作品だからこそ可能になった試みだ。番組中、山田監督は、倍賞千恵子、吉永小百合、次回作『東京家族』の主演・蒼井優と共に東京の下町や東北といった舞台になった土地を巡り、自身の言葉で、映画を通して何を描こうとしたのかと語っている。

 震災を受け、新作『東京家族』の舞台を2012年の春にするのと同時に、撮影も2012年春に開始することにしたという山田監督。今回の2本のドキュメンタリーは、これまでの山田監督の道のりをたどったものではあるが、『東京家族』をはじめとする作品が、その先に続くことを予感させるものでもある。映画作品ではないものの、山田監督の映画人生を振り返る上では、決して欠くことのできない作品になりそうだ。(編集部・福田麗)

「ガレキに立つ黄色いハンカチ~山田洋次 被災地と向き合う~(仮)」は1月2日午後10時15分よりNHK総合にて放送
「ハイビジョン特集『五十年の時が過ぎて』~山田洋次が描いた日本~(仮)」は1月9日、10日午後7時30分よりBSプレミアムにて放送
  1. 2011/12/05(月) 22:22:32 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『サド侯爵夫人』
http://setagaya-pt.jp/theater_info/2012/03/post_268.html
http://fukuhen.lammfromm.jp/?p=14551
  1. 2011/12/05(月) 17:24:53 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『るろうに剣心』公式サイト
http://www.rurouni-kenshin.jp
映画『るろうに剣心』公式アカウント
http://twitter.com/#!/ruroken_movie
大友啓史監督のサイト
http://keishiotomo.com/
大友組(映画『るろうに剣心』の大友啓史監督の公式アカウント)
http://twitter.com/#!/TeamOTOMO
谷垣健治のアクションバカ万歳!
(映画『るろうに剣心』のアクション指導谷垣健治監督のブログ)
http://kenjitanigaki.cocolog-nifty.com/blog/
  1. 2011/12/03(土) 21:44:16 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

実写版『るろうに剣心』ビジュアルが解禁!主演を務めた佐藤健は「原作ファンに観ていただきたいです」と自信満々!
http://www.cinematoday.jp/page/N0037443
http://eiga.com/news/20111203/3/
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2004381/full/
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2011/12/11745/
http://mantan-web.jp/2011/12/03/20111202dog00m200056000c.html

先日実写映画化が発表されて以来、大きな話題になっている映画『るろうに剣心』のビジュアルが解禁され、佐藤健ふんする緋村剣心、武井咲ふんする神谷薫の姿が公開された。原作が人気マンガということでビジュアルには特に気を使ったといい、とりわけ佐藤は剣心のトレードマークである長髪やほおの十字傷について、「最初は納得できていなくて、何度もやり直したんですけど、今はすごくいいと思います」とお気に入りの様子だ。4か月にも及んだ撮影は先月21日にクランクアップを迎え、来年8月25日公開となることも併せて発表された。

人気マンガが原作になっている以上、ビジュアル面に課せられるハードルがいやが応にも高くなるが、今回解禁された佐藤ふんする剣心、そして武井ふんする薫の姿はファンの期待に見事に応えるものだ。とりわけ主人公の剣心は、原作では赤い長髪に加え、ほおに十字傷があるという特徴的な外見をしており、再現するのは難しいように思われたが、見事に3次元のキャラクターとして成立させることに成功している。佐藤いわく、髪形と十字傷は「最初は納得できていなくて、何度もやり直したんですけど、今はすごくいいと思います」と試行錯誤の末、行き着いたものということで、ビジュアル面に関してはかなりの力の入れようだ。実際、剣心の髪の色については原作通りに真っ赤にすると逆にリアリティーがなくなってしまうという理由で、茶色くらいにとどめてある。これは、その方が画面を通して観たときにちょうどいいからだという。

 だが、キャラクターはビジュアルだけで成り立っているわけではなく、そこに生身の人間としての命を吹き込むのが役者の仕事。そのことについては、薫役の武井も「髪形とか着物とかいろいろ合わせてみたんですけど、それが本当に薫ちゃんなのかっていうのは、芝居をしていくうちになじんでいくと思うんです」と十分に自覚的だ。今回はビジュアルがまだ解禁されていないものの、本作で高荷恵を演じ、これまでにも多くのマンガ原作作品に出演してきた蒼井優も、「原作に敬意を払うという意味ではやるんですけど、ビジュアルを似せるのはある程度、限界があるので、あとは気持ちと中身の部分でカバーできれば」と武井の意見に同意している。

 本作の大友啓史監督は人気マンガを実写化することについて、「マンガの実写化で大事なのは、マンガはマンガで映画は映画ということ。マンガと張り合っても仕方ないんですよ」とコメント。「それよりもやらないといけないのは、映画の世界観をちゃんと作るということと、映像は3次元で生身の人たちが演じるので、その感情を大事するということですね」と持論を展開させており、俳優陣にもその演出意図はしっかり伝わっている様子だった。

 8月2日にクランクインした本作は、京都府、滋賀県、鳥取県、岡山県、兵庫県、大阪府の2府4県で約4か月・参加したエキストラは延べ1,200人という大規模な撮影を行い、無事11月21日にクランクアップ。撮影終了に際して、佐藤は「けがなく無事に撮影を終えることができてホッとしたのと解放感で、思わず『終わったー!』って叫んじゃいました。この作品はたくさんの方に観ていただきたいですが、特に原作ファンに観ていただきたいです。公開を楽しみに待っていてください」と手応えを感じさせるコメント。また、製作総指揮を務めたウィリアム・アイアトンによると、来春に完成予定の本作はすでに世界市場や海外配給も視野に入れているということで、そちらについても期待大だ。

 撮影が終了し、ビジュアルが解禁されたことで、今後も特報映像や予告編などの情報が続々と解禁されることが予想される。2012年夏とされていた公開も正式に8月25日公開に決定し、ファンの期待は高まるばかり。来年の夏は「るろ剣」ブームが巻き起こることになりそうだ。(編集部・福田麗)

映画『るろうに剣心』は2012年8月25日より全国公開
  1. 2011/12/03(土) 21:38:49 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「見どころは蒼井優の生着替え!」小泉今日子の言葉に蒼井が大照れ
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=3296
http://www.news-gate.jp/2011/1203/10/
http://www.youtube.com/watch?v=S3Acp4CvR08

『告白』で知られる湊かなえの3作目の小説「贖罪」を黒沢清監督がドラマ化。その制作発表記者会見が12月1日にグランドハイアット東京で行われ、黒沢監督のほか、主演の小泉今日子、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴らが登壇した。

『贖罪』は、ある田舎町で小学生の少女が殺害された15年前の事件で、直前まで一緒にいた4人の同級生に少女の母親が贖罪を求めるヒューマンサスペンス。

黒沢監督は「原作を読んだときはこんな人間がいるんだとびっくりしました。僕には到底想像ができないほど強烈な人間性が描かれていて、これをどのように生身の女優さんたちにやっていただくか、相当悩みながら撮影しました」と告白。「でも、5人とも僕が想像している以上に吹っ切れていて、僕が一番ハラハラしつつ楽しんでいました」と撮影での手応えを語った。

主人公で、悲劇の母親を演じた小泉は「恐ろしい女性ですが、心の一番底に哀しみを抱えているという、やりがいのある役柄でした。できあがったのは幸せがまったく感じられないドラマですが(笑)、黒沢監督の世界を体現することができて幸せでした」と、『トウキョウソナタ』でも組んだ黒沢監督に賛辞を送った。

成長した同級生のひとりを演じた蒼井は「“フランス人形のような女の子”という役柄でしたが」と前置きしてから、「博多人形にしか見えない私ですけれど、監督やキャストが素晴らしい方々なのでぜひやってみたいと思い参加しました」と出演理由を説明。また、自身の出演シーンの見どころを聞かれた蒼井が思案していると、小泉が笑いながら「(蒼井の)生着がえでしょ!」と意外な見どころを披露する一幕も。その言葉に蒼井は大いに照れまくっていた。

優等生でしっかり者の真紀を演じた小池は「湊さんの小説のファンで、オファーが来たときはビックリしました。もしキャスティングするなら、私には真紀役しかないだろうなと思っていましたが、夢は“フランス人形”でした(笑)」と明かすも、「でも蒼井さんを見て、やっぱり私には無理だなと思いました」と苦笑していた。

一方、悪女役に挑んだ池脇は「いつも作品に取り組むときに、こんなに残酷で不幸な話を面白いと言っていいのか、不謹慎じゃないのかといろいろ悩むのですが……、今回はとても楽しくやらせていただきました!」と役者として一皮むけた様子だった。

記者からは「それぞれプライベートで“贖罪”したいようなことは?」との質問も。みな「人前で言えるような立派な人生ではないので(笑)」と無難なコメントでお茶を濁すなか、安藤は「ちょっとしたことでもいいですか?」と聞いてから、「ゲームをやるシーンがあって、現場でゲームをしていたら監督に『ゲーム好きなんですか?』と聞かれたんですけど、ゲーム好きってダメな人みたいに思えて、とっさに『全然好きじゃないです』って答えてしまって。でも、実は待ち時間にもゲームをしていました(笑)。それに、後で監督もゲームがお好きだと知りました」と回答。黒沢監督も「あれは選びに選んだゲームをやっていただいていたんですよ。好きじゃないって言われて寂しかったです」と本心をもらしていた。

また黒沢監督は作品について「素晴らしいスタッフたち、それとここにいる最上の俳優たちに恵まれて自分のキャリアのなかでも、新たなステップに踏み出せたと実感できる作品になっていると思います」と自信をのぞかせていた。

『贖罪』は、2012年1月8日からWOWOWで放送開始。毎週日曜夜10時スタートで、全5話。第1話は無料放送となっている。
  1. 2011/12/03(土) 21:31:16 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

小泉今日子、蒼井優の生着替えを絶賛! 「背中がきれいでした」
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2011/12/11736/
http://eiga.com/news/20111201/10/
http://mantan-web.jp/2011/12/01/20111201dog00m200010000c.html
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2004285/full/
http://blog2.wowow.co.jp/news/2011/12/01-193849.html
www.wowow.co.jp/dramaw/shokuzai/interview/ ﹝映像配信中﹞

原作および映画ともに大ヒットを記録した「告白」の湊かなえの同名小説をWOWOWで連続ドラマ化した「贖罪」が来年1月より放送開始となる。これに先駆けて12月1日(木)、主演の小泉今日子に蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、そして監督・脚本を務めた黒沢清が都内で行われた記者会見に出席した。

とある田舎町で起きた美少女殺人事件。被害者の母親は事件当時、娘と一緒に遊んでいた4人の少女たちに「犯人を見つけるか、さもなければ私が納得する償いをしなさい」と迫る。その言葉へのショックを抱えて成長した4人は15年後、それぞれの“償い”を母親に提示するのだが…。

娘を失った母親役を「やりがいがあった」とふり返る小泉さん。「自分自身、母になった経験もなく、命よりも大切なものを誰かに傷つけられた経験もないですが、彼女がどんな気持ちだったのか? どんな時間が彼女に流れているのか? と考えながら演じました」と明かした。黒沢監督とは映画『トウキョウソナタ』に続いての仕事となったが、「大ファンなんです」とニッコリ。黒沢監督も「僕も小泉さんのファンなのでファン同士で仕事ができて、こんな幸せなことはないですね」と笑いつつ「走って、転んで、押さえ込まれて…元アイドルにこんなことさせていいのか? と思いながらやってました」と申し訳なさそうな表情を見せた。

第1話の「フランス人形」に出演する蒼井さんは「100人が見たら100人とも博多人形に見えるでしょうが…(苦笑)」と自虐コメント。「でも、黒沢監督作品で小泉さんと共演できるということでやってみたい気持ちを抑えられなかった」と出演の決め手を明かした。また小泉さんから劇中、蒼井さんの生着替えシーンがあることも明かされ「ステキでした。背中がとてもきれいでしたよ」と褒められると、ちょっぴり恥ずかしそうな笑みを浮かべていた。

小池さんは元々、原作の大ファンで刊行当時からインタビューで「映画化されたら出演したい」と語っていたそう。今回、初めて剣道にも挑戦しており「頑張りました!」と胸を張る。監督は「小池さんは前に出てくる役で3Dで撮りたいくらいだった」と独特の表現で称賛した。

安藤さんは「監督からは現場で『理由はないけど、こうして』と言われました」と撮影の様子を述懐。黒沢監督は「安藤さんの役は一番難しい役で僕自身もよく分からず、『理由はないけど』と言ってました。(安藤さんのシーンの)最後の瞬間を脇で見ながら、初めて涙ぐんでしまいました」とその迫真の演技に最大限の称賛を送った。

池脇さんは小泉さんと“対決”する重要な役を演じたが「償いをしてるんじゃなくて、復讐をしているような気持ちになりました。人が傷つく顔を見て楽しんでましたし、その悲しい顔を美しいとも思いました」と演じながら湧き上がってきたサディスティックな感情を告白した。

4人それぞれがどのような償いを示すのか? それに小泉さんはどう答えるのか? 黒沢監督は「自分のキャリアの中でも新たなステップを踏み出せた」と自信をのぞかせる。この日、出席した5人のほかに森山未來、加瀬亮、田中哲司に伊藤歩ら共演陣にも豪華な面々が名を連ねる本作。小泉さんは「さらにサプライズもあります」と期待を煽った。

「贖罪」はWOWOW連続ドラマWにて1月8日(日)より放送開始。
  1. 2011/12/01(木) 21:33:55 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井 優『“たまたま”の出会いを大事にしながら…つらぬいたスタイル』
http://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/2011/aoiyu1130/index.html
http://www.facebook.com/note.php?note_id=326080847406800

出会った人に参加してもらう!!

――今作は、蒼井さんと小松真弓監督とのコラボレーションという意味合いが強い映像プロジェクトですよね。企画の発端や映像化に向けての話は、どのように進みましたか?
【蒼井】 ちょっと前に渋谷のPARCOさんで『蒼井優展~「うそっ。」~』という企画をやらせていただいて、その会場で流していた赤と青のセロハンの眼鏡をかけて観るアナログな3D映像を、小松さんに作っていただきました。そのほかにも、いろいろな映画館でトークショーをさせていただくときに開演前に流す短編映像を、小松さんに作っていただいていて。それを作り始めた頃からなので、2年~2年半くらい前にはおそらく『たまたま』の話をしていたと思います。

――全編アイルランドで撮られたロケーション映像は、シンプルで美しいだけでなく、まるでイマジネーションの可能性にチャレンジするかのような実験的な映像ですね。
【蒼井】 一生懸命作りました(笑)。いろいろな人が集まって、ああでもない、こうでもないって言いながらやっていましたね。ライブ感を出したくて、とても実験的に撮っていました。旅行中のドイツの方を小松さんが突然捕まえて、「ちょっとその水道の水を出して手を洗ってください」とお願いして、そこをわたしが通りかかるカットを撮ったりもしました(笑)。無理やり人に出会う必要はないけれど、出会った人とタイミングが合えば参加してほしいみたいなことをもともと言われていたので、そのとおりになりました(笑)。

――偶然に頼る発想が驚愕ですね。それこそ本当に“たまたま”っていうか(笑)。
【蒼井】 そうですね(笑)。でも、そのドイツの方だけでなく、“たまたま”の出会いを大事にしながら映像を撮っていくというスタイルは最初から最後まで貫かれていましたね。

自立している女性同士のつるみ方!?

――ところで小松監督とはプライベートでも親交が深いそうですね。夜通し語り合ったり、早朝から集合して朝ごはんを食べてみたり。一緒に家を買いに行ったこともあるとか!?
【蒼井】 買いに行ったわけじゃなくて、家を探していて一緒に不動産屋を見て回っただけです(笑)。一緒に住むということはないのですが、趣味が似ていたりすると感覚を共有できますよね。そういう人が何人かいて、多いときは5人で家を見て回ったこともあります(笑)。

――その蒼井さんと小松監督の関係性は、男でいうところの“つるむ”的な感じですか?
【蒼井】 そうですね――うん。男の人に比べると、女性のつるみ方はもっと自立しているような気がします。何をするにも一緒、ともまた違って、お互いに依存しあうベタベタな関係ではないですし、だからといってドライとも違う。情はすごくありますが、お互いに寄りかからないっていうことは、口に出さないけれど決まりみたいなところはあります。

――価値観が一緒の人と同じ物事に当たると、1+1が3以上にもなって行く気がします。
【蒼井】 そうですね――うん、そういうことになりますね。とくに今回の『たまたま』では、すごく小松さんのことを支えたいなって思っていたので、それは意識しました。

――最後になりますが、作品を待っているファンの皆さまへメッセージをお願いします。
【蒼井】 『たまたま』に限った話ではないですが、誰でも笑っている瞬間が一番幸せかなと思います。とくに今年は私自身そういう作品を観たいと思ったので、観てくださる方が幸せになれる作品を出したいと思っています。せっかくこの職業にうっかり(!?)ついているので(笑)、私に出来ることは少ないけれど、観た人がちょっとでも明るくなるように、これ以上悲しみや不快な感情に襲われないような作品を作りたいなと思っています。
  1. 2011/11/30(水) 20:40:08 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

ポテトチップス | カルビー株式会社|カレンダー壁紙
http://www.calbee.co.jp/chips/download/index.html
  1. 2011/11/30(水) 00:46:28 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

12月はNHK-BSプレミアムで久しぶりの舞台番組
http://www.moon-light.ne.jp/news/2011/11/nhk-bs-butai2012.html
http://www.nhk.or.jp/bs/lineup/index.html

▼12/20 23:00〜2:50 NHK-BSプレミアム
蜷川シェイクスピア「オセロー」~シェイクスピア四大悲劇の傑作~

●NINAGAWA×SHAKESPEARE「オセロー」
日程:2007/10/4〜10/21 彩の国さいたま芸術劇場(埼玉)
演出:蜷川幸雄
脚本:シェイクスピア
出演:吉田鋼太郎/蒼井優/高橋洋/馬渕英俚可/鈴木豊/山口馬木也/壤晴彦
  1. 2011/11/28(月) 23:41:22 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:「VOCE」講談社
発売日:2011年11月23日 発売
http://i-voce.jp/contents/
・SUPER PEOPLE ◎大野智/蒼井優

雑誌:「MORE」集英社
発売日:2011年11月28日 発売
http://www.s-woman.net/more/
・蒼井 優「8740」
  1. 2011/11/28(月) 19:09:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

連続ドラマW「贖罪」
「ザ・プライムショー」に、黒沢清・小泉今日子・小池栄子・
安藤サクラ・池脇千鶴がゲスト出演します!
http://www.wowow.co.jp/dramaw/shokuzai/topics/

毎週月曜~金曜よる6:55から絶賛放送中の「ザ・プライムショー」のゲストとして、
12/1(木)の放送回に、黒沢清・小泉今日子・小池栄子・安藤サクラ・池脇千鶴が登場します。
12/1(木)よる6:55
  1. 2011/11/26(土) 12:11:57 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優、福島で被災した「フラガール」たちへの想いを語る
http://www.cinematoday.jp/page/N0037187

映画『がんばっぺ フラガール! ~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』で、ナレーションを務めた蒼井優が、自らが主役を演じた映画『フラガール』の舞台となった、福島、スパリゾートハワイアンズへの思いを語った。

いつもは天真らんまんにインタビューに答える蒼井から、この日は一言も言葉が出なかった。3月11日を思い出すと、胸が詰まる。東北地方を襲った東日本大震災、津波と原発事故により、多くのひとびとが被災した福島は、2006年に公開され、数々の映画賞を受賞した、映画『フラガール』の舞台。蒼井にとっては、思い出の場所だった。「福島は、わたしにとって第二のふるさとなんです。テレビやインターネットで目にするいわき市の姿に目を疑いました。なんていうことが起きてしまったんだろう。あまりに多くの人が傷ついている現実に、ただ立ち尽くすしかなくて。震災直後は、どうすれば、どうすれば……。一体どうすれば……、その言葉しか出ませんでした」と、蒼井は当時を振り返る。

 本作のナレーションを務めた蒼井は、震災直後、凄まじい被害を受けたハワイアンズ、そしていわき市の姿に、ふたたび言葉を失ったという。「ショックでした。あの映像を、スパリゾートハワイアンズの目線で見ると、本当にやりきれない光景でした」、悲しみにくれる蒼井を元気付けたのは、かつて演じたフラガールたちの姿だった。「みんな、すごくたくましくて。自分たちも被災しているのに、明るい笑顔で、全国を回って逆にみんなを元気にする。それぞれが、いろんな傷を隠しながら、笑って踊る。映画『フラガール』は、炭鉱の町の娘たちが、仕事を失った家族を救うために、町を救うためにフラダンスを踊りました。つらくても、涙を隠して踊り続ける彼女たちを見て、自分たちが映画『フラガール』の役を通して体験したこととまったく同じことが起きているんだなって思いました」と、話す。

 本作の冒頭、「東京にいると、震災が遠くで起きているかのように感じます」という蒼井のナレーションが入るが、蒼井は、そのセリフが、一番辛かった、という。「やりきれなかったし、言いたくないセリフでした。本当に、東京にいて仕事をしていると、どうしたらいいか分からなくなる瞬間があるんです。福島もそうですが、被災地で復興に向けて頑張っている方々の努力を無駄にしないように、みんなで助け合って行きたいと思うんです」。

「みんながみんな、痛みを分かち合おうとする。そんな努力ができる人間になりたい」と話した蒼井は、「この映画は10月1日まで撮影されていた映画です。多くの方に観ていただいて、被災地の方々の現状を観てもらいたいです」と訴える。フラガールたちを思う、蒼井の強い気持ちは、映画を通してきっとたくさんのひとびとに伝わっていくはずだ。
  1. 2011/11/26(土) 11:37:49 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優が、いま発売中のリンネル1月号の『リンネルpeople』で、石川さゆりがすごいって話していた。
演歌、石川さゆり、が気になるらしい。

雑誌:「リンネル」宝島社
発売日:2011年11月20日 発売
http://tkj.jp/liniere/2012Jan/
http://autumb.exblog.jp/16858176/
http://twitter.com/#!/Harucoooooo/status/137550056420163584/photo/1
・リンネルpeople

  1. 2011/11/25(金) 05:34:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

@ruroken_movie 映画『るろうに剣心』公式アカウント
http://twitter.com/#!/ruroken_movie/status/138786537465856003

キャスト陣は先日クランクアップを迎えましたが、昨日「るろうに剣心」、全編撮影が終了しました!!気づけばフォロワーさんも2000人超え!有難うございます!!2012年の公開までまだまだありますが、引き続き宜しくお願い致します!
  1. 2011/11/24(木) 11:38:04 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

キリン 午後の紅茶 (11月18日 キリン午後の紅茶 facebook)
http://tinyurl.com/6w4m5cf

15:00になりました。そろそろひと息つきたい時間帯かと思います。
ここで、蒼井優さんからみなさんへのメッセージをお届けします。

*****
こんにちは、アオイユウです。
今年も残りわずかとなりましたね。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
私は、秋から冬へとページが変わるこの時期が、
一年のうちで一番好きな時期です。

そんな中、私は今、12月2日から始まる舞台「その妹」の稽古の真っ最中です。
私が演じるのは、将来を嘱望された画家でありながら、戦争で視力を
失った兄・広次の妹の静子です。普段あまり舞台を見られない方も、
この機に足を運んでいただけると幸いです。

それではみなさん、体調など崩されませんよう。
  1. 2011/11/24(木) 11:27:40 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

山田洋次監督が「第二の故郷」柴又を練り歩き! 『東京家族』製作は来年春に再開
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2011/11/11650/

映画の『東京家族』は当初、今年の4月にクランクインを予定していたが、震災を受けて松竹より製作延期が発表されていた。妻夫木聡や蒼井優の出演が明らかになっているが、山田監督は「この舞台が終わったら準備を再開し、3月から撮影の予定」と明かし、「同じ原作で舞台と映画を作れるなんて僕は幸運です」と笑顔を見せていた。
  1. 2011/11/16(水) 18:06:58 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:「FRAU」講談社
発売日:2011年11月12日 発売
http://frau-web.net/book/backnumber/201112.html
・蒼井優、着物あそび “日本の粋”を着こなす
  1. 2011/11/14(月) 22:40:46 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

第36回報知映画賞ノミネート決定
http://cinemahochi.yomiuri.co.jp/h_award/

﹝只貼蒼井相關部分,詳細請點選網址﹞

【作品賞・邦画部門】
洋菓子店コアンドル

【主演女優賞】
蒼井優(06年助演女優賞)
洋菓子店コアンドル

【監督賞】
深川栄洋
神様のカルテ
白夜行
洋菓子店コアンドル



  1. 2011/11/13(日) 23:22:29 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

カルビーポテトチップス「あけたら、はじまる。遊園地へ」
穿著 minä perhonen 「musica」
http://www.youtube.com/watch?v=v9dtaQBRrp4
http://www.mina-perhonen.jp/metsa/items/PA1513/
  1. 2011/11/10(木) 19:54:22 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:「演劇ぶっく」えんぶ
発売日:2011年11月9日 発売
表紙 :市川亀治郎 蒼井優
http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html
http://enbu.shop21.makeshop.jp/shopdetail/009002000037/
・表紙のヒト 市川亀治郎・蒼井優

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2011年11月10日
http://magazineworld.jp/casabrutus/141/
・蒼井優の 今日も かき氷
第21回 岐阜〈赤鰐〉
  1. 2011/11/10(木) 19:35:44 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

映画『たまたま』 なんと!公開から2カ月でDVD発売決定!!
http://blog.cinemacafe.net/tamatama-project/201111/20111105_175659.html

公開からわずか2カ月で異例のDVD発売が決定!
ご自宅で、ご友人と『たまたま』をお楽しみください!

詳細はこちらです↓↓

=====================================

発売日:2011年12月21日  セル、レンタルDVD同時リリース

=====================================

【DVD 『たまたま 特別版』(初回限定生産商品)

            PCBG.51929 ¥5.800(税抜) ¥6.090(税込)】

  ●本編DVD1枚  

  ●ブックレット

  ●蒼井優 スペシャル・トークショー&フォトセッション 参加登録応募券

   *フォトセッションとは、蒼井優さんほか登壇者とお客様との集合記念撮影です。

   *イベント開催時期:2012年1月下旬  開催場所:都内某所 
    詳しくは当選者の方のみに2012年1月中旬(予定)までにお知らせいたします。

  ●サントラCD「Tama Tama」高木正勝 全9曲 作詞、作曲、ミックス:高木正勝

    Ta m a m e ( 5 : 3 3 )  H o r o ( 4 : 5 8 )  N G I A ( 2 : 51 )    

    C o l l e e n ( 2 : 4 1 )  o h o t i ( 6 : 3 8 )  H E H E - M IH I ( 2 : 2 8 )  

    S i o n e ( 1 : 5 9 ) V E D A ( 4 : 4 2 )  Ta m a m e ( r e p r is e ) ( 4 : 5 8 )

=====================================

【DVD 『たまたま』  PCBG.51930 ¥2.300(税抜) ¥2.415(税込)】

  ●DVD1枚のみ

  ●ポストカード1枚(初回出荷分のみ封入)

=====================================

【発売・販売元】 ポニーキャニオン  ⓒ2011イトーカンパニー/ポニーキャニオン 

MPEG-2/片面・一層/NTSC/16:9LB /日本国内のみ/1.オリジナル/DOLBY

DIGITAL/ステレオ/日本語、アイルランド語  2.オリジナル/DOLBY

DIGITAL/5.1chサラウンド/日本語、アイルランド語

※ジャケット写真及び収録内容ほかについては予告なく変更する場合がございます。
  1. 2011/11/06(日) 01:22:09 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

映画『たまたま』大ヒット! 公開延長&新規公開劇場のお知らせ!
http://blog.cinemacafe.net/tamatama-project/201111/20111101_191448.html

東京:新宿武蔵野館にて新規上映決定 11/12(土)~11/25(金)

また、大阪:梅田ガーデンシネマでは、11/5(土)~11/11(金)の1週間
レイトショーにて延長上映を行います。

まだまだ楽しめる『たまたま』。ぜひ映画館にお越しください。
  1. 2011/11/04(金) 13:28:57 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:「PS」小学館 PS最終号
2011年11月1日 発売
表紙 :蒼井優
http://pretty-style.com/magazine/pickup.html
・PSガールの憧れミューズにロングインタビュー!
考え方や生き方もステキな6人の「現在」「過去」「未来」に迫ります
親愛なるPSガールズたちへ…。ミューズの言葉

雑誌:「Grazia」講談社
2011年11月1日 発売
http://grazia.woman.excite.co.jp/grazia/magazine.html
・Grazia interview
蒼井優
  1. 2011/11/01(火) 14:20:43 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優 :小池栄子らと悲劇の女性役で出演 小泉今日子主演のWOWOWドラマ「贖罪」
http://mantan-web.jp/2011/11/01/20111031dog00m200032000c.html
http://www.cinematoday.jp/page/N0036603
http://www.wowow.co.jp/dramaw/shokuzai/

女優の蒼井優さん、小池栄子さん、安藤サクラさん、池脇千鶴さんが12年1月から放送される小泉今日子さん主演の新ドラマ「贖罪(しょくざい)」(WOWOW)に出演することが1日、明らかになった。蒼井さんら4人が演じるのは、小学生の頃に殺人事件の第一発見者となり、償いの思いを抱えたまま大人になった女性たちで、それぞれが悲劇を引き起こしていく。

 「贖罪」は、映画「告白」の作者・湊かなえさんの3作目の小説で、連鎖する悲劇を5人の女性の視点で描き、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を描いた作品。ドラマは、WOWOWの「連続ドラマW」枠で放送され、映画「トウキョウソナタ」(08年)の黒沢清監督が演出を担当する。15年前、ある田舎町で小学生の少女エミリが男に連れ去られ、殺される事件が発生。直前まで一緒に遊んでいた小学生4人は第一発見者になるが犯人の顔をよく思い出せず、事件は迷宮入りに。エミリの母・麻子(小泉さん)は、4人に「犯人を見つけなさい。でなければ、私が納得できるような償いをしなさい」と激情の言葉を投げつける。「償い」という呪縛にとらわれながら成長した彼女たちは、やがて連鎖する悲劇を引き寄せていく……という物語。

 全5話のうち第1話「フランス人形」で菊池紗英役を演じる蒼井さんは「もしかしたら全5話のなかで一番かわいそうな話かもしれません。屈折した愛と純愛は紙一重なんだな、と演じてみて感じた」とコメント。第2話「PTA臨時総会」で篠原真紀役を演じる小池さんは「原作のファンだったので、映像化されるようであれば自分にオファーがないかな、と思っていました」と出演を喜び、真紀が償えたのかと疑問を残しながらも「真紀がどのような償いの仕方、どう“贖罪”するのかというシーンが見どころ」と語った。

 安藤さんは、第3話「くまの兄妹」で高野晶子役を演じ「原作を読んで、シンプルに(自分の)頭の中で映像化した時より、脚本を読んだ時の方が100万倍面白い」と脚本を絶賛。第4話「とつきとおか」で小川由佳役を演じる池脇さんは「とにかく真実を知りたい、そんな欲求に駆られるドラマだと思います」とPRしている。放送は「WOWOWプライム」で12年1月8日から毎週日曜午後10時。第1話は無料放送。
  1. 2011/11/01(火) 13:48:30 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

映画「たまたま」 主演・蒼井優 偶然…大切なきっかけ
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/entertainment/movie/snk20111029123.html

■小松真弓監督 いい方向に転がして

 “たまたま(偶然)”の出会いから生まれる感情や希望を描く蒼井優主演のファンタジー映画「たまたま」が、大阪市北区の梅田ガーデンシネマなどで公開されている。この作品で長編デビューした小松真弓監督とのタッグ。互いに人見知りの性格だというが、女優、CMディレクターとして初対面したCM撮影の現場で、「家など建築物を見て歩く趣味が同じだと分かり意気投合したんです」と2人は言う。この出会いが後の短編、さらに今回の映画製作へとつながっていく。(橋本奈実)

 「作品を通じ出会ったことも“たまたま”。そんな思いを素直に脚本化しました」と小松監督は話す。

 アイルランドで全編ロケが敢行されたが、このロケ地も「たまたま決まったんですよ」と蒼井は笑いながら明かす。5月末から撮影が始まったが、季節はずれの大寒波に見舞われた。「みんながダウンコートを着るなか、優ちゃんだけは“超薄着”で現場にいました」と小松監督が、蒼井の奮闘ぶりをたたえた。

 現地で暮らす人たちがキャスティングされている。「地元の牧場の子がいたり、みんな優しくておおらかでした」と蒼井は現場を振り返った。

 撮影前に東日本大震災が起こり、小松監督は脚本を書き直した。「たまたまの連鎖の先、どうしていくべきか」というメッセージを明確にした。

 「“たまたま”を、いい方向に転がせるように自分から動くことが大切」と小松監督。主題歌を歌っているアイスランド出身のロックバンド、シガー・ロスには直接、脚本を送って楽曲の制作を依頼したという。

 蒼井は「たまたまの偶然の出会いでも、その後、関係を続けていくことは自分たちの意志であり力。そう考えると出会った相手や自分の周りにある事柄すべてが愛おしい。今後の出会いを大切に思うきっかけになれば」と語った。
  1. 2011/10/30(日) 20:37:57 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

Hot Pepper ホットペッパー: 蒼井優
http://magazine.hotpepper.jp/2011/10/post-e6f8.html

自分らしくおしゃれを楽しみながら「きれい」に一生懸命な女の子ってすごくステキだと思うんです。

無理せずポジティブに、が毎日を楽しむための秘訣

映画やドラマでさまざまな役を演じながら日々輝きを増し、”おしゃれアイコン “としてファッションでも注目を集める蒼井優さん。「自分らしさを持つ素敵な女性」として、憧れの的でもある蒼井さんが、自分を磨くためにどんなことをしているのか、気になる女子は多いはず!
「それが、見事なくらい何もしていないんです(笑)。寝なくちゃと思って寝られないと、かえって辛かったりするから、だったら起きていればいいや!って。自分で自分にストレスを与えるのが一番良くないと思うんです。ポジティブに物事を考えることが、何より大事かな」
どんなことでも、こうしなくちゃいけないとは決めつけない。気負わず前向きでいることが、自分らしくいることはもちろん、健やかに過ごすための秘訣のよう。また、友だちとおいしいごはんを食べたり、ドライブをしたり、服を買いに行ったり…。忙しい中でも時間を上手に使い、好きなことをしてリフレッシュするのも、無理せず毎日を楽しむコツだそう。

おしゃれは自己表現の場ファッションに感謝!

少しでも時間があれば服を見に行き、買う時は必ず自分で選ぶという蒼井さん。
「服は大好き! 最近は、男性が着るようなマニッシュなスーツに蝶ネクタイを合わせたスタイルがすごく気になっています。友だち同士が似たような服を着ていることってよくありますが、なんだかもったいない。私の女友だちの間では ”集まる時は、誰より自分が一番かわいい格好で! “と話しているんです。自分らしくおしゃれを楽しみながらきれいになることに一生懸命な女の子って、すごくステキですよね。おしゃれって、わかりやすい自己表現の場だと思うし、私もおしゃれを楽しむようになって自分の居場所を見つけられた気がします。だから、『ファッション』にはとっても感謝しているんですよ」
毎日着る服を、毎日考えて選ぶことで”今日 “という日ときちんと向き合えば、その一日がより豊かになる、とも。
「朝起きて天気を見て、その日の気分やその日に会う人、行く場所に合わせて、”今日の服 “を決めるのも大好きなんです」

手作りのチーズケーキはお店を出せる! と大好評

そんな、おしゃれマニアな蒼井さんが愛してやまないもうひとつといえば、そう、スイーツだ。
「小さい頃から大好きで、私にとってスイーツは、絶対にストレスを与えないでいてくれるもの。楽しい時はもっと楽しく、疲れている時でもちょっと楽しく、どんな時でも楽しくなるって確証があるものなんですよね」
スイーツへの精通ぶりは、本も出版するほど。好きだと言うとみんなが情報をくれるから、よけいに詳しくなっていくのだとか。
「映画でパティシエ役を演じて、完成までの工程を知ったら、単に楽しくておいしいものだったスイーツが、感動も味わえる存在になったんです。物事をまた違った角度から見ることで、人生って豊かになるんだな、と実感しました」
作る喜びも知っている蒼井さんはお菓子作りも大好き。よく人に聞かれるレシピは、キャロットケーキとNYチーズケーキだそう。
「NYチーズケーキは、お店を出したいくらい、自分でもおいしいと思う! レシピは国内外の本で研究したり、インターネットで調べたり。さらに自分流を加えて完成しました。何かにつけて、突き詰めるのはクセかもしれません」
仕事がどんなに忙しくても、好きなことに惜しみなく力を注ぐ。そんな姿勢も、いつでも自分らしく輝いているための秘策なのかも。
  1. 2011/10/28(金) 18:57:41 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:「Tarzan」マガジンハウス
2011年10月27日 発売
http://magazineworld.jp/tarzan/591/
・Do you Tarzan?
蒼井 優

雑誌:「ELLE japon」ハースト婦人画報社
2011年10月28日 発売
http://www.elle.co.jp/member/magazine_elle/11_1028

雑誌:集英社「MORE」12月号
2011年10月28日発売
http://www.s-woman.net/more/
・蒼井 優「8740」

雑誌:「HOT PEPPER」11月号
2011年10月28日 発売
表紙 :蒼井優
http://delicious-news.typepad.jp/edit/2011/10/11-fb12.html
  1. 2011/10/28(金) 18:55:24 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

【New】Lohas Style vol.3 映像作家/監督・小松真弓さん<前編>
http://www.mylohas.net/interview/lohasstyle/article/11101101/

10月15日(土)から劇場公開される、蒼井優さん主演の映画「たまたま」。全編アイルランドで撮影された、偶然の出会いや絆がつむぐ、大人の女性にも楽しめる話題の作品。監督は、CMやPV製作などを多く手がける、映像ディレクターの小松真弓さんです。

「普段は裏方だから、インタビューとか苦手」と言う小松さんに、初の映画製作の舞台裏エピソードから、独立をされてフリーになられたばかりだという私生活についておうかがいしました。

――初の長編映像作品ということですが、この作品の構想はいつ頃から始まったのでしょうか。

スタートしたのは2年半前くらいです。最初は、蒼井優ちゃんのDVDを作りましょう、という話で始まったのですが、いろいろなことが重なり、最終的に映画という形になりました。

――蒼井優さんとの出会いは?

優ちゃんと初めて会ったのは、CMの仕事。初対面のときのことは鮮明に覚えています。今思うと、2人とも緊張してました。(笑)2人とも、物を創り上げる時の真っすぐなところや、ちょっとシャイなところとかを、いい感じにわかり合えて、自然と気が合って……同志であり尊敬するかわいい仲間です。

――ストーリーは最初から蒼井優さんを意識して作られたのでしょうか?

はい。彼女のために脚本を書き始めましたが、私自身、脚本を書くことが初めてだったので、正直手こずりました。“蒼井優”という素晴らしい女優さんを前に、「さっ、何でもやっていいですよ!」というお題は、なかなか贅沢すぎて…頭の中がグルグル回りました。

優ちゃんやスタッフと「私たちは何を伝えたいのか? 何を伝えられるのか?」ということを深く話し合いました。朝まで優ちゃんと、「どうして今ここに自分がいるのか?」なんて話もたくさんしました。そんな話をしているうちに、やっぱり素直に書くのがいいかな? と思い、そこから、タイトルの「たまたま」、つまり偶然とかちょっとしたできごとをテーマに何本か話を書いてみました。

そうこうして、最終的にこれでいこうと脚本が決まり、制作準備を進めているうちに、あの3.11の震災が起こって。影響をうけないわけにはいかなくて、脚本を少しだけ書き直させてもらったんです。「たまたま」だったり「たまたまじゃないこと」の先が重要なんだと思って、それがこの作品の大きな比重を占めるようになりました。震災直後は「どうしよう」という気持ちだったのですが、「映像を撮れること」に感謝しようと思いました。

――まるで蒼井優さんのノンフィクションのロードムービーを見ているかのようでした。

ストーリーはありますが、ドキュメンタリーのような感覚でとっているところもありました。アイルランドは天気の変化が激しくて、撮影が準備どおりになかなかいかないので、リアルに「たまたま」な中、撮影してくこともありました。

出演者のアイリーズの人々も、その場で急に出てもらったりしてる人もいます。大変でしたが、それがまた、独特の空気をかもしだしたと思います。この作品は、繰り返しみてるうちに、いろんなものが見えてくるような大人の童話のような作品にしたいとおもって創っていたので、その「たまたま」も重要でした。

――風景が美しい映画ですね。全編アイルランドで撮影されたそうですが、ロケ地はどのように選んだのでしょうか。

アイルランドにたどり着いたのも、本当に“たまたま”なんです、優ちゃんとの何気ない会話の中で、「アイ“ス”ランドのビョークの家(※注1)ってすごいよね」っていう話題になった時、どちらかが言い間違いで「アイ“ル”ランド」って口走ったんですね。そこで「あー、アイルランドもいいかもね」って(笑)。

予備知識はまったくなかったけれど、でも何かピンときて。嘘みたいな話ですが、それで私はアイスランドとアイルランドの両方にロケハンに行きました。どちらも素晴らしい国でしたが、決め手は、アイルランドはちょっと移動をすると表情がとても変わるんです。天気も風景も。その変化ぶりにひかれたのもあって、アイルランドに決めました。

――中心となるのはアイルランドの中でもほとんど知られていない場所ですよね。

優ちゃんがさまよう場所は、アイルランドの西側、ベアラ半島の先端のアイリーズという小さな村。ものすごく低予算の中でやっているので、全面協力してくれる村を探していました。

なかなか難しかったのですが、実はロケハンをしている時に出会いがあって。ボストンから自分のルーツを辿って“たまたま”この村に滞在していた、アイリッシュ・アメリカンのアーティストのおばあさんがいたのですが、彼女の作品のテーマと私の脚本がものすごく共鳴するところがあって、おばあさんが村の人たちを積極的に説得してくれたんです。

そんな“たまたま”もあり、この村に決めました。だから、登場人物はほとんど村の人々なんです。いい味出していますよ~。アイリーズはこの映画のために用意されたような美しい村でした。

――シガー・ロスの主題歌も高木正勝さんの音楽も映画の雰囲気にぴったりですね。

実は、音楽のそばにどうしてもいたいから、映像をつくろうと思ってこの世界にきたほどなので、私の中で音楽はものすごく大切。

高木正勝さんとはCMの仕事で何度かご一緒していたのですが、大好きなアーティストで、いつも驚きをくれるんです。音が話しかけてくるんです! 高木さんとは周波数的なものが合うので、もし一緒にやってくれたら、映像では語りきれない部分を、高木さんの音が代わりに語ってくれると確信して、無茶ぶりでしたが、強い想いで頼んでみました。とんでもなく素晴らしい高木さんの音がたくさん話しかけてきていますよ。

シガー・ロスは脚本を書いている時にいつも聴いていて、これはピッタリだ! という曲が何曲かあったんです。そこで「主題歌、シガー・ロスに頼めないかなあ」と口にしてみたところ、「世界的なミュージシャンがそんなに簡単に協力してくれるわけないだろ」って、最初は会社の誰もが笑っていました。私は「え、なんで?最初から諦めるの?」って。

「ものを創っているどうしで、素直に話せばいいじゃないか!」と思い、「とりあえず脚本を送るだけ送って!」と頼んで送ってもらいました。そうしたら、「気に入ったから、やるよ!」って返事が来て。もちろん私以外のみんながビックリしていました。もちろん私も驚きましたけど。

今回は持ち歌(『インニ・ミェル・シングル・ヴィトゥレイシングル』アルバム『残響』収録2008年)を使わせてもらいましたが、彼らの曲が使えることが正式に決まった後、どうしても「ありがとう」とお礼だけを言っておきたくて、ロンドンにいったんです。そうしたら「次は書き下ろしてもいいよ」とまで言ってくれて。これも今回の“たまたま”話のヒトツです。

――ダンサーの森山開次さんのシーン、印象的ですばらしいですね!

森山さんも映画より前に“たまたま”出会っていて、その時に、また会えそうですねって話をしていたんです。だから、いつもの無茶なオファーをして、やってくれるとなったときは、ジンとしましたね。森山さんがアイルランドの村にいたのは実質一日半位じゃないかな? わざわざ二十何時間かけてきてくれて、そのまま夜中から朝まで撮影して、また別の国に飛びたっていきました。

実は森山さんには、「この国の、この村の空気を感じて踊ってください」とお願いしただけ。撮影の時に森山さんが踊り出したら、それまでみていた景色や空気がウソのように変化していく様を目の前でみて、息をするのを忘れてしまいました。エンドロールには、そのダンスをカットを切らずにいれました。スゴイです。現場は、音楽をいっさい流してません。たぶん、森山さんのカラダの中には音楽がいつも流れているんだなと思います。

――その他にも、スタイリングを大森伃佑子さんが担当するなど、共演者やスタッフも豪華ですね。

それぞれ世界観をもった一流のプロフェッショナルが集まりました。海外で、低予算で、短期間で、蒼井優で、素人の村の人と一緒で……、もうこれは挑戦ということ以外なにものでもない。かなりのチャレンジャーですよ。

でも、逆にチャレンジしてみたかった。できない! って思ったら、それ以上何も起こらないし、経験値をもったすばらしいスタッフがいるし、私にも多少の経験値はあるし、あとは気持ちの問題だなと。それなら、絶対に大丈夫だと信じられました。

今回の映画は、優ちゃんもスタッフもみんなそれぞれのチャレンジがあったと思います。「チャレンジすること」もテーマだったかもしれませんね。だいの大人が子供のようにワイワイ、ガチャガチャやってできた映像です。全ての人に感謝してもしきれないです。

――蒼井優さんとは演技について何か相談されたんですか?

映画を観てもらえばわかりますが、ここでそれを語るとストーリーの核を話さなきゃいけなくなるから秘密です。ただ、優ちゃんにも自由に演じてもらいました。いろんな意味でその時にしかできないセッションのような、予測不能な作品づくり。ある意味“パンク”な映画なんですよ(笑)。そうはまったく思えないほどの映像になっているんですけどね。CM製作の世界とはまったく違う楽しさがありました。
  1. 2011/10/22(土) 20:18:21 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:「CUT」ロッキング・オン
2011年10月19日 発売
http://ro69.jp/product/magazine/7
・全編アイルランドロケで撮影された映画『たまたま』が公開中の蒼井優が登場。しなやかに進化し続ける彼女の表情を切り取った充実の撮り下ろしフォトと、その現在地に迫った最新インタビューをお届け!

雑誌:「pumpkin」潮出版社
2011年10月20日 発売
http://www.usio.co.jp/html/pumpkin/index.php
・【リアルメッセージ】 蒼井優(女優)
守りに入るから傷つく。
自分が心を開かなければ相手も心を開いてはくれない

雑誌:「mina」主婦の友社
2011年10月20日 発売
http://mina.shufunotomo.co.jp/news/?p=11943
・book ゲスト 蒼井優

雑誌:「オリ☆スタ」オリコンエンタテインメント株式会社
2011年10月21日 発売
http://www.oricon.co.jp/publications/p-oriconstyle.html
・10/15に公開する映画『たまたま』でオールアイルランドに挑んだ蒼井 優。ふんわりとした時間が流れる優しい本作の撮影秘話や、蒼井自身の最近の変化まで紹介!
  1. 2011/10/20(木) 18:06:28 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

キリン 午後の紅茶
「釜」篇
http://www.beverage.co.jp/product/cm/gogo/espresso.html
http://www.youtube.com/watch?v=Pmd-zv-p4WQ

エスプレッソティーの最大の商品特長である「高温・高圧抽出」をテーマに、実際の工場をモチーフにした製造過程を描くことで、エスプレッソティーならではの凝縮感、濃厚感を表現。また、ラストカットでは、新登場の「エスプレッソティー・ウィズ レモン」を告知します。
  1. 2011/10/20(木) 11:18:32 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

カルビーポテトチップス「あけたら、はじまる。遊園地へ」
http://www.calbee.co.jp/chips/cm/index.html
http://www.youtube.com/watch?v=v9dtaQBRrp4
  1. 2011/10/18(火) 23:06:58 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優「誇りを持ってお届けできる」 - 主演映画『たまたま』が初日
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/16/016/index.html
http://eiga.com/news/20111016/4/
http://mantan-web.jp/2011/10/16/20111015dog00m200033000c.html
http://www.cinematoday.jp/page/N0036071
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2002764/full/

公開初日を迎えた映画『たまたま』の舞台あいさつが15日、東京・渋谷のシネクイントで行われ、主演の蒼井優、小池真弓監督が出席した。

本作は、「KIRIN/午後の紅茶」や「UNIQLO」などを手掛けるCMディレクター、小池真弓監督の長編デビュー作。公私ともに親しい蒼井優を主演に配し、蒼井扮する謎の美少女がアイルランドを旅するというストーリー。監督本人が直接依頼したというシガー・ロスが、本作で主題歌『インニ・ミエル・シングル・ヴィトゥレイシングル』を歌っている。

公私ともに親しい小池監督との舞台あいさつに臨んだ蒼井。「去年にパルコさんで『蒼井優展』をやらせてもらった時、小松さんに映像を作って頂きました。CMディレクターの小松さんが作る長い作品を見たいと思い、小松さんにお願いしました」と経緯を説明。作品で共演したダンサーの森山開次については「前から素敵な方で凄く興味がありました。この作品の中で即興で踊るんですが、間近で見られて凄く基調な体験をしましたね」と絶賛した。

また、「私も含め、小池監督にヘアメイクの赤松絵利さん、スタイリストの大森仔佑子さん、マネジャーの高柳が中心となってスタートを切った作品。この5人が大事にしていることをこの作品によどむことなく入れたんです。凄く誇りを持って胸を張って皆さんにお届けできる作品が出来ました」と自信を見せていた。

映画『たまたま』は、渋谷シネクイント、梅田ガーデンシネマ、センチュリーシネマにて公開中。
  1. 2011/10/16(日) 19:58:41 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井 優インタビュー『“たまたま”の奇跡』
http://onlystar.oricon.co.jp/news/movie/1258/

10/15に公開する映画『たまたま』でオールアイルランドに挑んだ蒼井 優。ふんわりとした時間が流れる優しい本作の撮影秘話や、蒼井自身の最近の変化まで語って貰った。

――映画『たまたま』は、そのテーマ同様、蒼井さんが“たまたま”出会い、意気投合したスタッフと制作された作品なんだとか。
蒼井 そうですね。監督をはじめ、ヘアメイクさん、衣装さんとは、仕事ではもちろん、プライベートでもよく会って、ご飯を食べたり、いろんな話をしている間柄で。世代も、生まれた場所も違う人たちが、たまたま出会って仕事をして、一緒にいることが幸せだったんですね。その思いを、どうにかして形にしたい、というところから生まれた作品なんです。

――そういう話は、ずっと前からしていたんですか?
蒼井 監督とはCMがキッカケで知り合ったんですけど、いつか、監督のもっと長い作品が観てみたい、って言っていたら、こういう形で実現したんです。まさか、自分が出るとは思っていなかったんですけど(笑)。でも関われて、うれしかったですね。内容についても、たくさん本を書いて出してくださって、「どれがいい?」って聞いてくれて。私は、この話がいちばん好きだったんですよ。作品に込められたメッセージや想いが私たちが持っているものと共通していたので。

――蒼井さんが、映像化したかったその“想い”というのは?
蒼井 人に想いを伝えることの難しさや大切さだったり、“たまたま”出会った人たちと、“たまたま”じゃなく、いい関係性を作っていくかっていうこと。出会うのは“たまたま”かもしれないけど、それ以降は、自分たち次第ですから。気づいたら仲良くなっていることも、実は“たまたま”じゃないんだなっていう。そのおもしろさに気づいたときって、本当に感動するんですよ。そんな要素も含めて、すごく気に入っている作品です。

――映像的にも美しい風景も見どころのひとつとなっていますが、ロケ地のイメージも、女性スタッフみんなの共通するところだったんですか?
蒼井 そうですね。人の温かさとか、どこを切り取っても絵になるような、そんなイメージに当てはまる場所はどこか探した結果、アイルランドに決まったんです。監督が、ストーリーとは関係ないところで、花や緑などの画も入れたいと言っていたので。

――撮影期間はどうでした?
蒼井 アイリーズという小さい村に21日間滞在したんですが、楽しかったですよ。一軒家みたいな作りのコンドミニアムに泊まって、撮影が休みのときは、みんなでご飯を作ったりして。

――季節は?
蒼井 5月なんですが、寒かったですねぇ。地元の人たちに聞いても、冬のようだって言ってました。

――特に印象に残っている風景は?
蒼井 ダブルレインボー。ちゃんと、端から端までかかっている虹で、一旦撮影を中断して見とれてしまうぐらい、キレイでしたね。

2012年には映画『東京家族』『るろうに剣心』などの公開が控えており、今後も蒼井の活躍が見逃せない。なお、当インタビューはエンターテインメント情報誌オリ★スタ10/24号(10/14発売)に掲載中。
  1. 2011/10/16(日) 09:33:55 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

新ビオフェルミンS錠 「便秘にも」篇
http://www.biofermin.co.jp/tvcm/biofermin_s_aoi11/index.html

今回のCMは、蒼井さんと研究員、そして「考える人」の像の共演です!この像は一見、「考える人」なのですが、実は彼、お通じに悩んでいたんですね…。それを当たり前のようにすぐ察知する蒼井さんの勘の鋭さ!そして、最後に声をかける優しさ。そんなところに注目してご覧ください。

新ビオフェルミンS錠 「赤ちゃん」篇
http://www.biofermin.co.jp/tvcm/biofermin_s_aoi12/index.html

今回のCMは、本物の赤ちゃんの登場です!生後半年ほどの赤ちゃん。ママと離れての撮影は一大事です。そんな赤ちゃんを、撮影スタートのギリギリまで蒼井さんが優しくあやしてくれました。時々ぐずっていた赤ちゃんも、蒼井さんの顔を見ると不思議と泣きやむことも。蒼井さんと赤ちゃん、研究員の相性のよさが自然と画面に現れ、やさしいCMが出来あがりました。

  1. 2011/10/16(日) 02:24:34 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

他在「ボクらの時代」裡提到三年滿檔
目前已知的新作有
1.短編映画『イトーチューブ Short Movie Collection』﹝2011年10月﹞
2.蒼井は出演作の撮影のため、6月から数週間、欧州に滞在した。 ﹝映画『たまたま』,2011年10月﹞
3.映画『がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』﹝2011年10月﹞
4.舞台劇『その妹』﹝2011年12月﹞
5.蒼井優さん、小泉今日子さん、森山未來さん、久世さん﹝WOWOWの連続ドラマ『贖罪(しょくざい)』,正式新聞尚未公佈?﹞
6.舞台劇『サド侯爵夫人』﹝2012年3月﹞
7.映画『るろうに剣心』﹝2012年夏﹞
8.舞台劇﹝2012年,訪談已提及,目前未公佈﹞
9.映画『東京家族』﹝2013年?﹞
10.APCC 25周年記念,傳言與妻夫木聡合作?﹝2013年?﹞

  1. 2011/10/14(金) 22:02:14 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

10月15日公開の映画「たまたま」に主演するいやし系女優・蒼井優を直撃!
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110930/1038141/

映画「たまたま」は、CMディレクターである小松真弓の初長編映画監督作品だ。なんとも不思議な作品である。ファンタジーと言ってもいいし、ミュージックビデオの映画版とも言える。尺は53分。短編映画やショートフィルムよりは見応えがあるが、やはり、一般の劇映画の感覚とも微妙に味わいが異なる。ヒロインが蒼井優でなければ、恐らく成立しなかっただろう。ふわ~んとして、ほよ~んとして、滋味深く、心の隅々まで、いやされる映像に仕上がっている。

――「たまたま」というタイトルは誰が付けたんですか?

 「監督です」

――この題字も監督が?

 「あ、いえ、それは私です(笑)。汚い字ですみません」

――いえ、雰囲気が出ています。ところでシナリオはあったのですか?

 「はい。絵がたくさん入った、レポート用紙を数十枚重ねたようなのが何冊かありました」

――本作の脚本は、どの程度、細かく書き込まれていましたか?

「1行だけとか(笑)。『歩く』とか。でも、このメンバーだったから、気心もしれているし、どういうものが求められているか、信頼関係で分かるんです」

――映画「たまたま」は最初からタイトルありき、ですか?

 「最初は仮題が別にありました。映像作品を作ろうとなって、スタイリストさん、ヘアメークさん、小松さんと福岡に行ったときに、夜、ホテルで私の部屋にみんな集まって、朝までしゃべったんですよ。そのとき、いちばん出ていたフレーズが『たまたま』らしくて、小松監督がピックアップしたんです」

――僕は「たまたま」というタイトルから「縁(えにし)」をイメージしてました。

 「偶然、たまたま人に出会って…というのも縁ですから。でも、このメンバーで作るのは、やはり『たまたま』がふさわしいかも(笑)」

――(全編ロケとなる)アイルランドは、行く前はどんな国だと思っていました?

「行ったのは初めてです。草原がきれいそうなイメージだったんですが、行ってみると苔のほうがきれいでした。すごく雨が降るので晴れ間が少なく、森が苔むすんです。その苔が、ふっかふかしてるんです。しかも人が通っていないところがたくさんあるから…。私は苔が大好きなので」

――なぜ?

 「日の当たらない感じに、妙に親近感がわくんです。人が見てなくても成長するし…」

――まさか苔、栽培してないですよね。

 「ウチは日当たりが良すぎて、苔は無理なんです。でも、前の家の時は苔棚とか持っていました」

――アイルランド行ってみて「あら、思っていたのと全然違った」ということはありましたか?

 「ごはんがおいしかった(笑)。失礼ですけど、ほんとにびっくりするくらい、おいしかったです。デザートも。海外のデザート類は甘いイメージがあるし、日本のスイーツがいちばんおいしいと思っていたけど、アイルランドは『また食べたい』と思うくらい、何を食べてもおいしかった」

――監督の小松真弓さんに初めて会ったのはいつごろですか?

 「『午後の紅茶』のCM(2008年~現在)のサーフィン編から。1年間、お世話になりました。19歳の時。知り合いのCMカメラマンさんと小松さんが知り合いだったんです。ヘアメークさんとも親しかったことから皆でご飯を食べるようになりました」

――でも即、「映画を撮りましょう」にはならないですよね。

 「ええ。ただ、私は小松さんの撮った長編をずっと見てみたかったんです。15秒、30秒、1分サイズのものではなくて……もうちょっと長いのを見たいなと……ただ、まさか自分がそれにかかわるとは思ってなかったですけど」

――小松さんのいいところは?

 「すごいシャイな人なんですよ。人付き合いがあまり得意ではないというか。面と向かって人と話すときは、ものすごく照れてしまう方。でもパソコンに向かったときや鉛筆を握ったときは、その分、ストレートなものが出てくるのが面白い。現場で自分が撮りたいと思うものは、文字どおり『必死』で撮る人です」

――シャイという点では蒼井さんと似ている?

 「似てますね。でも、私は、小松さんよりは社交的かな、と思います(笑)」

――この作品の前に出演された映画『洋菓子店コアンドル』」は深川栄洋監督ですが、深川監督と小松監督の演出はかなり違いますか?

「全然、違います。深川さんは、そのシーンに対する感想みたいなのを言ってくるんです。演出というよりも感想。『それをやってくれ』とは言わないんです。元々声が小さい方なんですけど『なつめちゃん(蒼井の役)はこういう点があって、つらいだろうね』って私にだけ聞こえるくらいの小さな声でしゃべってくれるんです。こちらは、もうそれだけで気持ちがあふれそうになります。だから、あの撮影のときはずっと魔法にかけられているような感じでした」

 「小松さんは、もっと無茶振りです。CMのときも、踊ったりタップダンスをしたりするところがあるんです。振り付けは別にあるんですよ。でも、いきなり『ミルク感、出して!』みたいなことを言うんです。そして『はい、回して、ハイ、スタート!』」

――自分で踊って、見本を見せるのではなく?

 「何もないです。変な人ですよ。面白いし、それが許される人。今までに会ったことのないタイプ。初めて会ったとき、すごくしゃべる人だった。(私は)この年齢になって人見知りだとは言ってられないから、克服していっているんですけど……彼女はブアーッと来るので、たじろいでいたんです。付き合っていて気づいたのは『この人、シャイすぎて、間が怖い人なんだ』ということでした。人間らしい人」

小松監督は、ロケの候補地をアイスランドかアイルランドか、かなり迷っていたらしい。劇中にアイスランドのバンド、シガー・ロスの曲を使用するつもりだったからだ。

――映画に出てくるアイルランドの人たちは地元の人?

 「俳優さんたちと、プラス、ロケハン中に見かけてスカウトした人たちですね。少年は牧場の男の子です」

――1つだけ不思議だったのは、蒼井さんが、ずっと同じ衣装だったことです。

 「それは名前を持たない役だったからです」

――そうか、それで、あちらの家から、こちらの家へと、連れて行かれていたんですね。

 「そうなんです。アイルランドの妖精でもあるような、ないような……」

――2006年の釜山国際映画祭で、蒼井さんは「映画をしっかりやらなくちゃ」と決意されたそうですが、本当ですか?

「たまたまこの世界に入って、たまたま仕事をいただけるようになったわけで、最初から『よし、やろう』と決めて入ったわけではなかったんです。まだ学生だったこともあって『いつまでも、こんなことをしていちゃいけない』『いつか勉学の世界へ戻らないといけない』と思っていたんです。うちの両親は『ともかく勉強しなさい』と言ってましたし。だからそれがずっと頭にあって、『中学卒業したら福岡に帰って勉強するわね』とか、『高校卒業したらね』……と常に期限を設けていたんです」

――まじめですねえ。普通は、現場が楽しかったら学校なんて忘れますよ。

 「いやいや。で、釜山国際映画祭に行ったときに初めてレッドカーペットというのを体験したんです。そうか『映画が好きな人しかここにはいないんだな』と考えると、ものすごく幸せな気持ちになって、ずーっと自分がフタをしていた何かが取れた。ホテルに戻ってから『じゃあ、なんで映画を作るんだ?』と考えて『だったらもっと責任を持って映画を作らなきゃいけないな』と考えるに至ったんです。もちろんそれまでも一生懸命やってはいたんですけど、『もっと広い目で映画というものをとらえたほうがいいのかな』という気になって……。そこから『じゃあ、期限なんて決めなくてもいいんじゃないか』と思えるようになりました」

――釜山国際映画祭のレッドカーペット体験って大きかったんですね。

 「すごく大きかったです」

――これから、ドラマ、映画、舞台、どれに主眼を?

 「映画と舞台ですね。舞台は年内に1本(SISカンパニー『その妹』)。来年は2本やります」

――舞台をやりたいという衝動は?

 「戒めに近い、というか(笑)。映画の現場も必死ですけれど、舞台の現場はもっと追い込まれるので。これまでやったのは5本くらいですか。蜷川(幸雄)さんの舞台と今年の頭は野田秀樹さん。この次は市川亀治郎さんとです。私、大ファンなので」

――第一線の人たちとばかり。ラッキーですね。若いころに、小劇場はたくさん見たほうですか?

 「私、この世界に入るまで、この世界のことに全然関心がなかったんです。だから最初のお芝居というのは、故・相米慎二監督とご一緒したCM。せりふを言わなくちゃいけなくて、そのとき、『ああ、私、お芝居、見たことがない』ということに気づいて『お芝居って何だろう』と考えたことを覚えています。演技って、どうやれば合格点なのか。やってみても点がないんだ、グレーゾーンのものだということを知らなかったので『誰か教えて』という感じでした」

――じゃ、ドラマ、映画をやる過程でお芝居を覚えていったんですね。

 「いろんな監督の、あきれ果てている顔を見ながら、育てられましたけど(笑)」

 個人的にはフジテレビ系のドラマ「Dr.コトー診療所2006」で、船に乗って都会からやって来たときに、「あ、この子が選ばれたんだ。新しいヒロインの座を射止めた強運の持ち主だ」と実感したことを覚えている。それからも順調に成長を遂げ、今日に至る。外見はいやし系だが、実は芯の強さも秘めている。そして、それ以上に心優しい。終わって気持ちが温かくなる幸せなインタビューだった。
  1. 2011/10/14(金) 21:22:57 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

梅田ガーデンシネマの発売情報を一部修正しました。
『たまたま』舞台挨拶決定!!
http://www.itoh-c.com/aoi/news/index.html

◆10月16日[日]梅田ガーデンシネマ【大阪】
Pコード:558-593
10月1日~7日:プレリザーブにて先行受付
10月8日[土]~:一般販売(店頭受付/チケットぴあHP ※電話予約はございません)
  1. 2011/10/12(水) 17:35:38 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:「女性自身」光文社
2011年10月11日 発売
http://jisin.jp/weeklyarticle/2512/

雑誌:「MADFORY」
2011年10月11日 発売(創刊号)
表紙 :蒼井優
http://madfory.com/
http://www.kyodo.co.jp/articles/2011-09-27_26857/
・WHITE ALBUM 蒼井優が描く白い世界
  1. 2011/10/12(水) 17:33:02 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:風讃社「SEDA」
2011年10月7日発売
http://hinode.co.jp/magazines/seda/
・宮﨑あおい 蒼井 優 仲 里依紗
佐々木 希 早見あかり
身長別SNAPスペシャル
おしゃれ有名人の秋服Snap

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2011年10月10日
http://magazineworld.jp/casabrutus/140/
・蒼井優の 今日も かき氷
第20回 京都〈茶寮ぎょくえん〉

雑誌:マガジンハウス「POPEYE」
2011年10月10日発売
http://magazineworld.jp/popeye/775/
・Special Interview蒼井 優故郷を愛し、故郷に愛された男。
  1. 2011/10/08(土) 18:57:42 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

ラジオ:
J-WAVE「ラジオドーナツ」
2011年10月8日 O.A
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

女優 蒼井優〜役者から役者へ受け継ぐもの
http://www.j-wave.co.jp/original/lifeisagift/

女優の蒼井優さんに「人との絆」を伺いました!

映画「フラガール」で一躍評価を高めた蒼井優が、
数日前に、そのロケ地、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズを訪れた。

震災復興の支援を約束し、その後、懐かしいフラダンサーの稽古場へ。
撮影中は毎日自分もそこに通ったことや、なかなか踊れなかったダンスができた時に、
先生と抱き合って涙を流したことを「懐かしい、ここで泣いたんです」と振り返った。

(番組内から抜粋)

映画デビュー作となった「リリイ・シュシュのすべて」で中学生の役を演じた蒼井優さんも、現在は26歳。
女優としての活動が10年たった今、「役者同士の心の絆」を伺ってみました。
演じることの難しさだけでなく、スターとしての苦悩などもあるであろう日々で、蒼井さんは今、どんなことを感じているのでしょうか?


この仕事って大変だなって思うことはあるんですけど、
私よりももっとイバラの道を歩んでこられた先輩方が、
こんなに純粋でいられるんだって。
そこは感動するし、希望にもなるんですね。
大変だ大変だって思いに流されていくことだってできるけど、
そうじゃなくて、まっすぐ生きている先輩方が多いので。
私もこの仕事を10年近く続けてきたんですけど、
そうなると私の下の世代もたくさん出てきて、
自分がたまたまだけど知り合った子たちにも、
自分がまっすぐ生きることで、
少しだけ気を楽にさせてあげられる
存在にいつかなりたいと思うようになるようになりました。
人ってそうやって繋がっていくんだなと思います
  1. 2011/10/08(土) 18:42:02 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

官網MESSAGE
http://www.itoh-c.com/aoi/message/index.html

皆様お久しぶりです。

お元気でしょうか?

私は 今 るろうに剣心という 映画の撮影に入っています。

以前出演させていただいた 大河ドラマ 龍馬伝 のディレクター、

大友啓史監督がメガホンを取られています。

龍馬伝から 引き続きの スタッフさん、共演者の方々がいらっしゃるので、現場は初日から物凄い熱気に溢れていて とてもいい雰囲気です。

我らが座長、佐藤健さんの 殺陣も 素晴らしいですよ。

と、ここまでは 私の近況報告。。

もう一つ 皆さんにお知らせしたいことがございます。

もう 知っていらっしゃる方もあるとは思われますが、

映画 フラガール の舞台となり、撮影時には 大変お世話になりました

福島県いわき市にあります スパリゾートハワイアンズさんが、 先日10月1日より 営業を再開されました。

あの頃は スパリゾートハワイアンズさんが 営業停止をせざるを得なくなるなどと 考えてもみませんでした。

私たちが演じた 46年前のフラガール同様、今のフラガールの方々は、震災後、キャラバンで全国津々浦々周られていました。

46年前、様々な困難に苛まれながらも寒空の下に作られたハワイを、今 たくさんの関係者の方々が存続させるべく、そして変わらず安心して楽しんでいただける場であり続けるべく、日々汗を流されています。

安心というものが 遠く、感じづらく思われる 今日かも知れませんが、東北のハワイには間違いなく人の温かさと力強さがあります。

足をお運んでいただけると幸いです。

どうか宜しくお願いします。

2011.10 蒼井優
  1. 2011/10/06(木) 22:44:21 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

睽違許久的「東京家族」後續消息

大崎上島ウルルン住民記_山田洋次監督、蒼井優、松竹スタッフのみなさんと過ごした貴重な2日間
http://blog.goo.ne.jp/kaidenma/e/196e6b0b073e6e78ff43f0d2fe8c65e6
http://blog.goo.ne.jp/kaidenma/e/92b2832293d1d01a2160ee851f00f9f1
  1. 2011/10/06(木) 17:10:47 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「FUDGE sis」三栄書房
2011年10月1日 発売
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=5167

「デ☆ビュー」オリコンエンタテインメント株式会社
2011年10月1日 発売
http://blog.oricon.co.jp/de-view2008/archive/719/0

雑誌:
小学館「PS」11月号
10月1日発売
http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_1761711111

ラジオ:
J-WAVE「ラジオドーナツ」
2011年10月8日 O.A
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/
・LIFE IS A GIFT 女優「蒼井優」の出会いと絆

  1. 2011/10/06(木) 12:06:00 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

@TakagiMasakatsu 高木正勝
http://twitter.com/#!/TakagiMasakatsu/status/121264857088663553

【高木正勝リリース】iTunesでの配信スタートしました。NHKドキュメンタリー「仁淀川」のサントラ→http://bit.ly/oILNTE 蒼井優主演映画「たまたま」のサントラ→http://bit.ly/qLsnxV
  1. 2011/10/05(水) 05:21:50 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

我原以為已經跟イオン解約了
沒想到還有イオン企画第4弾

第1弾是在スパリゾートハワイアンズ(2007年)
第2弾是在沖縄美ら海(2008年)
第3弾是在屋久島(2009年)
第4弾是在スパリゾートハワイアンズ(2011年)

蒼井優さんトークイベント!蒼井優さんに会える!
福島「スパリゾートハワイアンズ」へ ご招待(1泊2日)
http://www.aeon.co.jp/sp_aeoncard/campaign/201110/07/index.html

※ご応募は2011年10月1日(土)~2011年11月30日(水)24時までです。
  1. 2011/10/02(日) 22:43:51 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『たまたま』舞台挨拶決定!!
http://www.itoh-c.com/aoi/news/index.html

蒼井優主演『たまたま』の公開を記念して、10月15日[土]、16日[日]に東京・名古屋・大阪の3都市にて、舞台挨拶を行うことが決定しました!
各舞台挨拶の時間、販売方法については、以下の通りです。

『たまたま』公開記念舞台挨拶
【登壇者】蒼井優、小松真弓監督(予定)
※登壇者は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

【日程】
10月15日[土] 東京
10月16日[日] 名古屋、大阪

【会場】
◆10月15日[土]シネクイント【東京】
Pコード:558-604
    21:30の回 上映前
     
◆10月16日[日]センチュリーシネマ【名古屋】
Pコード:558-577
    ①11:00の回 上映後
    ②12:35の回 上映前

◆10月16日[日]梅田ガーデンシネマ【大阪】
Pコード:558-593
    ①15:25の回 上映後
    ②17:05の回 上映前
      
【販売方法】
舞台挨拶付チケットは、チケットぴあにて販売致します。
劇場ごとに詳細が異なりますので、下記ご確認の上、ご購入下さい。

料金…ぴあ:一律¥1,200 (※ミニシアター共通券、各種招待券・各種割引券使用不可)

◆10月15日[土]シネクイント【東京】
Pコード:558-604
10月1日~7日:プレリザーブにて先行受付
10月8日~:一般販売(電話予約<0570-02-9999>/店頭受付/チケットぴあHP)
最終:劇場発売 ※劇場販売に関してはぴあ販売で残席があった場合のみ

※お一人様4枚までの販売。
※座席指定となります。


◆10月16日[日]センチュリーシネマ【名古屋】
Pコード:558-577

10月8日~:一般販売(電話予約<0570-02-9999>/店頭受付/チケットぴあHP)
最終:劇場発売 ※劇場販売に関してはぴあ販売で残席があった場合のみ

※お一人様2枚までの販売。
※ぴあ券に記載されている整理券番号順でのご入場、全席自由席となります。尚、開場時にお越しでない場合は先の番号からご入場となります。


◆10月16日[日]梅田ガーデンシネマ【大阪】
Pコード:558-593
10月1日~7日:プレリザーブにて先行受付
10月8日~:一般販売(電話予約<0570-02-9999>/店頭受付/チケットぴあHP)
最終:劇場発売 ※劇場販売に関してはぴあ販売で残席があった場合のみ

※お一人様4枚までの販売。
※各回:座席110席(整理番号1~110)/立見40席分(整理番号111~150)
※座席指定ではなく、整理番号制です。上映開始時間15分前の開場時間より、チケットに明記されている入場整理番号順に場内に御入場いただきます。場内はすべて自由席です。開場時間に遅れますと、座席が確保できなくなり、立見になる場合がございますので、開場時間に遅れられませんよう、ご注意ください。


★ぴあ:チケットに関する問合せ TEL:0570-02-9111
http://www.pia.co.jp/

  1. 2011/10/02(日) 19:22:15 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

之前目擊WOWOW的情報
應該是拍「贖罪(しょくざい)」
演員有蒼井優さん、小泉今日子さん、森山未來さん、久世さん(久世星佳?)
原作は旬の作家さんで、監督は大御所、豪華なキャスト陣。
http://ameblo.jp/yokakusa-misagons/entry-10896897021.html
http://ameblo.jp/yokakusa-misagons/day-20110615.html

キョンキョン、復讐の母役で11年ぶり連ドラ主演…WOWOW「贖罪」
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111001-OHT1T00060.htm?from=yol

女優の小泉今日子(45)が、WOWOWの連続ドラマ「贖罪(しょくざい)」(来年1月放送・全5話)に主演することが30日、分かった。連ドラ主演は2001年以来11年ぶり。「告白」が大ヒットした湊かなえさんの同名小説が原作のミステリーで、映画「トウキョウソナタ」でもタッグを組んだ黒沢清監督がメガホンを執る。

 小泉が復讐(ふくしゅう)の母と化す。「贖罪」は、「告白」文庫版が200万部を超え、映画もヒットを記録した作家・湊かなえさんが09年に出版した3作目の小説が原作。15年前にある田舎町で起きた少女殺人事件を巡り、殺された少女の母親と、第一発見者となった仲良しの小学生4人の、その後の運命を描く。

 小泉が演じるのは娘を殺された主婦・麻子。犯人の顔を思い出せない小学生4人に「犯人を見つけなさい。でなければ、私が納得できるような“償い”をしなさい」と冷酷に言い放つ。その後、大人になった4人の前に再び現れ、時に運命を左右していく。

 昨年、TBS系「うぬぼれ刑事」にゲスト出演しているが、主演は01年のTBS系「恋を何年休んでますか」以来、11年ぶりとなる。

 今回、脚本も手がける黒沢清監督とは、小泉が報知映画賞・主演女優賞を受賞した08年の映画「トウキョウソナタ」以来のタッグ。タイプは違うが、小泉は「トウキョウ―」でも専業主婦を演じている。

 既にこのほど撮影を終え、小泉は「普段ではできない、面白い、けどとっても怖い女の人の役をやらせていただきました。2か月にわたる撮影でしたけども、とても楽しく、夢のような日々を過ごさせていただきました」と久しぶりの連ドラに満足したよう。

 黒沢監督は「穏やかな人物として登場する時もあれば、冷酷非情に相手を追い詰める厳しい面を見せる、様々な面を演じていただきました。ありがたいことに、小泉さんは楽々と演じ分けていた」と演技を称賛。民放の連ドラとはひと味違う作品に仕上げている。

 ◆友人役は後日発表 原作は「告白」と同じく、章ごとに主人公が変わる独白形式で書かれているが、ドラマも1話で1人ずつ、小学生の“その後”を描き、小泉は毎回、節目のシーンに登場する形。小学生から大人になった4人は後日発表予定だが、毎回、人気女優が演じるという。
  1. 2011/10/02(日) 19:19:48 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優としずちゃん、感無量で言葉に詰まる!震災から休業していたスパリゾートハワイアンズ営業再開!
http://www.cinematoday.jp/page/N0035829
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201110020023.html
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20111002-OHT1T00052.htm
http://news24.jp/nnn/news89022490.html ﹝影片﹞
http://www.youtube.com/watch?v=TkV__DqL_As ﹝影片﹞

東日本大震災以降休業していた福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(常磐興産株式会社)が10月1日、半年ぶりに営業を再開した。再開オープニングセレモニーには、同施設の誕生を映画化した『フラガール』の蒼井優としずちゃんこと「南海キャンディーズ」の山崎静代が祝福に駆けつけ、常磐興産株式会社の斎藤一彦社長らと共にテープカットを行った。

 同施設は3月11日の震災に続き、4月11日にいわき市を襲った震度6強の直下型地震により大プールのあるウォーターパークが甚大な被害を受けて、当初目標にしていた夏の営業再開が不可能に。修復作業を行うと同時に、被災者に温泉施設を解放し、ホテルを避難所として受け入れてきた。また、施設の華であるフラガールたちは「フラガール全国きずなキャラバン」と銘打って、5月3日のいわき市内にある避難所への慰問を皮切りに、全国26都道府県から韓国ソウルまで125か所で震災復興を願っての巡業公演を行った。この日の再開も一部施設のみだが、それでも浮き輪を持った子供たちや「きずな」と書かれたTシャツを来た人たちなど約300人の観客が列を作って開場を待ちわびた。

 オープニングセレモニーで斎藤社長が登壇すると、観客から「待ってました!」という威勢の良い掛け声が飛んだ。続いて蒼井としずちゃんが紹介されると、観客のボルテージは最高潮。映画の撮影で同施設に約2か月間滞在した蒼井は「まさかこんな日が来るとは思ってもいませんでした。わたしは福島出身ではないですが、ここを第二の故郷だと思ってますので、出来る限り皆さんの力になりたいと思ってます。微力なのは分かっているんですけど、何か力になりたい……」と一つ一つ言葉を選びながらあいさつ。しかし、後に続く言葉がなかなか見つからなかったようで「何て言ったらいいんだろう……」と迷いながら「……頑張ってッ!」とハニカミながら観客に呼びかけると、大きな拍手を浴びていた。

 続いてあいさつに立ったしずちゃんも「これからまだまだ大変だと思うけど、何かあったら言ってください。何でもします!」と力強く宣言。2人とも映画のキャスト・スタッフと共にいち早くいわき市に義援金を送るなどいわき市の方たちを案じていただけに、観客の笑顔に感無量といった面持ちだった。

 同施設では来年1月に全館グランドオープンを目指しているが、福島第一原発事故の風評被害に加え、いまだ福島を震源地とした余震も多いことから厳しい状況が続いている。それでも斎藤社長は「(放射能の)風評被害を払拭し、ハワイアンズだけでなく福島に人の流れを作る取り組みを行いたい」と意気込んでいる。

 また、復興に向けて奮闘しているフラガールたちを4か月に渡って追ったドキュメンタリー映画『がんばっぺフラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』が制作中だったが、この日の営業再開の様子を撮ってクランクアップした。蒼井が同作品のナレーションを担当する。(取材・文:中山治美)

 映画『がんぱっぺフラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』は10月29日全国公開
  1. 2011/10/02(日) 19:10:59 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『サド侯爵夫人』
2012年03月06日(火)~2012年03月20日(火)
http://setagaya-pt.jp/theater_info/2012/03/post_257.html

《速報》
三島由紀夫戯曲の真骨頂『サド侯爵夫人』に野村萬斎と6人の女優が挑む!
2012年3月に世田谷パブリックシアターにて上演決定!

 詩情あふれる美文が精密を極めた三島由紀夫戯曲の真骨頂『サド侯爵夫人』。
1965年の初演では、その衝撃的な内容から“事件”となりました。以来、国内のみならず海外でも高い支持を受け、上演されるごとに話題を呼んでいます。
18世紀末、絶対王政が爛熟を極め、頽廃の色濃い都パリ。数々の乱行からの逮捕・投獄を重ね、猟奇的なスキャンダルがつきまとう夫サドに貞淑であることを貫くサド侯爵夫人・ルネ。体面や道徳を重んじる母・モントルイユ夫人は計略をめぐらせ別離を企てるが、ルネの決意は固く、痛烈な対立が続く。フランス革命勃発後、夫がついに獄から解放されたのを知るやルネのとった不可解な行動に宿る真実とは…

 比類なき優雅な言葉で飾り立てながらも烈しく交錯し、衝突する女性6人には存在感が際立つ女優が揃いました。 ルネ役に蒼井優、アンヌ役に美波、シミアーヌ男爵夫人役に神野三鈴、シャルロット役に町田マリー、そしてサン・フォン伯爵夫人役に麻実れい、モントルイユ夫人役に白石加代子を迎えます。

 演出は、かねてより三島由紀夫の秀麗な文体に魅せられ、注目を続けていた野村萬斎。
これまでシェイクスピア作品と古典芸能の融合をめざした『まちがいの狂言』、『国盗人』、大胆な構成をほどこし俳優5名で挑んだ『マクベス』を演出・主演。中島敦の小説を構成・演出した『敦-山月記・名人伝-』では紀伊國屋演劇賞、朝日舞台芸術賞を受賞しました。
600年の歴史を持つ能・狂言の体現者・伝承者として、日本語の響きの美しさを知る彼が“言葉による緊縛”に主眼を置いた演出に挑みます。

[作] 三島由紀夫
[演出] 野村萬斎
[美術] 島次郎
[照明] 齋藤茂男
[衣装] 半田悦子
[音響] 尾崎弘征
[舞台監督] 澁谷壽久

[出演] 蒼井優/美波/神野三鈴/町田マリー
      麻実れい・白石加代子
  1. 2011/10/02(日) 18:50:41 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

ハワイアンズの営業再開セレモニーへ<蒼井優さん>が 応援ゲストとして、来場決定!
http://blog.livedoor.jp/hawaiians/archives/51292130.html

10月29日(土)全国公開が決定したスパリゾートハワイアンズのフラガールを追ったドキュメンタリー映画『がんばっぺフラガール! ~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』にてナレーションを担当することになった蒼井優さんが、スパリゾートハワイアンズの営業再開セレモニーにサプライズゲストとしての登壇が決定いたしました!
2006年公開の映画『フラガール』に出演したことから、本作ドキュメンタリーの企画に賛同しナレーションを担当するとともに、明日のオープニングセレモニーに応援ゲストして来場し、約5年ぶりにフラガールたちと再会します!
さらに南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんも応援来場予定です。

☆オープニングセレモニー
日時:平成23年10月1日(土) 10:20~
会場:スプリングパーク プラザ
出席者:常磐興産株式会社 代表取締役社長 斎藤一彦、スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム、蒼井優、山崎静代(南海キャンディーズ)ほか(予定)

『がんばっぺフラガール! ~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』
10/29(土)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他にて全国公開

3月11日に発生した東日本大震災により甚大な被害を受けた福島県いわき市。地震、津波、原発事故、風評被害の四重苦にあえぐこの地で、東北のハワイとして長い間親しまれてきた大型レジャー施設・スパリゾートハワイアンズが、開業前年に行ったフラガールたちによる全国キャラバンを46年ぶりに復活させました。
自らが被災しながらも、踊り続けることを決意し、「フラガール 全国きずなキャラバン」へと向かう、フラガールたち。「笑顔を街へとどけよう。私たちの原点に戻って」それは奇しくも、映画『フラガール』(06 年)にも描かれた、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)創設時の危機的状況と重なるものでもありました。そして、スパリゾートハワイアンズも、避難住民に一部施設を提供しながら、営業再開に向けて動き出しています。本作は、ステージでは決して笑顔を絶やすことなく、被災者を勇気づける彼女たちの姿を4 カ月にわたって、追い続けたドキュメンタリー作品です。
フラガールたちのみならず、ハワイアンズの人々や被災者のひたむきに生きる姿を4 ヵ月間追い続けるのは、数多くのドキュメンタリー作品や映画に携わってきた小林正樹。音楽を担当するのは、映画に引き続き、ジェイク・シマブクロ。祖母が福島県出身であることから、自身も積極的な支援活動を行っています。そしてナレーションには、映画『フラガール』で、その年の女優賞を総なめにした蒼井優。映画でお世話になった方々のために、少しでも役に立つことができればと参加を決意しました。
仙台出身のアーティスト・Rake は映画の趣旨に賛同し、主題歌「100 万回の『I love you』」で応援します。

公式サイト http://www.ganbappe.j-cqn.co.jp/ (10月1日 本オープン予定)
  1. 2011/09/30(金) 22:56:57 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

抱歉,現在才發現之前『MORE』10月號忘記更新

MORE連載「8740」
野田秀樹(5月号)→宮森隆行(6月号)→岩井俊二(7月号)→タナダユキ(8月号)
→黒田育世(9月号)→小松真弓(10月号)

雑誌:『MORE』(集英社)
発売日:2011.08.28
http://www.s-woman.net/more/
・〈新連載〉蒼井 優「8740」

新聞:
朝日新聞 夕刊(東京本社版など)
9月27日掲載予定
http://twitter.com/#!/asahi_tokyo/status/118527907659399169
・夕刊beの「ニッポン宝さがし」は福岡県の屋台を紹介しています。人気の焼きラーメン、おいしそうです。「ゆかりの人」には女優・蒼井優さんが登場ばい。

雑誌:『MORE』(集英社)
発売日:2011.09.28
http://www.s-woman.net/more/
・〈新連載〉蒼井 優「8740」

雑誌:プレビジョン『別冊 spoon.』 
発売日:2011.09.29
表紙 :蒼井優
http://spoon.blogzine.jp/spoon/2011/09/spoon929_59d7.html
・蒼井優×ミナペルホネン新作撮りおろし&蒼井優の新作ロードムービー『たまたま』詳報10ページ
  1. 2011/09/28(水) 23:01:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

映画/『がんばっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』:TRAILERS(予告編・特報)
http://blog.cinemacafe.net/movie/trailers/091920112745.html
  1. 2011/09/28(水) 19:11:12 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優「今は生きやすくなりました」 映画デビューから10年を振り返り意外な告白
http://www.cinematoday.jp/page/N0035328

映画『洋菓子店コアンドル』に出演した蒼井優が、撮影中のエピソードや26歳を迎えて大人への階段を上っていく気持ち、人生観について語った。

岩井俊二監督の映画『リリイ・シュシュのすべて』(2001年公開)で同級生に援助交際を強いられる中学生という難役を見事に演じ切り、鮮烈な映画デビューを果たした蒼井。今年8月に26歳の誕生日を迎え「今は生きやすくなりました」とこの10年間を振り返る。「楽観的になってきているし、いい友達に出会えています。10代のころは年上の方に全然免疫がなかったので、うまくお話することもできませんでしたが、今は年齢や性別を超えて人付き合いをできるようになりました」と状況や気持ちに変化があったようだ。

 また、映画『フラガール』(2006年公開)で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞するなど演技力には定評のある蒼井だが、仕事や役柄に対して受身な方だといい、「『こういう役をやってみたい』とか昔から思ったことがないんです」と意外な告白。「(自分の演技に)何か一つ信じられるものがあれば、最後まで集中して作品をやり通せるのだと思いますが、まだまだ未熟なので、こういう役をやりたいと考えることに少し遠慮する気持ちがあります」と演技や仕事に対する謙虚な姿勢をうかがわせた。

 そんな蒼井が主演を務めた本作は、鹿児島から恋人を追い掛けて上京したなつめ(蒼井)が、ひょんなことから働き始めた洋菓子店で経験する挫折や再生を描いた感動作。劇中では鹿児島弁にも挑戦し「福岡県出身なので同じ九州と思って甘く考えていましたが、初めて鹿児島弁を聞いたときは全然わからなくて驚きました。早い段階から耳で覚えたり言葉の横に音階のドレミで書いて覚えたりしました」と苦労しながら工夫を凝らし、方言を身に付けていったという。また、撮影の合間には共演者とガールズトークで盛り上がり「わたしがジブリ作品で一番好きな『魔女の宅急便』のおソノさんの声を戸田恵子さんがされていたと聞いて、すごくテンションが上がりました! あと、江口のりこさんとはおなかがいっぱいのときに『今好きな人から電話かかってきて、ご飯に誘われたらどうする?』とかお題を出し合って盛り上がりました」と楽しそうに振り返った。

 10月に全編アイルランドで撮影を行った映画『たまたま』、2012年に映画『るろうに剣心』の公開を控えている蒼井。『るろうに剣心』では妖艶(ようえん)な女医・高荷恵役という蒼井の持つ透明感を打ち破るようなキャラクターに挑み、「わたしのビジュアルで大人っぽい役はちょっと……(笑)。モニターに映った自分を見ると、自分のカットだけホラー映画みたいです(笑)」と新鮮な自分に赤面している様子。撮影現場では「(神谷薫役の)武井咲ちゃんが大人っぽいので、参考にしています。咲ちゃんは17歳なので、9歳も年下なんですけどね」とちゃめっ気たっぷりだが、ふと考え込む横顔はドキッとするほど大人びた表情だ。来年以降も進化し続けるであろう女優・蒼井優に注目したい。

 『洋菓子店コアンドル』は東京の洋菓子店を舞台に、伝説のパティシエと上京したてのケーキ屋の娘が、人生の挫折を乗り越えて再生していく姿を描く感動ストーリー。(取材・文:中村好伸)

映画『洋菓子店コアンドル』ブルーレイ&DVDはポニーキャニオンより発売中
  1. 2011/09/27(火) 22:11:33 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

異色短編映画イベント「イトーチューブ」蒼井優新作短編も登場!
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=13138

AKB48ジャンケン選抜2位!今最も話題の、藤江れいな登壇!
蒼井優,弓削智久,ともさかりえなど
豪華出演!話題の異色短編映画イベント『イトーチューブ Short Movie Collection』


このたび10月8日(土)シネマート六本木にてイトーカンパニー所属の俳優達によるショートムービー「イトーチューブ Short Movie Collection」の上映が決定いたしました。
蒼井優と片桐はいりが女優と販売員のプライドをかけた闘いを見せる二人芝居「女優A」と、嘘かマコトか!?ともさかりえ演じる超有名女優の裏の顔を激写した「女優T」の『女優シリーズ』。河童にだって譲れないものがある「信念のクレーマー」、飛ぶ鳥を落とす勢いの天狗にスキャンダルが襲う「妖怪タレント」、大人気バラエティドキュメンタリーに鬼あらわる!?「村ってさいこう」の伝説の『モンスターシリーズ』など異色短編作を集めました。

当日は舞台挨拶に「眼鏡の転校生」では内気な不思議眼鏡っこ女子を、「マネキン少女」では心をもったマネキンを魅力いっぱいに演じた今最も旬なアイドル、藤江れいなが第一部に登壇。男同士の友情を描いた「バス停より愛をこめて」で、斎藤工との独特の掛け合いをみせ、アメリカで撮影されたロードムービー「FREE」では主演、監督、脚本をつとめた弓削智久が第二部に登壇します。

日時:10月8日(土)
場所:シネマート六本木 TEL03-5413-7711(東京都港区六本木3-8-15)

■第一部 15:00開場/15:15開演 計5作品 ゲスト:藤江れいな 他
『信念のクレーマー』/出演:平野靖幸、吹田早哉佳『妖怪タレント』/出演:岡本光太郎 
『村って最高』/出演:杏咲美羽
『眼鏡の転校生』/出演:藤江れいな、近野莉菜(AKB48)  『マネキン少女』/出演:藤江れいな (AKB48)

■第二部 19:00開場/19:15開演 計4作品 ゲスト:弓削智久 他
『女優T』/出演:ともさかりえ 『女優A』/出演:蒼井優、片桐はいり
『FREE』/監督&脚本:弓削智久/出演:須賀貴匡、弓削智久 『バス停より愛をこめて』/出演:斎藤工、弓削智久

■料金:各プログラム1800円(税込) ※入替制

■チケット:チケットぴあにて9月24日(土)の朝10時から一般発売スタート(Pコード:558-539)
劇場窓口、チケットぴあオンライン、セブンイレブン、サークルKサンクス、チケットぴあプレガイドにて発売

10月8日(土)シネマート六本木にて上映解禁!!
  1. 2011/09/27(火) 21:29:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優主演作品『たまたま』アプリ
http://www.tamatama-project.com/select.html
  1. 2011/09/25(日) 00:27:04 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

似乎以前沒貼過

お芝居は、好きだからこそ怖い 女優 蒼井優さん(22)
http://qnet.nishinippon.co.jp/entertainment/get/20080720/20080720_0001.shtml

─最新作「百万円と苦虫女」は、監督のタナダユキさんとの初めての映画です。

蒼井 女性監督は作るプロセスや現場の雰囲気、「今」を大切にされる方が多いと思います。タナダ監督は、男性が多いスタッフを引っ張っていてすごく格好良かった。何か困ったことがあればみんな監督の判断を待つんです。本当に「男前」で、かわいらしくて、誰に対しても優しかったです。ベテランの役者さんにも子役さんにも、まずは好きなようにやらせて、尊重してくれていました。
─主演女優として、特に意識したことは?

蒼井 とにかくスタッフに楽しんでいただきたいなと思って。主演なので、スタッフは私とほぼ毎日顔を合わせることになったわけですから、できることは何でもしようと。声をかけたりとかすると、逆に私が励まされてましたけど。盛り上がりとかそういうのじゃなく、人と何か作るって本当に楽しいなと思います。

─演技で気を付けたことは?

蒼井 今回はアドリブは一切無くて、他の役者さんも(タナダ監督の)脚本通りでした。普通、せりふを言いやすいように語尾を変えたり二文に切ったりする人もいるんですけど。タナダ監督から出てくる言葉は、本当に完ぺきだと思いました。

─普段から、読書など活字は好きですか?

蒼井 同年代のなかでは活字に触れる時間は長い方だと思います。映画やドラマが長く続くときは台本だけ。本や小説は家で一人で、じゃなくて、日常のガヤガヤした中で読んで、自分だけ一人遠くに行く感覚が好き。周りと自分に流れている時間が違う感じで。歩きながら読むのも好き。危険ですけど。この前も水たまりにはまっちゃったし。

 コーヒーが好きで、喫茶店で読むこともあります。お店だと、好きな言葉はメモするようにしてるんです。

─タナダさんも、主題歌を歌う原田郁子さんも蒼井さんと同じ福岡出身ですね。

蒼井 監督は北九州、私は福岡市で違いについて話し合ったりしました。スタッフの間でも福岡出身の方がいて、市内か、そうじゃないかで盛り上がったり。原田さんにはまだお会いしていないんですが、すてきな歌を付けてくれたことにお礼を言いたいです。

─柔らかなロングヘアが人気です。

蒼井 天然パーマなんですが、今は少しパーマをかけています。2歳からバレエをしているので切ったことがないんです。私は切りたいんですけど。切るなら、思いっきり。

─これからやってみたい役どころは?

蒼井 お芝居は、好きだからこそ怖い。こういう役をやりたいと言うほど自信はないから、いただいた役を自覚をもってやらせていただきたいです。

 (文・平原奈央子、写真・吉留常人)

 蒼井優(あおい・ゆう)さんは、1985年福岡市東区生まれ。ミュージカル「アニー」で舞台デビュー。2001年、岩井俊二監督の映画「リリィ・シュシュのすべて」で脚光を浴びる。06年に映画「フラガール」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞などを受賞。公開中の最新映画「百万円と苦虫女」(タナダユキ監督)では主演の鈴子役を演じている。 

=2008/07/20付 西日本新聞朝刊=
  1. 2011/09/23(金) 22:25:59 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

從2009年12月放消息到現在,「Itoh Tube」的短篇電影「女優A」終於要上映了
http://news.walkerplus.com/2009/1201/6/
http://www.itoh-c.com/group/news/

「イトーチューブ Short Movie Collection」  上映会決定!

【日時】10月8日(土)
【会場】シネマート六本木
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/

【スケジュール】

 ●Aプログラム
 舞台挨拶:藤江れいな(AKB48)他

 15:00開場/15:15上映開始

【上映作品】

「信念のクレーマー」
 出演:平野靖幸・吹田早哉佳

「妖怪タレント」
 出演:岡本光太郎

「村ってさいこう」
 出演:杏咲美羽

「眼鏡の転校生」
 出演:藤江れいな・近野莉菜

「マネキン少女」
 出演:藤江れいな・原嶺衣奈・二宮康

 ●Bプログラム
 舞台挨拶:弓削智久 他

 19:00開場/19:15上映開始

【上映作品】

「女優T」
 出演:ともさかりえ

「女優A」
 出演:蒼井優・片桐はいり

「FREE」
 出演:弓削智久・須賀貴匡

「バス停より愛をこめて」
 出演:斎藤工・弓削智久
  1. 2011/09/23(金) 22:24:32 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

映画「たまたま」新增預告
http://www.tamatama-project.com/
  1. 2011/09/22(木) 06:26:37 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優の世界|WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/pg_info/wk_new/004237.php

TV「龍馬伝」を始め、数々の映画、TVドラマ、CMに出演し、若手屈指の演技力も認められた人気女優、その昨年の主演作「雷桜」初放送などの特集!

花とアリス
10/5(水)よる11:30

百万円と苦虫女
10/6(木)よる11:00

フラガール
10/7(金)よる11:15

雷桜
10/8(土)よる9:00
  1. 2011/09/20(火) 20:04:09 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:エンターブレイン「オトナファミ」
発売日:2011年9月20日発売
表紙 :蒼井優
http://www.enterbrain.co.jp/otona/2011/11/
・表紙の人 蒼井優

雑誌:マガジンハウス「anan」1775号
発売日:2011年9月21日発売
表紙 :蒼井優
http://magazineworld.jp/anan/1775/
・YU AOI Korean Food in TOKYO
蒼井 優さんが巡る
東京コリアンフード
  1. 2011/09/20(火) 19:44:39 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優×ミナ ペルホネン表紙・巻頭特集の別冊spoon.、9/29発売です
http://spoon.blogzine.jp/spoon/2011/09/spoon929_59d7.html

みなさん、こんにちは。東京はしっとりとした雨模様。少しずつ秋に近付いている感じが、わくわくしますね。

さて、お知らせです! 9/29に、ご覧の表紙の別冊spoon.が発売になります!! 久しぶりに蒼井優さんにご登場いただき、ミナ ペルホネンの秋冬を着こなしていただきました。今回の優ちゃんも本当にかわいいです☆ 10月に公開になる主演作『たまたま』についてもお話をうかがっていますので、お楽しみに!

そのほかのコンテンツはまた追って・・・!
  1. 2011/09/20(火) 19:21:29 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

フラガール再び!蒼井優、シマブクロ協力
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20110919-837348.html

福島県いわき市のレジャー施設、スパリゾートハワイアンズのフラガールのドキュメンタリー映画が製作されることが18日、分かった。題名は「がんばっぺ フラガール! ~フクシマに生きる。彼女たちのいま~」(小林正樹監督、10月29日公開)。06年のヒット映画「フラガール」に関わった女優蒼井優(26)や一部スタッフら“恩人”も立ち上がり、協力の輪が広がった。

 福島第1原発事故を受けて、かつて炭鉱町の再生に一役買ったフラガールたちが、45年ぶりに全国巡業を復活させた。本作は故郷復興のために再び立ち上がったフラガールたちの活動を追いながら、ハワイアンズが震災で受けた苦難と施設を再開するまでを描く。

 フラガールとハワイアンズの知名度を全国区に押し上げたのが、映画「フラガール」。この映画に携わった人々が立ち上がった。同映画を手掛けたアスミック・エースの石原仁美プロデューサーは出演した松雪泰子、蒼井、富司純子、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代らと話し合い、チームで同市に義援金を送った。「これだけで終わってはいけない」と思案していた時に、フラガールが全国巡業を開始。石原氏は「フラガールたちは自ら被災しているにもかかわらず、全国に笑顔を届けている姿を見て、その姿を記録に残し映画として描くことで、復興の後押しができないかと考えました」とドキュメンタリー版製作を決意したという。

 「フラガール」でブレークした2人も参加する。ナレーションは蒼井が、音楽はウクレレ奏者、ジェイク・シマブクロが担当。また、主題歌は仙台出身の歌手、Rakeの「100万回の『I love you』」に決定するなど、協力の輪は広がっている。

 本作は地元福島県を含めた全国約20館で封切られ、順次拡大公開予定。石原氏は「震災に負けずにこんなに頑張っている人たちがいることを、映画を通して世界中の人たちに知ってほしい」。海外公開も視野に入れ、ベルリン映画祭への出品などを検討している。

 ハワイアンズは10月1日から部分的に営業を再開。本作は、本格稼働への強力な援軍となりそうだ。
  1. 2011/09/19(月) 19:24:03 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優官網稍微改版
logo圖加入映画「たまたま」的圖
http://www.itoh-c.com/aoi/
  1. 2011/09/17(土) 21:03:59 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

公式facebook&Twitterはじめました - 『たまたま』オフィシャルブログ
http://blog.cinemacafe.net/tamatama-project/201109/20110916_154341.html

「たまたま」起こったステキなこと、
「たまたま」選んだステキな写真、、などなど、紹介していきます!

「いいね!」「フォロー」をお願い致します。

(TOPページのアイコンから、もしくは下記URLからアクセスしてください)

■facebook
http://www.facebook.com/tamatama.proj

■Twitter
http://twitter.com/#!/tamatama_proj
  1. 2011/09/16(金) 23:11:09 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:雑誌「sweet」10月号(宝島社)
発売日:2011年9月12日(月)
http://tkj.jp/sweet/2011Oct/
http://ameblo.jp/lumineestpique/entry-11018276376.html
・今またブーム再来!この秋は大人もリセエンヌ!
  1. 2011/09/16(金) 00:05:50 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

關於「王様のブランチ」2011.09.10的文章
襟はこちらの付け襟で、「ちえちひろ(イラストレーター宮崎千絵と、宮崎千尋の姉妹)×POTTO・RERE」コラボアイテム
http://www.number7.jp/board/form11.cgi?action=res&resno=5089&id=aoitime
http://ameblo.jp/lovecherry-31/entry-11014113778.html
http://chiechihiroebi.blogspot.com/2011/08/pottorere-chiechihiro_12.html
http://rerediary.blog94.fc2.com/blog-entry-924.html
  1. 2011/09/15(木) 23:54:04 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

女優・蒼井優が、アイウエアショップ「JINS(ジンズ)」の新CMに出演した。9月16日から放送の「Air frame5 はじめてのジンズ」編の舞台は、ショッピングモールの屋上駐車場。買ったばかりのメガネをかけた蒼井が、いっしょに来た相手を車のそばで待ちながら、どことなくウキウキし­ている様子を描いている。蒼井自身、毎日メガネをかけているという"メガネ女子"で、「メガネは、洋服に合わせていろいろ選べるように揃えています。サングラスも含めて6­、7本持ってますね」。撮影の合間には、店内にディスプレイされたメガネに興味津々で、いろいろ試してみては笑顔を浮かべていた。
http://www.jins-jp.com/airframe5/index.html (私、ジンズにかえました。 Air frame(エア・フレーム)5)
http://www.youtube.com/watch?v=l4rNS8nIYMM
http://www.youtube.com/watch?v=vDL9Ui7CT8c
http://www.youtube.com/watch?v=bqvCkXlsQqU
http://www.youtube.com/watch?v=8W8KA4Cww9k
  1. 2011/09/15(木) 23:33:10 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

之前在2008年10月號「spoon.」以及J-WAVE「BOOM TOWN」(2009.1.29)
蒼井曾推薦過シガーロス的「Glosoli」

蒼井優主演映画「たまたま」主題歌をSIGUR ROS、音楽を高木正勝が担当
http://tower.jp/article/news/2011/09/15/n08
http://www.emimusic.jp/intl/sigurros/news/?rssno=30
http://www.youtube.com/watch?v=Ff38HiDnRvo (限定日本國內IP)

10月15日に東京・渋谷シネクイント、大阪・梅田ガーデンシネマ、愛知・センチュリーシネマにて公開となる蒼井優主演の映画「たまたま」。その主題歌をシガー・ロス、音楽を高木正勝が担当していることがあきらかとなった。

全編アイルランド・ロケの「たまたま」は、映像クリエイターの小松真弓が脚本と監督を手掛けた作品で、メッセージ性に富んだ〈たまたま、から生まれる希望の物語〉とのこと。シガー・ロスの起用は小松監督からバンドへの熱烈なオファーで実現しており、蒼井は同グループの楽曲が主題歌となったことについて以下のようにコメントしている。

「小松さんは構想のころから、ずっと主題歌はシガー・ロスがイイって言ってて、彼らの曲以外は考えられないって熱望していました。わたしも曲を聴いてみて、この作品にはピッタリだなって思っていました。だから、〈たまたま〉の主題歌に決まって、小松さんもすごく喜んでいますし、わたしもすごくうれしいです」。

テーマ・ソングに選ばれた楽曲は、シガー・ロスの最新オリジナル・アルバム『Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust(邦題:残響)』に収められている“Inni Mer Syngur Vitleysingur”で、彼らが邦画の主題歌を担当するのは今回が初めてのこと。ライヴ作品〈INNI〉の発表を控える同バンドは現在ニュー・アルバムの制作を行っており、2012年春にリリースする予定だという。また、劇中の音楽を手掛けた高木正勝も、コメントを寄せている。

「小松監督とは以前にCM音楽でご縁があって、彼女の素敵な人柄を垣間知っておりました。今回の映画のために詳細に描かれた〈絵本のような脚本〉がとても印象的で、童話のような世界観に魅了されました。作曲はスムーズにいったものもあれば、締め切りぎりぎりまで仕上がらなかったものもあり、監督はひやひやされたんじゃないでしょうか。撮影地がアイルランドだったので、彼の地の音感やリズム感を参考にしました。色んな見方ができる映画だと思いますが、僕は、小松さんによる蒼井優さんのドキュメンタリー映画として楽しみました」。

「たまたま」は明日9月16日からスマートフォンのアプリで予告編が独占公開される。FacebookページやTwitter公式アカウントも同日にスタートするので、気になる人はぜひチェックをどうぞ!
  1. 2011/09/15(木) 23:15:28 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優 :メガネかけ素の表情披露 「JINS」新CM
http://mantan-web.jp/2011/09/15/20110914dog00m200050000c.html

女優の蒼井優さんが16日から全国で放送されるメガネショップ「JINS(ジンズ)」のCMでメガネ姿で素の表情を披露していることが15日、明らかになった。

 看板商品「Air frame(エア・フレーム)」のCMで、「Air frame5 はじめてのジンズ」編はショッピングモールの屋上駐車場が舞台。買ったばかりのエア・フレームをかけた蒼井さんが車のそばで相手を待っているという内容で、相手を待っているときのドキドキ感、高揚感が伝わってくるCMとなっている。CM曲は井上陽水さんの「夢の中へ」。

 「エア・フレーム」は、09年9月の第1弾発売以来、累計200万本以上を販売するオリジナルメガネ。第5弾となる最新モデルは秋冬のコーディネートを意識した新型、新色、新柄をラインアップし、全58型360パターンを展開する。

 蒼井さんは「(メガネは)大好きで、普段も毎日かけています。洋服に合わせていろいろ選べるようにそろえていて、色や形、大きさが違うものやクラシカルなデザインとかほかにも色違いのサングラスを合わせると全部で6、7本持っています」と話し、「エア・フレーム」についても「ほんとに軽いです。私、フレームが重すぎると耳のところに跡が付いちゃうんですけれど、撮影中ずっと掛けていても全然気にならなくてすごいなと思いました」と「エア・フレーム」をすっかり気に入った様子だった。
  1. 2011/09/14(水) 23:59:13 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

舞台劇「その妹」
プレイガイド先行予約実施予定 (9月12日現在)
http://www.siscompany.com/03produce/35sonoimouto/senkou.htm
  1. 2011/09/13(火) 21:57:09 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

キリン 午後の紅茶パンジェンシープロジェクト
http://pungency.jp/

「これがパンジェンシー?」篇
「7秒後にパンジェンシー」篇
http://www.beverage.co.jp/gogo/html/cm/cm5.html
http://www.beverage.co.jp/product/cm/gogo/pungency1.html
http://www.beverage.co.jp/product/cm/gogo/pungency2.html

「パンジェンシー」が楽しめる本格・濃厚ミルクティーとして、新しくなった茶葉2倍ミルクティー、「午後の紅茶 パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー」のTVCMは、これまで紅茶の専門家だけが知っていたパンジェンシーという言葉を紹介する「これがパンジェンシー?」篇と、新しくなった茶葉2倍ミルクティーのパンジェンシーを蒼井さんが体感する「7秒後にパンジェンシー」篇の2本立てです。

都内スタジオで行われた撮影の直前、今回のCMの肝であるパンジェンシーとは何かを蒼井優さんに理解していただくため、新しくなった茶葉2倍ミルクティーと、先日WEBで限定販売された「午後の紅茶 パンジェンシー DJ1スペシャルボックス」を飲んでいただき、パンジェンシーを体験してもらいました。

カップに注がれたミルクティーを一口飲むとすぐに、「今まで飲んでいたのと全然違う!」と驚きの声を上げた蒼井さん。
しっかりとパンジェンシーの爽やかな渋みを理解してもらい、撮影に臨んで頂きました。

今回、蒼井優さんのパートナーとして重要な役割を演じているチンパンジーには、人工皮膚でロボットを包む、アニマトロニクスと呼ばれる技術が使われています。

チンパンジーのリアルな質感を出した人工の皮膚に包まれたロボットが、コンピューターで動作を制御され、チンパンジーの豊かな表情を再現するこの技術。
ロボットとは思えない精巧さで、感情移入してしまうスタッフもちらほら。
すぐに、撮影現場でスタッフみんなの人気者になりました。

2本のCMのどちらも、スタジオに設営された紅茶専門店のセットの中で、蒼井さんが紅茶を飲み、パンジェンシーを感じるというシンプルな構成。
そのじっくりとした間合いと、緊張感のある映像が新鮮な今回のCM。
蒼井さんならではの、画面の奥に引き込まれるような魅力が存分に発揮されました。
  1. 2011/09/12(月) 23:08:01 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

<ご参考>茶葉2倍ミルクティー史上、最高にパンジェンシーが楽しめる本格・濃厚ミルクティー
蒼井優さん出演の新CM『これがパンジェンシー?』篇『7秒後にパンジェンシー』篇
9月13日(火)から全国でON AIR開始
http://www.beverage.co.jp/company/news/page/news2011091201.html

キリンビバレッジ株式会社(社長 前田仁)は、9月13日(火)から全国でリニューアル新発売する、「キリン 午後の紅茶 パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー」(※1)の新CM『これがパンジェンシー?』篇と『7秒後にパンジェンシー』篇を9月13日(火)から全国で放映します。

 広告宣伝のイメージキャラクターには、人気若手女優の蒼井優さんが引き続き登場します。今回のCMは、紅茶の最高の褒め言葉と言われる「パンジェンシー」(※2)という言葉をキーワードにしています。「パンジェンシー」という言葉を紹介する「これがパンジェンシー?」篇と、新しくなった「茶葉2倍ミルクティー」の「パンジェンシー」を体感する「7秒後にパンジェンシー」篇の2本立てで展開します。
 「これがパンジェンシー?」篇では、タイトルの通り蒼井さんが選び抜かれた紅茶葉できちんと淹れた紅茶を飲み、「パンジェンシー」を感じる設定。ラストのカットでは、チンパンジーの真似をするチャーミングな蒼井さんにも注目です。「7秒後にパンジェンシー」篇は、蒼井さんとチンパンジーが共演。チンパンジーとのコミカルな掛け合いに笑顔がこぼれます。
 この2本のCMは、「パンジェンシーのある紅茶」が本格的なおいしさを楽しめる紅茶であることを表現しています。「パンジェンシー」を体感してみたくなるCMになっています。

 今年で発売25周年を迎えた「午後の紅茶」は、さらにお客様にご愛飲いただける「午後の紅茶」の開発を目指して、紅茶の最高の褒め言葉と言われる「パンジェンシー」に着目し、紅茶のおいしさを追求していく「パンジェンシー」プロジェクトを展開しています。
 プロジェクトの第一弾として、希少茶葉「ダージリン・ファーストフラッシュ・ロットNo.1」を使った「午後の紅茶 パンジェンシー ストレートティー」「午後の紅茶 パンジェンシー ミルクティー」を開発し、WEB限定・数量限定で発売しました。
 今回プロジェクトの第二弾として、より多くのお客様に「パンジェンシー」をお楽しみいただけるよう、第一弾で培ったノウハウを「午後の紅茶 茶葉2倍ミルクティー」に活かし、紅茶の繊細な香りと渋み「パンジェンシー」を体現した本格・濃厚ミルクティーとしてリニューアル新発売します。

 新しい「午後の紅茶 パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー」は、厳選したウバ茶葉とダージリン茶葉(※3)を絶妙にブレンドし、紅茶葉の味わいをそのまま封じ込める特別な製法を使用することで、「パンジェンシー」を感じる本格的なおいしさを実現しました。

 キリングループは、「おいしさを笑顔に」のグループスローガンを掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

※1 「キリン 午後の紅茶 ミルクティー」比 
※2 紅茶のおいしさを語るときの専門用語で、心地よい繊細な香りと渋みのこと
※3 ウバ茶葉89%、ダージリン茶葉10%使用


【蒼井優さん プロフィール】
1985年8月17日生まれ。福岡県出身。
1999年、ミュージカル『アニー』のポリー役でデビュー後、モデル活動を経て、2001年『リリィ・シュシュのすべて』のヒロイン役で映画デビュー。2006年には、映画『フラガール』などでの好演が認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ、多くの映画賞を受賞。2010年、大河ドラマ『龍馬伝』でヒロインの一人、お元役で大河ドラマ初出演。2011年、映画『洋菓子店コアンドル』、野田秀樹氏率いる「NODA・MAP」第16回公演『南へ』に出演。今最も活躍を期待される若手女優の一人。


【撮影ウラ話】
「パンジェンシー」が楽しめる本格・濃厚ミルクティーとして新しくなった「午後の紅茶 パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー」のCMは、これまで紅茶の専門家だけが知っていた「パンジェンシー」という言葉を紹介する「これがパンジェンシー?」篇と、新しくなった「茶葉2倍ミルクティー」の「パンジェンシー」を蒼井さんが体感する「7秒後にパンジェンシー」篇の2本立てです。

都内スタジオで行われた撮影の直前、今回のCMの肝である「パンジェンシー」とは何かを蒼井さんに理解していただくため、新しくなった「午後の紅茶 パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー」と、WEB限定で発売した「午後の紅茶 パンジェンシー ストレートティー」「午後の紅茶 パンジェンシー ミルクティー」を飲んでいただき、パンジェンシーを体験してもらいました。

カップに注がれたミルクティーを一口飲むとすぐに、「今まで飲んでいたのと全然違う!」と驚きの声を上げた蒼井さん。しっかりと「パンジェンシー」の心地よい繊細な香りと渋みを理解してもらい、撮影に臨んで頂きました。

今回、蒼井さんのパートナーとして重要な役割を演じているチンパンジーには、人工皮膚でロボットを包む、アニマトロニクスと呼ばれる技術が使われています。

チンパンジーのリアルな質感を出した人工の皮膚に包まれたロボットが、コンピューターで動作を制御され、チンパンジーの豊かな表情を再現するこの技術。ロボットとは思えない精巧さで、感情移入してしまうスタッフもちらほら。すぐに、撮影現場でスタッフみんなの人気者になりました。

2本のCMのどちらも、スタジオに設営された紅茶専門店のセットの中で、蒼井さんが紅茶を飲み、「パンジェンシー」を感じるというシンプルな構成。そのじっくりとした間合いと、緊張感のある映像が新鮮な今回のCM。蒼井さんならではの、画面の奥に引き込まれるような魅力が存分に発揮されました。
  1. 2011/09/12(月) 17:31:02 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

看到有網友推特寫到蒼井優在雜誌裡對於書的想法

@k_hamata 浜田健一
http://twitter.com/#!/k_hamata/status/112968749518299136

蒼井優「谷崎潤一郎、太宰治、志賀直哉は、私が恋した作家です。偏ってるかなぁ(笑)」(『BRUTUS』2011年9月15日号)

  1. 2011/09/12(月) 06:27:14 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2011年9月10日(土)
http://magazineworld.jp/casabrutus/139/
・蒼井優の 今日も かき氷
第19回 銀座〈松﨑煎餅〉
  1. 2011/09/10(土) 23:36:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優主演作品『たまたま』アプリ
開発: マガジンハウス
http://itunes.apple.com/jp/app/id462062764?mt=8

詳細

蒼井優主演作品『たまたま』のスマートフォンアプリが登場!

スペシャル映像、イベント情報、ここでしか見られないアイルランドでの
  1. 2011/09/10(土) 14:47:35 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

今年似乎沒有2012年カレンダー?
ハゴロモ網頁的2012年版カレンダータイトルリスト沒看到他的名字
http://www.hagoromo.com/cp-bin/blog/
  1. 2011/09/10(土) 09:31:50 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

(TV)TBS 王様のブランチ
「独占デミダス」コーナー 9:50~10:10の間 約5分間
2011年9月10日OA 予定
http://www.tbs.co.jp/tv/daily/20110910.html

蒼井優が恋愛を語る
  1. 2011/09/08(木) 21:14:55 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

如果@Riekotakayanagi真的是蒼井優のマネージャー的推特
那@yuaoi85應該非蒼井優本人推特

高柳利恵子
@Riekotakayanagi
http://twitter.com/#!/Riekotakayanagi

  1. 2011/09/08(木) 00:30:49 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

ビーポテトチップス メッセージ
http://www.calbee.co.jp/chips/message/

ビーポテトチップス「あけたら、はじまる。旅へ」篇
http://www.calbee.co.jp/chips/cm/cm_highspeed_06.html

ビーポテトチップス「あけたら、はじまる。旅へ」篇のメイキング
http://www.calbee.co.jp/chips/cm/make_highspeed_04.html
蒼井さんにとって初となるアドリブでの演技でしたが、周りのスタッフとコミュニケーションをとりながら、名女優と呼ぶにふさわしい演技をしてくれました。



  1. 2011/09/05(月) 23:59:31 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

之前我一直沒寫「Sweet」9月號雜誌,
因為我都找不到內頁,
現在2ch網友指出應該是官網誤植
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/actress/1298546565/938

  1. 2011/09/04(日) 21:36:22 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

実写「るろうに剣心」恵役に蒼井優、左之助役に青木崇高
http://natalie.mu/comic/news/55958
http://mantan-web.jp/2011/09/03/20110902dog00m200050000c.html
http://www.cinematoday.jp/page/N0035078

実写映画化が決定した和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」。剣心役の佐藤健、神谷薫役の武井咲に続き、高荷恵、相楽左之助、明神弥彦のキャストが発表された。

高荷恵を演じるのは、「龍馬伝」から引き続き大友組に参加し、監督からの信頼も厚い実力派若手女優・蒼井優。生きるために仕方なく悪に手を染める名医の娘で、剣心たちに出会い誇りを取り戻していく役柄を演じる。

また剣心と出会い、のちに行動を共にする喧嘩屋・相楽左之助役は青木崇高に決定。そして恵とともに剣心を慕う、神谷道場門下生の明神弥彦役には、映画初出演となる田中偉登が抜擢された。

映画「るろうに剣心」は、明治維新のために伝説の人斬りとして過ごした剣心が、維新以後、殺さずの誓いをたて、町から町へ流浪の旅をしているところから物語が始まる。製作はワーナー・ブラザース映画で、この夏クランクイン。公開は2012年夏を予定している。

蒼井優(高荷恵役)コメント

監督はじめ「龍馬伝」チームが多いので安心して現場に入っています。先日剣心の殺陣のシーンを少し見させていただいたんですが、とても素晴らしかったので、その勢いを私たちも失うことなく最後まで乗り切れたらと思っています。

青木崇高(相楽左之助役)コメント

さらし姿に惡の文字
のがれられぬ世の運命(さだめ)
すすむは己のこの拳(こぶし)
けんかの道を独りゆく

田中偉登(明神弥彦役)コメント

僕は、この映画で弥彦という重要な役をやらせてもらえて本当に嬉しいです。芝居もアクションも覚えることがいっぱいで大変だけど、皆さんと最高の作品が作れるように一生懸命頑張るので、応援よろしくお願いします。
  1. 2011/09/03(土) 21:34:51 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

映画『たまたま』公式サイト
http://www.tamatama-project.com/
  1. 2011/09/02(金) 23:53:50 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『PS』(小学館)
発売日:2011年9月1日(木)
表紙 :蒼井優
http://www.pretty-style.com/magazine/index.html
http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_1761710111
・Cover Girl Fashion & Interview
蒼井 優 “ネイビー×レトロカラー”のおしゃれな関係
  1. 2011/09/01(木) 23:10:20 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

市川亀治郎&蒼井優が初共演 河原雅彦の演出で武者小路実篤の戯曲『その妹』を上演
http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2011/09/01_03.php

シス・カンパニーは12月に、「白樺派」の中心人物として知られる作家・武者小路実篤が1915年に発表した戯曲『その妹』を上演。市川亀治郎と蒼井優が初共演を果たす。

亀治郎が演じるのは、視力を失ってしまった画家・野村広次。そして、その妹・静子を蒼井が演じる。

将来を嘱望された画家でありながら、戦争で、その命とも言うべき視力を失ってしまった広次。彼は、その挫折感から立ち上がり、今度は小説を書くことで自分の才能を開花させたいと願う。そして、妹の静子は、その才能を信じて兄を献身的に支える。しかし、現実は2人を残酷に追い詰めていく……。

当時は、第一次世界大戦が勃発し、資本主義経済が、従来の階級制度に金権による新たな強権階級を生み出した時代。時代が生み出した過酷な現実に打ちのめされても、何かを求め、乗り越え、生きようとする人々の姿が描かれる。

共演には、段田安則、秋山菜津子、鈴木浩介、水野あや、内田亜希子、西尾まりと、実力派ぞろい。そして、演出を河原雅彦が手掛ける。
  1. 2011/09/01(木) 20:48:14 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優の“素”が見られる「カルビーポテトチップス」の新CMがオンエア
http://news.walkerplus.com/2011/0901/2/
http://mantan-web.jp/2011/09/01/20110831dog00m200052000c.html

日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した『フラガール』(06)をはじめ、『FLOWERS フラワーズ』(10)や『雷桜』(10)、大河ドラマ「龍馬伝」など、数々の注目作に出演する実力派女優の蒼井優さん。そんな彼女が9月5日(月)より全国オンエアとなる「カルビーポテトチップス」の新CMに出演することになった。

栃木県の真岡鉄道の車両を一両貸し切り、本当に走る電車の中で撮影されたという本CM。のどかな田園風景をバックに、友だちとおしゃべりしたり、写真を撮ったりして旅行を楽しんでいる蒼井さんの姿が温かいタッチで映し出されている。その様子はまるでプライベート旅行を楽しんでいるところにばったり遭遇したような感覚だ。

ちなみに、今回のCMには決まったセリフがほとんどなかったそうで、全てのシーンは蒼井さんの自由演技をそのまま映したものになっているという。これについて、蒼井さんは「実はほとんどのスタッフさんが、これまで何度も一緒にお仕事してきた方ばかりだったので、すごくリラックスして現場に入れたんです。撮影中はずっと笑っていた気がしますね」とコメント。また、CMの見どころについて聞くと、「このCMでは全編を通して、普段あまり見せない“素”の自分をさらけ出しています。こういう撮り方は、私にとっても初の経験だったので、CMがどんな感じに仕上がっているのか、すごく楽しみです。きっと今まで見たことのない、不思議な感覚の作品になっていると思うので、皆さん、楽しみにしてください!」と話してくれた。

「あけたら、はじまる。旅へ篇(うすしお)」と命名された新CM。蒼井さんが「自信あり!」と話すその出来栄えを、是非その目で確かめてほしい。【東京ウォーカー】
  1. 2011/09/01(木) 05:53:02 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「その妹」 11.08.31
公演サイトオープン
http://www.siscompany.com/03produce/35sonoimouto/index.htm
  1. 2011/08/31(水) 16:31:33 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

@BRUTUS_mag BRUTUS
http://twitter.com/#!/BRUTUS_mag/status/108696164165091329

【恋の、答え★明日発売】恋がなんだか盛り上がりますように。表紙、中吊りともうひとつ、蒼井優×新津保建秀の駅貼りポスター。koiweb.beams.co.jp は今日スタート。蒼井優「恋をしましょう体操」が観られます。 http://lockerz.com/s/134396531

@tskast TOSAKA
http://twitter.com/#!/tskast/status/108556609483051009

『るろうに剣心』高荷恵=蒼井優のコメント監督はじめ『龍馬伝』チームが多いので安心して現場に入っています。先日剣心の殺陣のシーンを少し見させていただいたんですが、とても素晴らしかったので、その勢いを私達も失うことなく最後まで乗り切れたらと思っています。
  1. 2011/08/31(水) 09:05:12 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優 :歌って踊る!「恋をしましょう体操」限定公開 BEAMS35周年キャンペーンサイト
http://mantan-web.jp/2011/08/31/20110830dog00m200047000c.html
http://www.tvlife.jp/news/detail.php?news_id=49875
www.youtube.com/watch?v=E8PxmQMwH2g
www.youtube.com/watch?v=V5kDTwLnPYw
www.youtube.com/watch?v=uuvC2lqM75c

女優の蒼井優さん(26)が、セレクトショップ「BEAMS」の35周年記念キャンペーン「恋をしましょう」サイトのスペシャルムービーに出演。恋愛にまつわるさまざまなシーンに合わせて楽しくポップに「恋をしましょう体操」を踊っていることが31日、明らかになった。スペシャルムービーは、同キャンペーンサイト「KOI WEB」(http://koiweb.beams.co.jp/)限定で公開中。

 3種類それぞれ3分弱の長さのスペシャルムービーは、シーンそれぞれに合わせた歌と振り付けで、蒼井さんが「恋をしましょう体操」を踊るという内容で、体操の振り付けは、男性のみの学ラン姿でダンスはもちろん、生演奏や人形劇、映像、コントなどを演じるダンスカンパニー「コンドルズ」が担当している。

 外国人の彼を両親に紹介する「異国の彼氏編」では、どこからどう見てもインド人の彼氏を家に連れてきた蒼井さんが、「恋をするのに国籍なんか関係ある?」と、インド映画のように突然体操を始め、何日もけいこしたという完璧な振りつけを披露。「恋人だらけのカフェ編」では、周りにカップルしかいないのに気づいて「ケッ」というリアクションを見せた蒼井さんが、いきなり狭いカフェで思いっきり踊る。蒼井さん自身がお気に入りだという「ひとの彼編」では、友だちの彼が好きという設定の蒼井さんが、「秘めた思いを持つのは仕方のないこと。自分の気持ちにうそをつくのがいちばんダメ」と、秘めた思いを可愛らしく爆発させる……という展開。

 「BEAMS」は、ファッションとライフスタイルにまつわるものを世界中から仕入れて提案するセレクトショップの先がけとして、76年に東京・原宿に第1号店をオープン。現在は日本と香港に100店舗を展開している。今秋からの同キャンペーンでは、35周年を記念したサイトで蒼井さんが出演する恋するムービーのほか、写真家の川島小鳥さんが撮り下ろしたフォトブック「恋をしましょう」 など、恋にまつわるさまざまなコンテンツを順次展開する。
  1. 2011/08/30(火) 23:34:06 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

感謝iris

蒼井優飾演映画『るろうに剣心』裡的高荷恵
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1313825980/145

145 :名無シネマ@上映中:2011/08/30(火) 21:52:23.85 ID:imJ7VqgX
既出かもしれないけどアニメの青田買いスレにこんな書き込みが。

493 名前: ななし製作委員会 投稿日: 2011/08/30(火) 19:28:49.45 ID:r1usXItk
http://www.manga-news.com/public/News%20jap/08%20-%20Aout%202011/1.JPG
  1. 2011/08/30(火) 21:32:53 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2011年9月1日(木)
表紙 :蒼井優
http://magazineworld.jp/brutus/716/
・恋と、蒼井優。1
・恋と、蒼井優。2
・恋と、蒼井優。3
  1. 2011/08/30(火) 19:23:35 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

映画『るろうに剣心』公式アカウント
http://twitter.com/#!/ruroken_movie
大友組(映画『るろうに剣心』の大友啓史監督の公式アカウント)
http://twitter.com/#!/TeamOTOMO
谷垣健治のアクションバカ万歳!
(映画『るろうに剣心』のアクション指導谷垣健治監督のブログ)
http://kenjitanigaki.cocolog-nifty.com/blog/
  1. 2011/08/30(火) 19:16:29 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

@BRUTUS_mag BRUTUS
http://twitter.com/#!/BRUTUS_mag/status/108416738638573568

【恋の、答え★木曜発売】表紙の蒼井優さん撮影は新津保建秀カメラ。特集内では「恋と、蒼井優。」ページの写真も。 http://lockerz.com/s/133922469
  1. 2011/08/30(火) 16:21:49 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

這次BRUTUS特集「恋の、答え。」與BEAMS 35周年キャンペーン「恋をしましょう」
兩者不曉得是不是有合作?

@BRUTUS_mag
http://twitter.com/#!/BRUTUS_mag/status/108078936080121856
http://twitter.com/#!/BRUTUS_mag/status/108079632598827010

【恋の、答え★木曜発売】恋の悩みが解決する、恋の格言カード付き。恋愛相談や、恋占いも。第716号・特集「恋の、答え。」 表紙です。 http://lockerz.com/s/133922469

  1. 2011/08/29(月) 15:59:12 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

從8月初就看到有網友寫到,
目擊大友啓史監督與綾瀬、蒼井、寺島等人去看福山雅治演唱會
同一時間,週刊朝日也寫到『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』
其他演員有江口洋介、香川照之、蒼井優
由於正式新聞都未發表
所以先別當真吧

http://blog.livedoor.jp/z2ch-007/archives/65707558.html

295 :名無シネマ@上映中2011/08/11(木) 19:31:10.62 ID:Qtcdcui/
とりあえず現時点でわかっていること

江口洋介&吉川晃司⇒幕末が舞台の撮影に参加しているので幕末に登場するキャラクター
蒼井優⇒不明
香川照之⇒不明

http://twitter.com/#!/ayaminobe/status/107821883579301888

nobu_merci77 Nobu77 (2011/08/28)
近所のお店に蒼井 優とサトウ タケルがいたけど、興味がなく帰る…
  1. 2011/08/29(月) 01:28:41 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

一直在等影片,結果快一個月了還是沒更新‧‧‧‧‧
另外昨天的「国分太一 Radio Box」,
国分太一後悔沒跟蒼井優交換電話號碼xd

「太一×ケンタロウ 男子ごはん」 2011年7月31日(日)
http://ameblo.jp/lovecherry-31/entry-10970948292.html
http://ameblo.jp/lovecherry-31/entry-10998809019.html
  1. 2011/08/27(土) 12:16:28 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

看到有網友推特寫到蒼井優在雜誌裡對於書的想法

@k_hamata 浜田健一
http://twitter.com/#!/k_hamata/status/107115985567354880

蒼井優「ああ。私も太宰だと『皮膚と心』が一番好きなんです。小泉今日子さんにも言われたことがあるんですよ。小泉さんもあの小説がすごく好きで『あなた、いつかあれをやりなさいよ』って。すごくかわいい話ですよね。」(『ダ・ヴィンチ』2010年10月号)

@k_hamata 浜田健一
http://twitter.com/#!/k_hamata/status/107115396221517824

蒼井優「現代の作家さんの本ってあんまり読んだことがなかったんです。太宰治、芥川龍之介、あとは谷崎潤一郎とか、昔の小説が好きで」(『ダ・ヴィンチ』2010年10月号)

@k_hamata 浜田健一
http://twitter.com/#!/k_hamata/status/107114169387593729

蒼井優「私が好きなのは、小説だと谷崎潤一郎さんや芥川龍之介さん、太宰治さん。後は、人からすすめられたものも読むし、興味がある人のエッセイとか哲学書とか、なんでも読むんです。」(『OZ magazine』2010年11月号)

@k_hamata 浜田健一
http://twitter.com/#!/k_hamata/status/107112108105281539

蒼井優「私は散歩しながら読むのが好き。それも、いちばん好きなのは、木の下を歩いているとき。木もれ日を浴びながら、谷崎とか芥川なんかを読むのがいいんです。太宰なんて、ものすごく木もれ日が合うと思う!」(『野性時代』2010年10月号)

  1. 2011/08/27(土) 02:21:10 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優の魅力が全開! 全編アイルランドロケによる新作『たまたま』公開
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2011/08/11198/index.html

自然で飾らない魅力で、映画・TV界で唯一無二の存在感を放つ人気女優、蒼井優。このほど、彼女自身が熱望し、アイルランドでオールロケを敢行した新感覚ムービー『たまたま』が10月15日(土)より劇場公開されることが決定した。

『リリィ・シュシュのすべて』で鮮烈な映画デビューを果たしてから今年で10年。『フラガール』や『ハチミツとクローバー』など、常に瑞々しい演技で支持を集めてきた蒼井さんだが、本作では美しいアイルランドの風景をバックにして、様々な“たまたま”から生まれる出会いと物語に身を任せるように、道をたどっていく姿が描かれる。本作で、オリジナル脚本を自ら監督したのは、蒼井優が全幅の信頼を寄せる、気鋭の女性映像クリエイター・小松真弓。これまで300本以上のCMを手がけており、「KIRIN/午後の紅茶」のCMで蒼井さんとタッグを組んでいる小松監督は、本作が長編デビュー作となる期待の映画監督のひとり。

小松監督との初の映画での競演について、「小松真弓さんは素晴らしいクリエイターとして尊敬していますし、それ以上に人として好き。人柄と作るものの間に濁りがないんです。そんな小松さんと作品を作れたらいいね、というのがこの『たまたま』がスタートしたきっかけでした」と語る蒼井さん。「アイルランドは雨が多くて撮影は大変でしたが、虹がよく出て、きれいなダブルレインボーも見ました。すごく寒かったけど、町の人たちがみんなとても温かかったのがうれしかったです。小松さんならではの素敵なファンタジーになっていると思います」と作品の出来に自信をうかがわせる。

そんな蒼井さんに対して、小松監督も絶大の信頼を寄せる。「(CMの仕事以来)ちょっとずつそばにいて、福岡で夜通し真剣に語り合ったり、わざわざ早朝から集合して朝ごはんを食べてみたり、お家を探しに行ったり。私たちはたまたま出会ったけれど、たまたまで終わりたくない何かがあるみたいだ。一緒にいると、なんか面白いことが起きそうな予感が常にある。そして、新しいことに挑戦してみようとする勇気が湧いてくる。“たまたま”はつながっていって、様々なミラクルを起こしはじめる。だから今回、蒼井優さんと“たまたま”をテーマにして創ろうと思った。『たまたま』は私たちの挑戦だった。たまたま出会えた場所。たまたま通りかかった人がたまたま共演者になる。そして、この『たまたま』に、たまたま出会う人がいる。そして、そこから何かがまた始まっていくのかな?」。

このふたりの“たまたま”の出会いから生まれた、“たまたま”の物語。「想いを伝える」蒼井さんの旅を通して、あらゆる出会いや人と人とのつながりの大切さが心に響く、優しい作品に仕上がっている。

『たまたま』は10月15日(土)より渋谷シネクイント、梅田ガーデンシネマ、センチュリーシネマにて公開。
  1. 2011/08/27(土) 01:34:30 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

@moviewalker_ce MovieWalker編集長
http://twitter.com/#!/moviewalker_ce/status/106656645681127425

蒼井優主演の最新作『たまたま』が10/15より公開されます。彼女自身が熱望して取り組んだ意欲作ということで、全編アイルランドロケ、監督は映像クリエイターの小松真弓です。たまたま、美しいアイルランドを旅する彼女が出会う、たくさんの日常。想いを伝える勇気をくれる大人の童話だそう
  1. 2011/08/25(木) 20:58:59 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

たまたま
http://eiga.com/movie/57106/

キャスト・スタッフ

キャスト: 蒼井優、森山開次
監督: 小松真弓
脚本: 小松真弓
製作: 伊藤久美子、三宅容介
エグゼクティブプロデューサー: 男全修二
プロデューサー: 高柳利恵子、棚橋裕之、大嶌諭
撮影: 長野陽一
録音: 原田亮太郎
美術: 富田麻友美
音楽: 高木正勝
音楽プロデューサー: 山田勝也
編集: 渡辺宏子

作品データ

製作国: 2011年日本映画
配給: WOWOW
上映時間: 53分
  1. 2011/08/25(木) 18:56:46 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

之前spoon提到的在愛爾蘭拍攝的ショートフィルム消息已確定,
導演為之前キリン「午後の紅茶」、「蒼井優 うそっ。」合作的小松真弓

蒼井優主演最新作『たまたま』はオールアイルランドロケ!出演を熱望したというファンタジーが劇場公開決定!
http://www.cinematoday.jp/page/N0034888

蒼井優がオールアイルランドロケに挑戦したという主演映画『たまたま』が10月15日より劇場公開される。蒼井が尊敬するクリエイター小松真弓監督の長編デビュー作でもある本作は、「たまたま」=偶然の素晴らしさを画面いっぱいに表現したファンタジーだ。

 CMの撮影で出会って以来の仲だという蒼井と小松監督が満を持してタッグを組んだ本作。蒼井は「小松真弓さんはすばらしいクリエイターとして尊敬していますし、それ以上に人として好き。人柄と作るもののあいだに濁りがないんです」と監督を絶賛しており、そのゾッコンぶりを証明するかのように、本作には自ら熱望して取り組んだというから驚きだ。

本作は、オールアイルランドロケというだけにとどまらず、既存の枠にとらわれない映像表現に取り組んだという意欲作となっているが、その一つが、作中にたまたま=偶然をあえて取り込んでいること。小松監督は本作について「たまたま出会えた場所。たまたま通りかかった人がたまたま共演者になる。そして、この『たまたま』に、たまたま出会う人がいる。そして、そこから何かがまたはじまっていくのかな?」と意図を明かしており、映像作品としての新しさを目指していることがうかがえる。

 舞台となったアイルランドについて蒼井は「雨が多くて撮影は大変でしたが、虹がよく出て、きれいなダブルレインボーもみました」と振り返ると、「すごく寒かったけど、町の人たちがみんなとても温かかったのがうれしかったです」と撮影中に触れ合った地元の人たちの印象を明かした。そうして出来上がった作品は、「小松さんならではのすてきなファンタジーになっていると思います」と蒼井も太鼓判。タイトルの通り、小松監督、そしてアイルランドとの「たまたま」の出会いから生まれた本作は、出会いや人と人とのつながりを大切にしたくなる作品に仕上がっているという。

 一方、本作で長編監督デビューとなる小松監督は、蒼井について「一緒にいると、なんか面白いことが起きそうな予感が常にある。そして、新しいことに挑戦してみようとする勇気が湧いてくる」とその不思議な魅力に引き付けられたことを明かしており、本作では、監督の心をとらえた、その蒼井の魅力がアイルランドの美しい自然を背景に、ぎゅっと凝縮されている。この人物が登場するのは脚本の通りなのか? それとも通りすがり? ……というふうに、映画の中で起こる出来事のどれが「たまたま」=偶然なのか、考えてみるのも楽しい作品になっている。(編集部・福田麗)

映画『たまたま』は10月15日よりシネクイントほかにて公開

  1. 2011/08/25(木) 17:09:19 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

補上「いけちゃんとぼく」、「FLOWERS-フラワーズ-」 中文版DVD
皆沒有附making

「いけちゃんとぼく」(再見了!我的小池)
http://shopping.pchome.com.tw/?m=item&f=exhibit&IT_NO=DNAA3U-A57317047&SR_NO=DNAA3U

「FLOWERS-フラワーズ-」 (花戀物語-新世紀佳人)
http://shopping.pchome.com.tw/?m=item&f=exhibit&IT_NO=DNAA2T-A56912951&SR_NO=DNAA3U
  1. 2011/08/25(木) 08:11:21 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

BEAMS官網還未公開那位有名女優是誰(8月31日公開),
有網友寫到那位有名女優是蒼井優?
"恋するムービー"不知道是不是spoon雜誌透露的ショートフィルム?

BEAMS 35周年キャンペーン「恋をしましょう」 | BEAMS
http://www.mif-design.com/blog/2011/08/24-165013.php
http://www.beams.co.jp/news/site/beams-35.html
http://koiweb.beams.co.jp/
  1. 2011/08/24(水) 17:16:45 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

感謝iris提供

「離婚弁護士」與「偶然にも最悪な少年」同樣的拍攝場景
http://ww2.sinaimg.cn/large/70dd92c6gw1dj1v3hn4ipj.jpg
  1. 2011/08/22(月) 20:28:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

抱歉,之前未注意到

2011.8.8
特集・『リリイ・シュシュのすべて』10周年記念news
special interview
蒼井優
http://iwaiff.com/vol4/jp/article/article_110801_lily_sp1_intro.html

『リリイ・シュシュのすべて』の津田詩織役が、映画初出演であり、
その繊細で、はかなげな存在感が印象的だった蒼井優さん。
いまや映画界に欠かすことのできない存在の蒼井さんですが、
『リリイ』の撮影中は、女優を続けていくことになるとは考えていなかったそう。
あれから10年がたち、自分の根源が『リリイ・シュシュのすべて』にあることが
心強い、と語る表情に、女優としての迷いは残されていないように感じられました。
会長の新作『ヴァンパイア』にも出演されている蒼井さんに、
当時の思い出や、岩井監督との不思議な縁について語っていただきました。
(佐藤理都)
  1. 2011/08/20(土) 21:47:06 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

今天的新聞有寫到新消息
﹝因為是緋聞消息,所以不附上新聞連結﹞
原以為之前去歐洲,是去看CHANEL時裝展,沒想到是去拍攝新作
http://www.number7.jp/board/form11.cgi?action=res&resno=5076&id=aoitime
目前已知而尚未正式新聞報導的新作有
1.舞台劇﹝已確定12月演出﹞
2.蒼井優さん、小泉今日子さん、森山未來さん、久世さん﹝尚未確定﹞
3.蒼井は出演作の撮影のため、6月から数週間、欧州に滞在した。 ﹝尚未確定﹞

  1. 2011/08/20(土) 21:11:20 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優26歲生日快樂!
  1. 2011/08/17(水) 18:59:56 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

這期『GINZA』攝影師是蒼井很喜歡的上田義彦さん
似乎是第一次跟上田義彦さん合作?

http://twitter.com/#!/GINZA_magazine/status/101781719719481345

蒼井優が着るミニマルな「赤」。ソニアパークがスタイリング、ヘアメイクは加茂克也、写真は上田義彦さん。言うまでもなく、素敵なページになっています。



  1. 2011/08/12(金) 09:38:46 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『GINZA』(マガジンハウス)
発売日:2010年8月11日(木)
http://magazineworld.jp/ginza/171/
・ソニア パーク PRESENTS
蒼井優が着るミニマルな「赤」
  1. 2011/08/11(木) 12:21:36 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

原以為舞台劇演出會是以兩年一次的頻率(2007、2009、2011)
沒料到舞台劇比電影消息先出來,
正常來說,舞台劇前後會有電影上映(2007年『クワイエットルームにようこそ』、2009年『いけちゃんとぼく』、2011『洋菓子店コアンドル』)
所以預測今年底或明年初會有電影上映吧?

「その妹」上演・出演決定!!!
http://www.kamejiro.info/news/
http://twitter.com/#!/highlegtower/status/101148475470786561
http://www.siscompany.com/03produce/35sonoimouto/index.htm

12月 シアタートラム 一般前売開始:10月中旬

作:武者小路実篤 演出:河原雅彦

出演:☆市川亀治郎、蒼井優、秋山菜津子、鈴木浩介、水野あや、内田亜希子、
西尾まり、段田安則

8月下旬 公演サイトオープン予定
  1. 2011/08/11(木) 10:52:34 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『ps』(小学館)
発売日:2011年8月1日(月)
http://www.pretty-style.com/
http://news.ameba.jp/20110801-120/
・”おしゃれ””自分磨き””LOVE”自分史上最高の8月にする10の方法

蒼井優、多部未華子、Perfumeらおしゃれ有名人が夏のプランを公開するほか、イベントをもっと楽しむなりきりコーデ、見違えメイクテクニック、満足度100%デートコースに至るまでを徹底網羅。暑い夏を思い切り楽しみたいなら「PS」9月号をチェックしよう。
  1. 2011/08/02(火) 17:33:14 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

TSUBAKI新CM釋出

仲間由紀恵、広末涼子、竹内結子が『TSUBAKI』CMで再競演
http://beauty.oricon.co.jp/news/2000291/full/
  1. 2011/07/31(日) 10:19:02 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『MORE』(集英社)
発売日:2011.07.28
http://www.s-woman.net/more/
・〈新連載〉蒼井 優「8740」
  1. 2011/07/29(金) 11:17:25 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

太一xケンタロウ 男子ごはん 「初女性ゲスト蒼井優が登場!」
2011年7月31日(日) 11時25分~11時55分
http://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=893&a=24

初の女性ゲスト蒼井優が登場!さっぱりとした「スズキのソテー」を召し上がれ。さらに絶品かき氷を本人自ら作ってくれます!蒼井特製のかき氷のポイントとは?
  1. 2011/07/26(火) 10:01:23 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

テレビ東京「太一×ケンタロウ 男子ごはん」
O.A 7/31(日)午前11時25分~放送
http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/

次回のメニューは

スズキのソテー
クレソンサラダのっけ

ゲスト:蒼井優

  1. 2011/07/24(日) 13:01:41 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『BRUTUS特別編集スタジオジブリ』みんな大好きスタジオジブリ。作品紹介・蒼井優さんらが語る"私×GHIBLI"等々。
http://twitter.com/#!/futaba_plusOIOI/status/92918238811394048
http://magazineworld.jp/books/all/?gosu=8658
  1. 2011/07/18(月) 23:36:51 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

Casa BRUTUS連載の「蒼井優・春夏秋冬かき氷」
書籍化,「今日もかき氷 蒼井優」7月21日発売

その千日のかき氷、Casa BRUTUSの【やっぱり、動物と暮らしたい!】でも見れますが、本になっちやいました。【今日もかき氷 蒼井優】7月21日発売。食べたい欲求さく裂です。
http://twitter.com/#!/CasaBRUTUS/status/92874036127870976
  1. 2011/07/18(月) 23:22:48 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

抱歉,做個更正

雑誌:『MORE』(集英社)
発売日:2011.06.29
表紙 :蒼井優
http://www.s-woman.net/more/
・蒼井 優 25歳の夏時間
・〈新連載〉蒼井 優「8740」
  1. 2011/07/15(金) 19:10:43 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2010年7月8日(金)
http://magazineworld.jp/casabrutus/137/
・めんそーれ! OKINAWA
蒼井優の春夏秋冬かき氷
沖縄スペシャル● かき氷天国の沖縄にやってきました。那覇、糸満、名護、読谷を巡る納涼トリップ。
・蒼井優の春夏秋冬、かき氷
番外編 沖縄〈千日〉のエピソード。
  1. 2011/07/12(火) 10:56:33 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

岩井俊二映画祭vol4 7月8月号
特集・『リリイ・シュシュのすべて』10周年記念
special interview 蒼井優 (近期會開放付費觀看?)
http://iwaiff.com/vol4/jp/index.html
  1. 2011/07/09(土) 11:26:52 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

午後の紅茶「パンジェンシープロジェクト」
キャンペーンサイトでは、
専門家や女優 蒼井優のコメントを見ることができます。
http://pungency.jp/
  1. 2011/07/09(土) 10:49:32 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

MORE連載「8740」
野田秀樹(5月号)→宮森隆行(6月号)→岩井俊二(7月号)→タナダユキ(8月号)

雑誌:『MORE』(集英社)
発売日:2011.06.29
表紙 :蒼井優
http://www.s-woman.net/more/
・〈新連載〉蒼井 優「8740」

蒼井優 大きな影響を与えたあの人との出会い!
http://www.s-woman.net/news/magazinenews/detail_1000005771.html

今年の夏に26歳の誕生日を迎える女優の蒼井優さん。いよいよ20代後半に突入するが、「大人になった実感はない」と語る彼女。年齢を重ねてよかったとしみじみ思うことは『出会い』だそうだ。

「少し前までは、人見知り……激しかったです。心を開けなかったし、せっかく素敵だなと思う人に出会っても連絡先も聞けなかった。相手に迷惑じゃないかとか、何かしら面倒なことになるんじゃないかというおそれがあって。でも、それは社会人として甘えているし、もったいないなと。人との出会いやコミュニケーションは、自分を成長させてくれる財産だと思うし。(中略)惹かれる人がいたら、自分から素直に近づいてみようと思うようになりました」

なかでも蒼井さんが「特に大きい」と語るのが、女優業の大先輩・小泉今日子さんとの出会い。2年前に舞台で共演を果たして以来、小泉さんとは自宅を行き来するほどの仲なのだとか。その親密さを物語るエピソードを彼女はこう語る。

「実は普段は『今日子』って呼んでいるんです(笑)。大先輩なのに、そう呼ばせてくれる大きさがある人なんですよね。来る者は拒まず、去る者は追わず。オープンで温かくて、尊敬しています。今日子さんと一緒にいて、彼女の友達とも過ごすようになって、ああ、もっと人を信用していいんだと思えた。私もだんだん自分のまま、素直に人づきあいできるようになっていた気がする」

もともとピュアなイメージの強い彼女が、プライベートでも素直に振る舞えるようになった。今後、益々の活躍を期待したい!

【『MORE』2011年8月号(6月29日発売)『蒼井優 25歳の夏時間』より】
  1. 2011/07/09(土) 10:45:22 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

7月5號到法國看CHANEL11/12年秋冬オートクチュールコレクション
'Japanese celebrities' (Kiko Mizuhara, Yu Aoi, Ringo Sheena, Ken Hirai, Hiroshi Tamaki, Junya Ishigami).
http://blog.madamefigaro.jp/figaro_japon/76.html
http://fashion.telegraph.co.uk/columns/belinda-white/TMG8618065/Want-to-be-a-Chanel-Ambassadress-Its-more-complicated-than-you-might-think.html
http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2811389/7467910?pageID=2
  1. 2011/07/09(土) 10:22:32 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

TSUBAKI :新CMは仲間由紀恵、蒼井優、鈴木京香が単独出演
http://mantan-web.jp/2011/06/30/20110629dog00m200052000c.html
http://beauty.oricon.co.jp/news/89368/full/

多数の美女を起用したCMで知られる資生堂のヘアケアブランド「TSUBAKI(ツバキ)」が商品リニューアルに伴い、CMも一新される。同ブランドイメージキャラクターとしておなじみの仲間由紀恵さん、蒼井優さん、鈴木京香さんを起用し、それぞれ単独で出演する3本のCMが7月1日から放送される。

 仲間さんは同ブランドが誕生した06年から、蒼井さんは07年から、鈴木さんは08年からそれぞれイメージキャラクターを務めている。新CM「登場」編は、新たに商品の成分として採用された「厳選 椿オイル」の原産地である長崎・五島列島の風景や椿の花、椿オイルの精製過程などの映像を背景に、仲間さんらが登場し、ナレーションを読み上げる。

 リニューアルした「TSUBAKI」は、「艶を極める、赤のシャイニング」「浸透補修、白のダメージケア」「地肌ケア、金のヘッドスパ」の3ライン(全9品目 、22品種)を6月中旬から発売している。
  1. 2011/07/09(土) 09:49:39 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「春夏秋冬、かき氷」
http://tinyurl.com/3ss7lj7 (amazon)
発売日: 2011/7/28
内容紹介
Casa BRUTUS連載の「蒼井優・春夏秋冬かき氷」がカーサブックスの第1弾として書籍になりました。かき氷家元の蒼井優さんの熱い思いがこもった、涼しい夏の一冊です。東京、京都、名古屋、沖繩、長瀞、岐阜、台湾…、蒼井優さんセレクトのかき氷の名店が32軒に加えて、沖繩&台湾へのかき氷トリップ、秩父長瀞での天然氷の切り出し、湘南の埜庵で氷かき指南など東西南北、春夏秋冬、かき氷にまつわる完全案内が完成しました。 もちろんすべて、蒼井優さん実食済です。 この夏は、かき氷で暑気払いです!
  1. 2011/07/09(土) 09:44:36 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

7月號的GINZA,
4月初蒼井優與犬塚朋子與山村小姐前往印度

http://twitter.com/#!/GINZAmag_fan/status/84818811613749248
http://twitter.com/#!/itslynne (山村さんのtwitter)
(P56-)蒼井優ちゃんとフェルメリスト ビームス犬塚さんのインド旅。同行したBEAMSプレス山村さんのブログにマニッシュ・アローラのアトリエの様子が。
  1. 2011/06/26(日) 13:04:35 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『洋菓子店コアンドル: Blu-ray』 『洋菓子店コアンドル: DVD』
発売日 : 2011年09月21日
http://www.hmv.co.jp/news/article/1106220081/?utm_medium=rss&utm_source=raa000000c0

【初回生産限定】 スイーツ・ギフト・ケース仕様 ※限定版終了後、通常仕様

【封入特典】 洋菓子店コアンドルのミニ・スイーツレシピブック

【特典映像】メイキング・オブ・洋菓子店コアンドル/劇場予告編

※すべて、DVDとBlu-ray共通
  1. 2011/06/24(金) 11:51:08 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

TSUBAKI網頁更新,7/1 新cm On Air
天然の厳選椿オイルを配合しました
ナレーション 蒼井優
http://www.shiseido.co.jp/tsubaki/tsubakioil/
http://www.shiseido.co.jp/tsubaki/index.html
http://mainichi.jp/select/biz/bizbuz/news/20110621dog00m020048000c.html
  1. 2011/06/23(木) 19:10:35 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

之前目擊是WOWOW的情報,但是這次是寫映画?
演員有蒼井優さん、小泉今日子さん、森山未來さん、久世さん(久世星佳?)
原作は旬の作家さんで、監督は大御所、豪華なキャスト陣。
蒼井優終於和他喜歡的小泉今日子合演電影了xd
若依據目前2ch新作映画キャスティング予想スレ
可能是青山真治監督「退廃姉妹」島田雅彦氏原作の同名人気小説嗎?
http://ameblo.jp/yokakusa-misagons/entry-10896897021.html
http://ameblo.jp/yokakusa-misagons/day-20110615.html
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/movie/1298339964/185
  1. 2011/06/22(水) 23:50:53 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

感謝日本fans揭示板的消息

別冊spoonより ..るぅ (Vol.1/2回)
http://www.number7.jp/board/form11.cgi?action=res&resno=5056&id=aoitime

1.優ちゃんの大好きな、かき氷の本が今年出るそうです☆
  その為の取材で沖縄・京都・岐阜・名古屋などに行かれるとのこと。

2.ショートフィルムでDVD作品を作られるそうです☆
  アイルランドで撮影されるみたいです。

3.蒼井ZINEという本を20代のうちに作りたいそうです☆
  ZINEとは??と、思ったのですが、おそらく
  MAGAZINEのZINEかな。と、思いました。
  ポップアップ絵本『うそっ。』のように、みんなで作りたいそうです。

  1. 2011/06/21(火) 19:32:23 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

キリン 午後の紅茶
「紅茶で笑顔を。」篇 30s
http://www.youtube.com/watch?v=fXgUSqjN34Q
  1. 2011/06/20(月) 18:35:57 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

キリン 午後の紅茶

「紅茶で笑顔を。」篇(斯里蘭卡攝影?)
http://www.beverage.co.jp/product/cm/gogo/index4.html

スリランカの茶畑で紅茶葉を摘んでいる「そだてたひと」。摘んだ茶葉を日本へと運ぶ「はこんだひと」。その茶葉から、午後の紅茶をつくる「いれたひと」。笑顔と歌がつながってできあがった午後の紅茶は蒼井さんの手に。「あなたが笑顔になりますように!」午後の紅茶の気持ちを、蒼井さんが力強く気持ちをこめてお伝えします。
  1. 2011/06/18(土) 09:04:11 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

連載兩年的「春夏秋冬、かき氷」要出書了
預定7月發行

蒼井優「春夏秋冬かき氷」
http://www.bk1.jp/product/03428060
  1. 2011/06/17(金) 08:40:28 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

WOWOW的新企劃?

撮影してたー
蒼井優と森山未來いた
http://ameblo.jp/ing47/entry-10920291464.html
http://ameblo.jp/nana7pinkitty/entry-10920104137.html
http://ameblo.jp/ayumihamasaki-0426/entry-10920088983.html
  1. 2011/06/11(土) 19:34:28 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

似乎印度旅遊篇幅蠻大的,接近30頁?

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2010年6月10日(金)
http://magazineworld.jp/casabrutus/136/
・蒼井優の春夏秋冬、かき氷
第18回 アロハテーブル・代官山フォレスト

雑誌:『GINZA』(マガジンハウス)
発売日:2010年6月10日(金)
http://magazineworld.jp/ginza/169/
・蒼井優 in INDIA
原色があふれる、エキゾチック・インドに恋して
  1. 2011/06/10(金) 08:18:56 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

我跟iris都猜測,最近空窗期應該差不多要結束了吧
他在「ボクらの時代」裡提到三年滿檔
原本的「東京家族」因地震延期
八卦是講後來這段檔期是拍攝寫真集
目前確定的新消息是spoon會發“蒼井ジン”
而8月號MORE是表紙,應該是會有新動態才對?
不曉得是不是spoon那個消息,但願是新戲拍攝

ps:
岩井俊二將出席上海電影節《吸血鬼》見面會
http://weibo.com/1695640717/eBzu1gCpEVj
某人會不會跟上次一樣,
「日曜邦画劇場」500回記念スペシャル『リリイ・シュシュのすべて』
給大家個驚喜呢xd


  1. 2011/06/08(水) 00:00:26 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:講談社「GLAMOROUS」7月号
発売日:2011.06.07
http://gla.tv/magazine/
・〈グラマラス初登場!! 夏は“大人のゆかた”ではじまる〉蒼井優「雨上がりの夏に……」
  1. 2011/06/07(火) 22:10:30 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優在「別冊spoon.」 裡推薦
Miranda July著的『No one belongs here more than you』
台灣有翻譯本,中譯為『非你莫屬』
http://www.books.com.tw/exep/prod/booksfile.php?item=0010444586

http://twitter.com/#!/TinyRoot/status/75600952270405632
『別冊spoon.』特集「ツイッター読書会」で蒼井優さんのイチオシは、ミランダ・ジュライ著、岸本佐知子訳『いちばんここに似合う人』となっております。
  1. 2011/06/01(水) 01:48:25 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『MORE』(集英社)
発売日:2011.05.28
http://www.s-woman.net/more/
・〈新連載〉蒼井 優「8740」
  1. 2011/05/28(土) 17:21:32 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

カルビー 新桌布
http://www.calbee.co.jp/chips/download/index.html
  1. 2011/05/27(金) 00:31:56 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

株式会社プレビジョン「別冊spoon」
発売日:2011年5月31日発売(火)
表紙 :蒼井優
http://d.hatena.ne.jp/macc3131/
http://spoon.blogzine.jp/spoon/2011/05/spoon531_79b4.html

●蒼井優@6次元 10ページ!
自他共に認める蒼井優さんを6次元にて「ひとり読書会」というコンセプトで木寺紀雄さんが撮り下ろし!
現在密かに制作中という“蒼井ジン”について、今夏刊行予定の”かき氷本”など気になる今後の蒼井本
についても語ってもらいました。
  1. 2011/05/24(火) 20:15:46 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

NODA・MAP「南へ」 WOWOWで7/8に放送です。
http://www.wowow.co.jp/pg/release/001401/index.php
  1. 2011/05/24(火) 01:45:36 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

5月中旬似乎在会場上被人目擊,購入上田義彦的作品〈跟預想的一樣xd〉
東日本大震災復興支援プロジェクト「写真家による作品のチャリティ販売」
http://ameblo.jp/haru-npasu/entry-10897619508.html
http://twitter.com/#!/kazuki420/status/69277330538897408
http://yoichi-portfolioreview.blogspot.com/2011/05/blog-post_16.html
http://caps.vc/
  1. 2011/05/24(火) 00:35:17 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

感謝日本網友report

日本映画チャンネル「日曜邦画劇場」500回記念スペシャル
本編後にはスペシャルゲスト、蒼井優も加わり「リリイ・シュシュ~」の撮影秘話について語ります。
http://ameblo.jp/setu-777/entry-10886892491.html
http://ameblo.jp/setu-777/entry-10887915843.html
http://ameblo.jp/setu-777/entry-10891524966.html
http://ameblo.jp/setu-777/entry-10891642518.html
  1. 2011/05/22(日) 22:39:56 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

妻夫木聡と蒼井優が映画の撮影でここに来てたんだって!!
http://ameblo.jp/yui-happyeverydays/entry-10893319650.html
  1. 2011/05/16(月) 17:36:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優官網稍微改版
logo圖加入“Sun Sand Sound”的圖
(ジャーナル スタンダードのスペシャルコラボ企画)
http://www.itoh-c.com/aoi/
  1. 2011/05/13(金) 08:49:08 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2010年5月10日(火)
http://magazineworld.jp/casabrutus/135/
・蒼井優の春夏秋冬、かき氷
第18回 名古屋 ささやなぎ
  1. 2011/05/11(水) 08:33:13 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

在日本fans揭示板看到的blog
真的很不錯呢,馬上加入我的最愛xd
http://www.number7.jp/board/form11.cgi?action=res&resno=5046&id=aoitime
  1. 2011/05/10(火) 08:37:31 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

キリン 午後の紅茶

「スマートブレイク」篇(3月底、四月初攝影)
http://www.beverage.co.jp/product/cm/gogo/index3.html
http://gogo-hotel.jp/es/

「スマート」なくつろぎの時間を提供するエスプレッソティーの魅力を、スマートな人々が集まるスマートなホテルでのブレイクに例えて表現。これからの「スマートブレイク飲料」としてご提案します。
  1. 2011/05/07(土) 18:30:13 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優のお宝写真
蒼井優うちのバレエ教室だったんだよ
http://ameblo.jp/mugi-0712/entry-10868180692.html
  1. 2011/05/01(日) 12:01:01 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優×岩井俊二×軽部真一が語る『リリイ・シュシュのすべて』
http://www.cinra.net/interview/2011/04/29/000000.php?page=1

蒼井優さんに引っぱられて、ストーリーを変更しました(岩井)

軽部:公開から10年ということになる『リリイ・シュシュのすべて』ですが、観るのは久しぶりですか?

岩井:そうですね。久しぶりに観ると「これだけ多くの人が支えてくれてたんだ」と実感し、ちょっと涙ぐみそうになりました。

軽部:まずキャストが素晴らしいですよね。市原隼人くん、忍成修吾くん、そして蒼井優さん、伊藤歩さんにしても、みんなとても若かったけれど本当に素晴らしい。今日は『日曜邦画劇場』500回記念初の公開収録ということで、スペシャルゲストにもお越ししいただいております。蒼井優さん、どうぞ~。

(盛大な拍手の中、はにかみながら花束を持って蒼井優が登場)

蒼井:500回おめでとうございます!

軽部:どうもありがとうございます。甦った津田詩織(映画での役名)ちゃんがここに、という感じですけれども、撮影当時のことは覚えていますか?

蒼井:オーディションに毎回落ちている頃だったので、今回もどうせ落ちるだろうなと思って受けたら合格し、本当に映画界ってよく分からない世界だなと感じていたのを覚えています。

軽部:蒼井優さんをキャスティングした決め手はなんだったのでしょう?

岩井:原作の津田詩織とは雰囲気がちょっと違ったんですけど、なぜかとても心に残ったんですよね。伊藤歩さんが演じた久野陽子という役柄にしても、彼女の演技を見ているうちに「むしろストーリーのほうを変えようかな」と思いました。役者にストーリーが引っぱられたんですね。

軽部:つまり久野陽子は伊藤歩さん風になっていき、津田詩織は蒼井優さんっぽくなっていったと。

岩井:そうですね。原作では、死んじゃうのは久野陽子のほうだったんですが、伊藤歩が演じる久野陽子は死んでいくんじゃなく、強く生きようとするイメージが強くて。逆に津田詩織は、どう踏みつぶしても死なないような役柄だったんですが、あの時の蒼井優さんはなんか正体の知れない子だったんですよ(笑)。こういう子のほうが突発的になんかしそうだな、みたいな感じがあってストーリーを変えました。

軽部:以前、監督にインタビューさせていただいた時に、当時の蒼井優さんに「どんな女優になりたいの?」って聞いた際に、「ちょっとした思い出作りですよ~」って言ったというエピソードを伺いましたが(笑)。

蒼井:なんとなく覚えていますけど、本当にそう思っていたんです。何百回と受けたオーディションの中で、いろんな個性に出会ったんですね。すごく背が高いとか、すごく太っているとか、すごくかわいいとか、みんなどこかに当てはまる人たちばかりがいて。その中で私はどこにも当てはまらないな、と。将来どういう女優になりたいだとか、『リリイ・シュシュのすべて』の後の人生を映画界の中で考えようとすること自体が、すごく恥ずかしいことだと思っていたんです。

多くの俳優が巣立った作品

軽部:『リリイ・シュシュのすべて』は、蒼井優さんのその後を決定づけたのはもちろん、スターをたくさん輩出していますよね。14歳の市原隼人さんは映画初出演で、忍成修吾さんは19才、蒼井優さんは当時15才でした。

蒼井:はい。

軽部:まさに等身大で津田詩織を演じていたと思いますが、大変なこともたくさんあったんじゃないですか?

蒼井:大人の方に囲まれることがそれまで無かったので、すごく面白かったですね。ただ、私と市原くん以外のみんなは「お芝居って面白いね」なんていう話をしていたんですが、私と市原くんはそれがまったく分からなくて。みんなのテンションにあんまり付いて行けてないのは「まずいんだろうなぁ」と思いつつ、「でもお芝居ってよく分からない」と思いながら演じていました。

軽部:川の中に入って行くシーンとか、大変だなって思ったりは?

岩井:すごく汚れてて臭い川だったよね。

蒼井:はい(笑)。

軽部:津田詩織の洋服が汚れていましたが、あの川の汚さがそのまんま出てるんですね。観客として観ているぶんには、本当にきれいなシーンでしたが。痛みも伴うシーンなんだけど、2時間27分という長い作品の中でも特に好きなシーンですね。一瞬スローモーションになって、それからもう一度普通の速度になるっていう。本当にいいシーンですよね。

岩井:ありがとうございます(笑)。

軽部:蒼井優さんはどのシーンが好きですか?

蒼井:合唱をするシーンが好きですね。難しい曲だったので、すごく練習しましたから。

映画で使われていた携帯…じつは私物なんです(蒼井)

軽部:鉄塔に携帯電話が引っかかったままの状態で亡くなっているという、津田詩織の死の場面は非常に鮮烈でした。じつは蒼井優さん、あの携帯電話は?

蒼井:私のです。あのジャラジャラしたストラップも含めて…。

軽部:携帯電話の本体が見えないくらい付いてますよね(笑)。

蒼井:ずっとしゃべってると肩凝りました(笑)。ちょうどみんなが携帯電話を持ち始めた時期で、もらったストラップを全部付けていたら10個くらいになってしまい、友達からは「優はストラップが好きなんだ」と勘違いされてますますもらっちゃって(笑)。

軽部:でも、津田詩織を象徴している小道具になりましたよね。

岩井:そうですね。あのシーンでは、太陽の光がスポットライトみたいに当たっていた、不思議な携帯でしたね。

軽部:岩井監督が一番思い出に残っているシーンはどこですか?

岩井:伊藤歩さんが丸坊主で教室に入って来るシーンですね。僕は外でモニターを見ていたんですけど、カットをかけたとたんに歓声が上がったんですよね。初めて丸坊主の伊藤歩さんを見たみんなが号泣しているんですよ。いじめっ子の役をやっている松田一沙さんが「もうこんな映画いやだ~」とか言ってわんわん泣いてしまって大変でした。蒼井優さんももらい泣きしていたんですが、それを見た僕は「カメラ回せ!」とスタッフに言って泣き顔を撮影したんですよ。本当に極悪人ですよね(笑)。

軽部:絶対、天国には行けないような気がしますね…(笑)。

岩井:行けないと思いますよ(笑)。

軽部:そして「リリイ・シュシュ」を演じたSalyuさんは、いまや有名な歌手になりました。そういう意味で、本当にこの映画が育てた才能は多いです。

岩井:才能の原石たちと巡り合うことができて、本当に幸運でしたね。

軽部:監督にとって、『リリイ・シュシュのすべて』はどんな作品ですか?

岩井:1人で作れるレベルではなかったな、ということを一番感じます。たくさんの人が参加してくれて「リリイ・シュシュ」というアーティストを作り上げてくれたし、そこからインスパイアされて僕も物語を作れている、という循環が生まれていました。俳優たちもほとんどアマチュアな子たちでしたけど、彼らが持っているパワーとかポテンシャルが僕に返ってきて、それにまた僕がレスポンスする、という感じでしたね。

最新作『ヴァンパイア』はヘンな映画!?

軽部:蒼井優さんにとって『リリイ・シュシュのすべて』はどういう作品なんでしょうか?

蒼井:いい思い出であり、誇りですね。役者って、常に「何が良くて、何が良くないのか」なんていう葛藤をしながら仕事をしていると思うんですけど、そのスタートになったのがこの作品でした。

軽部:悩んだりすると思い出す、蒼井さんの原点となった作品なんですね。その蒼井優さんは、その後『花とアリス』、プロデュース作品の『虹の女神』と岩井作品に立て続けに出演されているわけですが、最新作『ヴァンパイア』にも出演されていますね。これはタイトル通り、吸血鬼が主人公となった映画なんでしょうか?

岩井:ちょっと違うんです。血を飲んだりするのが好きな吸血鬼のような男と、自殺を考えている女の子の話なんですが、すごくヘンな内容だよね。

蒼井:ヘンな内容ですね(笑)。

軽部:蒼井優さんはどういう役なんですか?

蒼井:主人公の「自称吸血鬼」は学校の先生なんですが、そこへ留学生として通っている女の子の役です。自分の居場所を見つけられなくて、でも誰かに頼りたいという女の子ですね。

軽部:全編英語で撮られていますが、相当練習したんですか?

蒼井:そうなんです。でも、しっかり練習してからカナダに入ってみたら、留学生に見えないから「アイ・ワナ」じゃなくて「アイ・ウォント・トゥ」にしてくださいって指示されたり、結局あんまり練習した意味がなかったんです(笑)。

軽部:岩井監督の作品ですから、観客の感情に訴えかけるような、情感のあるストーリーなんでしょうか?

岩井:そうですね…相当ヘンで、登場人物はみんなピュアで、なんか憎めないところがありますね。自殺という、ちょっと重たいテーマが真ん中にありつつ、彼らにしか分からない信頼関係が築かれているような映画です。

軽部:個人的には、また『リリイ・シュシュのすべて』のような日本が舞台で、日本の俳優さんたちを起用した作品を撮っていただきたいと思っていますが、いかがでしょうか。

岩井:ええ、考えていますよ。「日本で撮りたいなぁ」とは常に思っていますので、完成したらぜひご覧ください。

軽部:日本の風景をもっとも美しく撮られる監督だと思っているので、ぜひお待ちしたいと思います。そして蒼井優さん、ますます頑張ってくださいね。

蒼井:ありがとうございます。10年後も観ていただけるような作品を、これからも作っていきたいなと思っています。

蒼井優の魅力を「器用ではないけれど、いろんな個性を持っている女優」と評する岩井俊二監督。トークイベント後の取材では、「震災以降、今の日本を撮りたいという思いをさらに強めている。自分自身がさらに殻を脱ぎ、既製品ではないような作品を作らなければ、観客の期待に応えられない気がする」という頼もしい言葉を聴くことができた。
  1. 2011/04/29(金) 23:40:48 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

JOURNAL STANDARD 2011 Spring/Summer Collection(宝島社)
発売日:2011.04.25
http://journal-standard.jp/news_events/js_news20110422_6.html
http://tkj.jp/book?cd=12565601
・蒼井優×ジャーナル スタンダードのスペシャルコラボ企画
“Sun Sand Sound”

雑誌:『MORE』(集英社)
発売日:2011.04.28
http://www.s-woman.net/more/
・〈新連載〉蒼井 優「8740」

  1. 2011/04/27(水) 13:52:15 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優×JOURNAL STANDARD スペシャルコラボレーションプロジェクト 第2弾
http://www.baycrews.co.jp/feature/sunsandsound2/
http://www.baycrews.co.jp/feature/sunsandsound2/interview.html
  1. 2011/04/27(水) 13:41:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

【詳報版】岩井俊二監督と蒼井優が、10年ぶりにあの作品の秘話を語る!
http://cinema.pia.co.jp/news/0/42528/

CS局、日本映画専門チャンネルの「日曜邦画劇場」が放送開始から10年、放送回数500回を迎え、4月17日に岩井俊二監督、女優・蒼井優を迎えての公開収録イベントが行われた。岩井監督の代表作で、蒼井のデビュー作でもある『リリイ・シュシュのすべて』も上映され、岩井監督はほぼ10年ぶりに観客と一緒にスクリーンで同作を鑑賞。当時を振り返るトークショーも開催された。

久々に自作を鑑賞して「当時の印象とはいろんな意味で違う」と岩井監督。「作っている間は、僕は責務としていい作品をつくることだけにフォーカスしていればよかったけれど、今回、改めてたくさんの人たちが関わってくれたことを思い出した。極めつけはコンサートホール前のシーンで、参加してくれた1000人ほどのエキストラとのセッションのようだった。こんなに多くの人が作品を支えてくださったことがありがたい」と感慨を語った。

蒼井優が注目を浴びるきっかけとなり、蒼井本人も「今の仕事がここから始まったと思うと心強い、いい思い出であり誇りです」と胸を張るが、監督は当時の蒼井のことを「役にぴったり合ってるわけじゃなかった」と仰天告白。「オーディションで何か心に残った感じで起用したけれど、正体が知れないし、言ってることもよくわかんない。そこで(蒼井のキャラクターに合わせて)お話の方を変えちゃった。あんなに大きな変更は、映画を作るようになって初めてのことでしたね」と明かした。

蒼井以外にも市原隼人、忍成修吾など現在も大活躍中の若手俳優らを輩出した『リリイ・シュシュ…』。「幸運なめぐり合わせで原石がそろった作品」と監督が喜びを述べる一方、市原と忍成からは会場にビデオメッセージを寄せられ、それぞれに「自分のホーム、大事なファミリーのような想い」「人生で一番大事な作品」とコメント。監督は当時の市原について「彼は自分が撮影現場にいる理由すらわかってなくて、その雰囲気がすごく良かった。自分が説明しているときでも横にいるカエルを見ていて、話し終わるとカエルみたいに跳ねながら、そのカエルを追っかけていった」と自由極まりない天然エピソードを披露。蒼井も「演技に熱心な子たちが大勢いる中で、私と市原くんだけはお芝居ってことがよくわからずにいましたね」と笑って付け加えた。

『リリイ・シュシュ…』では蒼井が演じた津田詩織がジャラジャラと大量にストラップをぶら下げた携帯電話を持っているが、それが蒼井の私物だったという裏話も。「みんなが携帯を持ち始めた時代で、お土産とかでもらったストラップを全部付けていたら、周りからすっかりストラップ好きだと思われてしまって。重くてずっと喋ってると肩がこるんですよ」と蒼井。監督も蒼井の存在感タップリの携帯を見て「度肝を抜かれた」とのことで、津田詩織の小道具として即採用。「詩織の最後のシーンでは携帯が電線に引っ掛かっているんですが、ちょうどそこに太陽が当たってスポットライトまで浴びている。まるで小道具が演技をしているようでした」とのこと。ちなみに蒼井は今ではストラップをひとつも付けていないとか。

ここ数年は活動の拠点をロサンゼルスに移している監督だが、『リリイ・シュシュ…』以降10年間の映画界の変化は身を持って感じているという。「『リリイ・シュシュ…』でも扱っていますが、ネットとかいろんなものが出てきて、作り手と観客の位置関係もすっかり変わった。映画も型どおりに作ってはいられない。自分から殻を脱いで、新しいものを作っていかないと」と創作への想いを語った。

そんな岩井監督の最新作はアメリカとカナダの合作で、全編英語で撮り上げた初の長編映画となる『ヴァンパイア(原題)』。女性を描くことに定評のある岩井監督らしく、史上最年少でアカデミー主演女優賞にノミネート経験のあるケイシャ・キャッスル=ヒューズ、レイチェル・リー・クック、カナダのクリスティン・クルックなど主演級の女優陣がズラリ。唯一の日本人キャストとして蒼井優も参加している。岩井監督作は3本目になる蒼井が「(監督の)ヘンさに拍車がかかりましたね」と笑う一方で、監督自身は「海外の映画祭では衝撃的なシーンに具合が悪くなる人がいたり、若干賛否があります」と告白しつつも、全体的な作品の出来栄えには自信を覗かせていた。

東日本大地震で監督の出身地ある仙台が被災したことについては「一瞬はものづくりどころじゃないと思った」と言いながらも、「自分が青春時代を過ごしたあの場所でまた若い子たちが同じように青春を送るんだと思うと、“今の日本”を撮りたいという気持ちがより強まっている」と日本での新作製作への意欲を語ってくれた。
  1. 2011/04/25(月) 19:41:09 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優×JOURNAL STANDARD スペシャルコラボレーションプロジェクト 第2弾スタート!
http://journal-standard.jp/news_events/js_news20110422_5.html

女優の蒼井優さんとJOURNAL STANDARDのコラボレーションプロジェクト“sun sand sound”。昨年の秋冬に続き、第2弾のサマーコレクションが完成しました!
カラフルなTシャツや楽しいモチーフレースアイテムなど、思わずワクワクするハッピーなラインナップです。 4/27(水)より全国のJOURNAL STANDADにて展開いたします。
※journal standard luxe、journal standard L'essage、JOURNAL STANDARD relumeは除きます。

なお、公式通販サイト「スタイルクルーズ」でも同日販売予定です。お近くに店舗のない方はどうぞご利用ください。

発売に先駆けて、“sun sand sound”を蒼井優さん自身が着こなしたビジュアルをご覧いただけるタブロイドカタログを4/22(金)より店頭にて配布いたします。
前回も大好評を博したカタログです。ぜひこの機会にご来店くださいませ。
*札幌店は4/23(土)からの配布となります。また、各店舗とも配布当日にカタログ到着となりますので時刻は未定です。ご了承くださいませ。

販売開始日:4/27(水)~
場所:JOURNAL STANDAD全店
  1. 2011/04/22(金) 20:46:57 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

REDLINE コレクターズ・エディション 【DVD】
http://ameblo.jp/redline-movie/entry-10867939092.html
http://www.tc-ent.co.jp/products/list.php?mode=search&name=REDLINE


■コレクターズ・エディション【DVD&Blu-ray】
発売日/2011年8月10日(水)

小池監督描き下ろし特製スリーブケース付き デジパック仕様!
超豪華!約60分(予定)もの映像特典収録!豪華2枚組み!
ファンならずとも垂涎モノの超豪華封入特典付き!

□映像特典:

<本編DISC>
特報・スポット・トレーラー(12種)
<特典DISC>(約60分)
・メイキング
・舞台挨拶
・ロカルノ映画祭映像
・オリジナルミュージックビデオ
・未公開デモムービー


□封入特典:

内容未定
  1. 2011/04/21(木) 21:38:14 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

NHK「2355・0655 金曜日はじめますスペシャル!」
http://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=307-20110326-33-09282
http://www.youtube.com/watch?v=yoKP2NFNJV0
http://www.youtube.com/watch?v=vMBjM-K9iPA
  1. 2011/04/21(木) 00:12:38 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

出演者blog公布謎底
原來是KIRIN 午後の紅茶 エスプレッソティー
http://ameblo.jp/matti2008/entry-10864881636.html
http://gogo-hotel.jp/

  1. 2011/04/18(月) 00:35:33 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優、デビュー作『リリイ・シュシュのすべて』が女優としての原点!!「いい思い出であり、誇り」
http://www.cinematoday.jp/page/N0031703
http://eiga.com/news/20110417/3/
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110417-OHT1T00231.htm
http://cinema.pia.co.jp/news/1786/42478/
http://www.nihon-eiga.com/prog/000477_000.html

17日、スペースFS汐留で日本映画チャンネル「日曜邦画劇場」500回記念スペシャル公開収録が行われ、この日に上映された映画『リリイ・シュシュのすべて』の岩井俊二監督、女優の蒼井優が参加した。

 このたび放送開始から10年、500回目という節目を迎えた本番組。フジテレビの軽部真一アナウンサーを番組支配人に迎え、一貫して映画を解説。かつて淀川長冶や水野晴郎が築いてきた映画放送の王道パターンを継承した番組となっている。500回目に映画『リリイ・シュシュのすべて』を選んだ理由として、「岩井監督の作品は新作が出るごとに拝見してきて、絶対に取り上げたいと思っていたんです。(本作は)公開から10年、番組の歩みと重なっていますし、監督にとっての代表作ということで選ばせていただきました」とコメントする軽部アナ。岩井監督も「スクリーンで観るの公開以来10年ぶり。改めて観ると、多くの人に支えられた映画なんだなと思って涙ぐみました」と感慨深い様子だった。

 本作には、市原隼人、忍成修吾、勝地涼など、現在の映画界を支える若手俳優たちが参加。当時、ほぼ無名だった彼らは、この作品で無名であるがゆえにきらめくような輝きを見せている。そして女優の蒼井優にとっても、本作がデビュー作となる。もともと蒼井の役は原作のイメージとは違ったそうだが、オーディションで観た蒼井のポテンシャルの高さに「原作のイメージと彼女とは違っていたんです。脚本の大きな変更を余儀なくされましたね。これまで大きな内容の変更をしたのは、後にも先にも初めてでした」と振り返る。そしてその後、岩井監督は映画『花とアリス』、そして最新作の映画『バンパイア(原題)/Vampire』と3作で蒼井を起用することになるが、蒼井にとっても本作は「いい思い出であり、誇りですね。わたしの仕事はここからから始まったと思うと心強いです」と晴れやかな表情となっていた。

 ちなみに日本とカナダ合作の最新作画『バンパイア(原題)/Vampire』は既に完成し、2月に第61回ベルリン国際映画祭で上映されたばかり。日本人としてその主要キャストの中で、唯一選ばれている蒼井について、「(彼女との出会いは)めぐり合わせに近いですね。これを(蒼井)優にやらせたら面白いだろうなと思うんですよ。型にくくりにくい女優ですね、器用なタイプでないけども、いろんなバリエーションで、一色ではない、いろんな個性がある気がします」と評する岩井監督だった。

 最近は映画『ニューヨーク、アイラブユー』『バンパイア(原題)/Vampire』と海外づいている岩井監督だが、「日本を撮るのをやめたわけではないです。5年くらい撮っていないと日本が恋しくなりますね。まだイメージ段階ですけど、震災の後、なおさら今の日本を撮りたいという思いが強くなっていますね」と決意も固い様子。くしくも自身の故郷である仙台が被災したこともあり、「自分が若かったころに、青春時代を過ごした場所が地震や津波の被害にあってしまいました。でもこれからも若い子たちがあそこで、また青春を過ごすんだよなと考えされられたんですよ」と明かすと、「たまたまツイッターで、自分の身内や友人を知らないかという情報交換をしていて、ぼくも親戚や友達の名前を出したりしていたんです。そのときに自分の片思いの彼氏がいて、居場所が見つからない。探してほしい。でも自分の名前は言えないというようなツイッターが流れてきたんです。あの最中、仙台という街でそういう声があるのか、そういう花が咲くんだなと思って。一瞬はものづくりどころじゃないかったけど、そのときにふと、映画を作らなきゃと思いました」と力強く付け加えた。

「日曜邦画劇場」500回記念スペシャル『リリイ・シュシュのすべて』は5月8日夜9時より放送予定
  1. 2011/04/18(月) 00:21:27 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

山田洋次監督、苦渋の決断 「東京家族」製作延期に
http://eiga.com/news/20110414/1/
http://www.shochiku.co.jp/yamada50project/

配給大手の松竹は4月14日、山田洋次監督の最新作「東京家族」の製作を延期することを発表した。当初は4月1日にクランクイン予定だったが、3月11日に東日本大震災が発生したことで撮影上の物理的事情、山田監督の意向を受けて決定した。

同作は1年以上の歳月をかけて入念に準備を整え、クランクインを間近に控えてスタッフ、キャストの気力は充実しきっていたという。そんなタイミングで大震災が発生。山田監督は、「このままそ知らぬ顔で、すでに完成している脚本に従って撮影していいのだろうか。いや、もしかして3月11日以前と以後の東京の、あるいは日本の人々の心のありかたは違ってしまうのではないか。僕は何日も悩み、会社とも繰り返し相談した結果、それこそ苦渋の選択をしました」と説明する。

悩み抜いて出した結論は、製作延期だった。「撮影を中断して、今年の終わりまでこの国の様子を見よう。その時点で脚本を全面的に見直したうえで、戦後最大の災害を経た東京、つまり2012年の春の東京を舞台にした物語をこそ描くべきだ、ということです」。松竹は、12年早期のクランクインを目指し、調整に入るという。そして山田監督は「来年、僕たちは新たな気力を奮い立てて『東京家族』の製作に挑みます。どうか観客の皆さん、ご期待ください」とコメントを寄せた。

「東京家族」は、小津安二郎監督の名作「東京物語」を今日に置き換え、家族のきずなと喪失、夫婦と子ども、老いと死について問いかける。「やくざ戦争 日本の首領」(77)以来の共演となる菅原文太と市原悦子が主人公の夫婦を演じる。ほか、西村雅彦、夏川結衣、室井滋、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優という主演級が結集する。
  1. 2011/04/14(木) 09:45:26 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2010年4月9日(土)
http://magazineworld.jp/casabrutus/134/
蒼井優の春夏秋冬、かき氷
第17回 カヤバ珈琲
  1. 2011/04/09(土) 00:46:35 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

午後の紅茶ホテル
http://gogo-hotel.jp/
  1. 2011/04/07(木) 20:23:13 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

野田秀樹三部作 写真集 劇場にて3月31日先行販売
http://www.nodamap.com/site/news/213

UNBELIEVABLE !

「信じることとは」をテーマに野田秀樹が書き下ろした三部作
『ザ・キャラクター』『表に出ろいっ!』『南へ』の
創作現場に篠山紀信氏が密着して完全激写した、
写真集を3月31日千秋楽の東京芸術劇場中ホールにて先行販売致します。

写真集A4サイズ 184P
定価 ¥3990(税込)
  1. 2011/04/07(木) 19:46:52 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

出演者blog
目前還不知道是什麼CM廣告,預定今月中旬播放

撮影終了
http://ameblo.jp/matti2008/entry-10849317777.html
  1. 2011/04/06(水) 21:41:22 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

のあのわ、ニューシングルのジャケットに蒼井優が登場
http://news.livedoor.com/article/detail/5467041/

昨年8月にセカンドアルバム「MAGICAL CIRCUS」を発売した、のあのわ。5月11日には生産限定盤のワンコインシングル(税込み価格500円)「Have a Good Day !」を発売。同曲は蒼井優が出演中の資生堂『アネッサ2011』のCMソングに抜擢され、同作のジャケットには蒼井優が登場することが決定した。

 「Have a Good Day !」は4月下旬より、蒼井優が出演する資生堂『アネッサ2011』CMソングとしてオンエア開始。のあのわのボーカル・Yukkoは作詞について「蒼井優さんのような爽やかさが宿るように」心がけたと述べ、爽快感抜群のメロディに乗せて女性の“夏”を応援するポジティブな詞世界が描かれており、聴き手を勇気づける楽曲となっている。

 カップリング曲には、新曲「いいよ」の収録が決定。同曲は先の見えぬ恋に心揺れ動く女性の気持ちを綴ったラブソングで、Yukkoがボーカルとチェロだけでなく、ギター、ピアノ、オルガン、ベース、ドラムの全楽器を一人で演奏。「Have a Good Day !」に続き、女性ならではの繊細さと大胆さで、揺れる恋心を表現した名曲となっている。
  1. 2011/04/05(火) 10:14:17 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

感謝iris

高崎卓馬 (takumantakuman) on Twitter
http://twitter.com/takumantakuman

避難所には手作りに近いFM局しかない。被災した友人のリクエストでそこに届く「声」を送るのだ。第一弾は福山雅治、中村獅童、蒼井優、箭内道彦、三浦春馬、吉高由里子、佐藤健、仲里依紗。誰かを少しでも温かく。続けようね、みんな。 http://plixi.com/p/87531189
  1. 2011/03/28(月) 19:37:45 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『MORE』
発売日:2011.03.28
http://www.s-woman.net/more/
・〈新連載〉蒼井 優「8740」
  1. 2011/03/28(月) 15:34:38 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

バンパイア(原題)/Vampire(吸血達人)
第三十五屆香港國際電影節,亞洲首映(3月23日、3月24日)
http://www.hkiff.org.hk/chi/film/title/35202-vampire.html
  1. 2011/03/28(月) 08:44:50 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

之前似乎很少有連載?
(只有『Casa BRUTUS』蒼井優の春夏秋冬、かき氷)

副編T@MORE編集部 (MORE_rika) on Twitter
http://twitter.com/MORE_rika

来週発売のMORE5月号
蒼井優さんの連載もこの号からスタートします。
  1. 2011/03/26(土) 01:20:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

新ビオフェルミンS錠「シーソー」篇
http://www.biofermin.co.jp/tvcm/biofermin_s_aoi10/index.html

新ビオフェルミンSの新シリーズCMは、蒼井優さんと研究員の共演です。今回のCMは、蒼井優さんと研究員のシーソー!実はこれ、CMのための手づくりなんです。「腸内のバランス」を伝えるために、まさに「バランス良く」画面に映るよう滑車にてシーソーの動きを調節。後の編集で滑車を消しているんです。絶妙なシーソーの動きにもご注目ください。
  1. 2011/03/23(水) 21:11:00 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

若沒看錯,應該是重播

3月25日(金)深0:00~深0:28
「僕らの音楽」
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/bokuon2/index.html#onair
http://6109.jp/chatmonchystaff/?year=20110310

チャットモンチー works。加藤綾子アナウンサーがインタビュー。
蒼井優と生演奏と対談、真心ブラザーズと「拝啓、ジョン・レノン」
草なぎ剛がナレーション。
  1. 2011/03/23(水) 05:39:21 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

スタジオジブリ物語、見ていました。
http://blog.goo.ne.jp/rionnouji/e/623782bf4ccf7eeb0d0133eb3c6e12aa

幼い頃の蒼井優ちゃんが、黒いワンピと赤いリボンのカチューシャでデッキブラシに跨って魔女の宅急便の真似をしていた、というエピソードが、
  1. 2011/03/22(火) 19:37:43 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

スタジオジブリ物語
放送日:2011年3月21日(月) 21:00~23:18
http://tv.yahoo.co.jp/program/official_contents/ntv/?minnaid=351018&broaddate=20110321

昨年創立から四半世紀を越え、今年新作「コクリコ坂から」を世に送るスタジオジブリ。
この世界最高峰のエンターテインメント工房がいかにして生まれたか、その黎明、誕生、成長、発展、そして現在…。この番組は、スタジオジブリの貴重な資料や関係者への緻密な取材をもとに、その壮絶な舞台裏のすべてを明らかにする超大型の大河ドキュメンタリーです。
この四半世紀、"日本"や"世界"で何が起きていたのか、そしてその時スタジオジブリはどんな作品を送り出すことで、日本中、世界中の人々の心に訴えかけてきたのか…。また、その訴えかけてきたものとは何なのか…。
ナビゲーターは、世界を舞台にする俳優・渡辺謙。そして今輝く旬の女優であり、熱烈な”ジブリアニメファン”でもある蒼井優もその想いを語ります。


スタジオジブリのアニメは「アニメ」の枠にとどまらない、「子ども」から「大人」まで誰もが愛してやまない日本の国民的な映画といえる。映画界の数々の記録を塗り替え、2001年に公開された「千と千尋の神隠し」は2350万人もの観客が劇場に足を運び、今なお日本の映画興行成績第1位である(2011年2 月現在)。
ナビゲーター・渡辺謙が活躍の舞台とするハリウッドの映画人たちも、「Princess Mononoke」(もののけ姫)や「Spirited Away」(千と千尋の神隠し)を、みな、観ていたという。まさに、世界に誇る「日本映画」なのだ。
一方、日本で、そして世界で愛されるジブリ映画は、決して単純明快なエンターテインメントの要素だけではない。時に複雑で、時に難解な要素も持ち合わせている。にもかかわらず、その作品は人々の心を惹きつけてやまない。その魅力とは、いったい何なのか――

宮崎監督に影響を与えた数々のアニメ作品に見る、「ジブリ映画」の原点とは?
100人分の仕事を1人で?「アルプスの少女ハイジ」に込められた宮崎監督の「魔法」とは?
「ジブリ映画」が持つ、心に刺さるような「リアリティ」の秘密とは?
優秀なスタッフを巡る、高畑監督と宮崎監督の仁義なき闘いのエピソードとは?
そんなアクの強い監督たちに対する、名プロデューサー・鈴木敏夫の絶妙な手綱さばきとは?

「スタジオジブリ物語」では、ヒトクセもフタクセもある、宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫といった作り手たちの、苦悩や闘い、挑戦と冒険のエピソードを秘蔵映像とともにお届けし、その魅力をすべて解明していきます。


※ その他の内容
◎ 東映動画に入社した宮崎監督の駆け出し時代のエピソード
◎ 今では信じられない?宮崎監督の企画した映画が会議で却下されてしまったワケとは?
◎ 大ヒットした「風の谷のナウシカ」だったが、実はそのお金はすぐに吹き飛んでしまった?
◎ 「紅の豚」記者会見で勃発した宮崎監督VS鈴木プロデューサー。一体何が!?
◎最新作「コクリコ坂から」の宮崎吾朗監督の情報 ほか
  1. 2011/03/21(月) 01:37:00 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「スタジオジブリ物語」放送のお知らせ
http://www.ghibli.jp/10info/007116.html

3月21日(月・祝)に「スタジオジブリ物語」という番組が放送されます。
「もののけ姫はこうして生まれた」のドキュメンタリーを制作したテレビマンユニオンの浦谷さんと、日本テレビが協力して作った大型番組です。

なお、緊急事態の発生などで、放送時間が変更になったり、番組の放送が中止になることも、十分予想されます。
その場合は、ご了承下さい。

放送日時: 3月21日(月・祝) 20:54~23:18
放送局: 日本テレビ系列局
タイトル: 「スタジオジブリ物語」(仮題)
出演: 渡辺謙、蒼井優ほか

なお、一部地域では3月20日(日)17:00~17:25に事前予告番組も放送されるそうです。
こちらも、あわせて、ご覧いただければと思います。
  1. 2011/03/19(土) 16:20:45 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

買套票送“幸福洋菓子”同名甜點食譜
若是同一本,根本是賺到了
「洋菓子店コアンドルの幸せレシピ」
定価:1,470円(税込)
http://blog.cinemacafe.net/coin-de-rue/201012/20101221_140000.html

『幸福洋菓子』電影預售票
http://tickets.books.com.tw/progshow/01020001833351
  1. 2011/03/17(木) 13:14:21 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「洋菓子店コアンドル」 (幸福洋菓子)
2011年5月6日台灣甜蜜上映!!!
http://www.avjet.com.tw/e_news.php?id=24
http://www.youtube.com/watch?v=JAo4gs8_P2E

「REDLINE」 (超時空甩尾)
2011年5月20日台灣上映
http://gnn.gamer.com.tw/2/50762.html
http://www.youtube.com/watch?v=wnn7oSk4vvU

  1. 2011/03/17(木) 03:41:37 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

キリン 午後の紅茶 おいしい無糖
http://www.beverage.co.jp/product/tea/go_om.html
http://www.youtube.com/watch?v=k17RH5v4IIQ
  1. 2011/03/16(水) 15:50:33 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優已在官網報平安
老實說,沒想到舞台劇會持續,
這個題材有點敏感
http://www.nodamap.com/site/news/203
http://www.nodamap.com/site/news/204
http://www.itoh-c.com/aoi/message/index.html


東日本大地震で亡くなられた皆様のお悔やみを申し上げますとともに、

被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。



地震が起きてから 自分に何が出来るのかを考えています。

募金と節電はもちろん、献血も献血の条件が満たせるようになれば

すぐに行きます。

思いつく全てのことをきちんと実行することで、

少しでも被災地の皆様に想いが届くと信じています。

東京でも多くの人が 心配と応援をしています。

救助に当たられている皆様も。

どうかどうか どうか 皆さま。



どんな環境にいるにせよ、境のない協力の輪に参加したいです。



いま東京を離れることの出来ない私にも出来ることがあれば、皆様是非ご教示下さい。



被害に遭われた方々が、安心して生活できる日が一日でも早く訪れますよう 。

         
2011.3 蒼井優


  1. 2011/03/14(月) 17:38:09 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

日本宮城發生芮氏規模8.9強震
NODA・MAP 第16回公演 『南へ』到3/13為止前休演
http://www.geigeki.jp/info/2011_0311.html
  1. 2011/03/11(金) 22:54:48 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『僕らの音楽』 ?
http://otogumi.fujitv.co.jp/lovekp/E20110304001.html
  1. 2011/03/11(金) 22:45:01 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2010年3月10日(木)
http://magazineworld.jp/casabrutus/133/
蒼井優の春夏秋冬、かき氷
番外編 天文館むじゃき本店 白熊
  1. 2011/03/11(金) 12:27:01 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

MEN’S NON-NO3月号(2月10日発売)『世界でいちばんかわいい100人の美女たち!!』より
http://www.s-woman.net/news/magazinenews/detail_000004156.html

一方、「何を言うか」よりも「態度」の重要性を語るのは女優の蒼井優さん。蒼井さんは「目上の人にちゃんとした敬語を使っているのをみると高感度がアップします」と語る。また、カラオケで男性に歌ってほしい曲は「何でもいいけど、場の空気を読んでちゃんと盛り上がる曲を選べる人がいい」とも話しており、モテる男性は「常識的」であることも求められるようだ。
  1. 2011/03/08(火) 14:27:43 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

9個月沒動靜的官網PHOTO更新了
http://www.itoh-c.com/aoi/photo/index.html
  1. 2011/03/07(月) 22:55:12 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

これって本当に本人なの?? www
http://twitter.com/yuaoi85
  1. 2011/03/07(月) 02:31:33 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

去年『BRUTUS』690号就介紹過蒼井關於ジブリ的訪談
蒼井喜歡的作品是『魔女の宅急便』
http://magazineworld.jp/brutus/690/
http://miyasanpakusan.blog112.fc2.com/blog-entry-6.html
http://people.zozo.jp/yuzuyuzuzu/item/1508393

渡辺謙、ジブリと初タッグ!…日テレ系「スタジオジブリ物語」で総合ナビゲーター
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110303-OHT1T00377.htm

俳優の渡辺謙(51)が、日本を代表するアニメ制作会社・スタジオジブリとタッグを組むことが3日、分かった。日本テレビ系ドキュメンタリー番組「スタジオジブリ物語」(21日・後9時)で総合ナビゲーターを務め、その魅力に迫る。ジブリ作品は海外でも人気で、ハリウッドで活躍中の渡辺は「日本人として誇りに思います」。声優挑戦についても「もし自分にぴったりな役があれば、ぜひ」と意欲を見せた。

 世界の「Ken Watanabe」と、世界中で愛されるスタジオジブリが手を組んだ。「この仕事を引き受けたのは、ドキュメンタリーの内容、エピソードを知ったからです。どれだけ制作者の方々が心血を注いでいたか、どれだけの労力をかけたのか、などをうかがって、ぜひ、それを紹介したいと思いました」と渡辺。番組で舞台裏に鋭く迫っていく。

 自身も、もちろんジブリ作品のファン。「魅力? 作品のストーリーが予定調和で終わらない、というところでしょうか。『人生は思った通りにいかない』という微妙な部分まで繊細に描かれています。だからこそ、子どもだけでなく大人も楽しめるんですね」と分析した。

 ジブリが世界で人気を集めているのは、肌で感じている。ハリウッド映画の撮影現場でも「Princess Mononoke」(もののけ姫)や「Spirited Away」(千と千尋の神隠し)が話題になったという。「実際のところ、今、日本映画で海外の人に見られている作品はなかなかないのが現状です。そんな中で、ジブリ作品は皆がよく知っている。それだけ、他のアニメにはないクオリティーがあるということです。それを日本人として誇りに思います」。こう言葉に力を込めた。

 番組では、宮崎駿監督や高畑勲監督、鈴木敏夫プロデューサーの挑戦や苦悩が秘蔵映像とともに紹介される。大のジブリファンという女優・蒼井優もナビゲーターを担当。渡辺の情熱的なナビゲートぶりに、同局の岩間玄プロデューサーは「我々スタッフも完全に圧倒されました。さすが『一流は一流を知る』ということなのですね」と振り返った。

 今後は作品での夢のタッグに期待がかかる。渡辺は声優挑戦に「作品の質を壊さないようであれば、ぜひ、お引き受けしたいです。つまり、もし自分にぴったりな役があれば、ぜひ」と前向きだ。ジブリ作品に渡辺の声が加われば「鬼に金棒」になるだろう。

 約30年の俳優キャリアを持つ渡辺だが、過去にアニメの声優を務めたことはない。映画の吹き替え経験はあり、1985年に日テレ系金曜ロードショー枠で放送された「ランボー」でシルベスター・スタローンを担当。昨年公開のハリウッド映画「インセプション」では、英語で演じた「サイトー」役を自ら日本語で吹き替えた。ジブリ作品で初のアニメ“出演”となるか。

 ◆スタジオジブリ 1985年設立。アニメーションを中心とした映像作品の企画、制作を手掛ける。2001年公開の「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)は2350万人を動員。興収304億円は日本の映画興行成績第1位。主な作品に「ハウルの動く城」「もののけ姫」「崖の上のポニョ」などがある。最新作として「コクリコ坂から」(宮崎吾朗監督、今夏公開)が控えている。
  1. 2011/03/05(土) 11:53:37 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「ボクらの時代」 2011.02.27
出演者:蒼井優、種田陽平、李相日
youtube有人上傳了,另外附上日方網友的report
http://www.youtube.com/watch?v=E3Yq5OqNPUA
http://www.youtube.com/watch?v=WTSoS-yRCUI
http://kobemorien.at.webry.info/201102/article_29.html

還有81.3 FM J-WAVE : CROSSOVER JAM
CROSS_73:野田秀樹×蒼井優 (2月26日放送)
官網有上傳廣播內容
http://www.j-wave.co.jp/blog/crossoverjam/73/
  1. 2011/03/01(火) 00:09:17 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

anessa新cm預定4月下旬播放
http://thelivemusicnews.p-grow.jp/?eid=837
  1. 2011/02/28(月) 12:25:13 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

感謝ごろ~さん

81.3 FM J-WAVE : CROSSOVER JAM
CROSS_73:野田秀樹×蒼井優 (2月26日放送)
2月26日土曜日の放送は、蒼井優と野田秀樹がクロス!
http://www.j-wave.co.jp/original/crossoverjam/
  1. 2011/02/25(金) 21:45:40 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

anessa官網和CM都更新囉
http://www.shiseido.co.jp/anessa/
  1. 2011/02/25(金) 01:30:17 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

2011年2月27日(日) 7:00~7:30 フジテレビ
番組名:「ボクらの時代」
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/jidai/index.html
http://www.television.co.jp/programlist/detail.php?id=2000378197-205-1600-1298757600-1298759400&ref=guide

時代を彩る超一流の3人が自由気ままにトークする!
MCもなし台本もなし
「語り」の面白さを存分に楽しむトークドキュメンタリー
出演者:蒼井優、種田陽平、李相日
  1. 2011/02/24(木) 21:34:43 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

感謝iris提供消息
蒼井會飾演「東京家族」裡,原節子飾演的角色
似乎從映画「FLOWERS」時,就有跡可循?

大貫氏は「具体的にどの作品と挙げることはできませんが、例えば蒼井さんのシーンでは小津(安二郎)作品をほうふつさせるものがあると思う。蒼井さんが原節子さんのように見えてくるのでは」。

TSUBAKI姫6人全員主役…CMの次はスクリーンで競演
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100113-OHT1T00029.htm

蒼井優(24)、鈴木京香(41)、竹内結子(29)、田中麗奈(29)、仲間由紀恵(30)、広末涼子(29)による映画「FLOWERS」(小泉徳宏監督、6月12日公開)の製作が12日、配給する東宝から発表された。1930年代から2000年代にわたる3代を描く同作は、全員が“主役”。資生堂「TSUBAKI」のCMで顔を合わせた6人が、今度はスクリーンで競演する。

 先日行われたラインアップ発表で、唯一明かされていなかった作品は、前代未聞の豪華版だった。全員が単体で主役を張れる、日本を代表する女優が勢ぞろい。「ダブル主役は度々あるけど、ここまで多いのは世界でも聞いたことがない」と東宝関係者が語る“6人主役”作品「FLOWERS」がベールを脱いだ。

 企画がスタートしたのは、08年の年末。広告界では日本の第一人者で、今回、製作総指揮を務める大貫卓也

氏(51)の発案からだった。「『日本の女性を応援する』というコンセプトで『TSUBAKI』のCMを作ったんですが、今度はそれを映画でやれないかと考えたんです」。そこでCMに出演していた女優陣に声をかけ、再度の競演が実現した。

 物語は、ある一家の女性を3代にわたって描いたもの。作品には、過去の名作をイメージするシーンが織り込まれている。大貫氏は「具体的にどの作品と挙げることはできませんが、例えば蒼井さんのシーンでは小津(安二郎)作品をほうふつさせるものがあると思う。蒼井さんが原節子さんのように見えてくるのでは」。長編映画を手掛けるのは初めてだが、十分過ぎるほどの手応えを感じているようだ。

 撮影は昨年4月から約半年にわたって行われ、現在は編集の段階に入っている。「映像を見ると、日本の四季をうまく取り込むことができている。芸術性があるけど、エンターテインメント性もある作品だと思います」と大貫氏。移りゆく季節をバックに、魅力あふれる6人の女優が演じる同作は、今年最大の注目作となることは間違いない。

 ◆「FLOWERS」 親同士が決めた結婚に悩む宮澤凛(蒼井)は、結婚式当日に家を飛び出す。その後、凛は3人の娘を授かった。長女・薫(竹内)は最愛の夫を交通事故で失うも、一人旅で事実を受け止め、前向きに生きようとする。次女の翠(田中)は、交際相手からプロポーズを受け、仕事と結婚の間で心が揺れるキャリアウーマン。そして三女・慧(仲間)は、生まれつき病弱だったことから、2人目の子供の誕生と引き換えに、命を落としてしまう。時がたち、慧の子供である奏(鈴木)と佳(広末)は、凛の葬儀で実家に帰省したとき、母の手紙を見つける…。
  1. 2011/02/24(木) 21:23:16 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

恭喜蒼井由山田学校的小學部升格成為中學部啦
映画「東京家族」は2011年4月にクランクインし、6月にクランクアップ。公開は2012年新春を予定。

山田洋次監督新作に文太!市原!蒼井!妻夫木!…小津作品モチーフ「東京家族」
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110223-OHT1T00021.htm
http://eiga.com/news/20101213/15/
http://eiga.com/news/20110223/2/

監督生活50周年を迎えた山田洋次監督(79)の最新作で、名匠・小津安二郎監督の「東京物語」(1953年公開)をモチーフにした映画「東京家族」(2012年公開予定)のキャストが22日、明らかになった。瀬戸内の小島から上京する老夫婦に菅原文太(77)と市原悦子(75)。もう1組の“主役”となる次男とその恋人を妻夫木聡(30)と蒼井優(25)が演じるなど豪華俳優陣が顔をそろえる。

 半世紀にわたる山田監督の監督生活を飾るにふさわしい、豪華キャストが勢ぞろいした。

 「東京家族」は、松竹の大先輩である小津監督の名作「東京物語」をモチーフに、舞台を現代に移した物語。約50年前にはなかった「孤独死」や「独居老人」の問題を織り交ぜながら、家族の在り方を描いていく。

 主人公となる老夫婦には、菅原と市原に白羽の矢が立った。山田監督は「文太さんは笠(智衆)さんよりも強いイメージがある。でも、その強さが逆に『孤独死』などをヒリヒリと感じさせるんじゃないかと思いますね」。作品に込めたテーマを演じるのに最もふさわしい俳優であると力強く語った。

 また市原には「若い頃から庶民の役をやっていて、地方出身の老人を演じられる珍しい人。彼女が持っている、どことなくユーモラスな雰囲気にもひかれました」。内面からにじみ出る雰囲気が、“原作”の母親役に通じるところがあるという。

 ほぼ同じ人物設定の中、「―物語」と最も異なるのは、次男の昌次が生きており、物語の中でも重要な役割を占める点。その昌次には、妻夫木が抜てきされた。「かなり早い時期から、決めていた。この役は、ちょっと頼りない美青年である必要がある。彼を初めて見たとき『きれいな子だな』と思った」。昨年公開の映画「悪人」でブルーリボン賞主演男優賞を獲得するなど、充実一途の演技に期待している。

 一方、原節子演じた紀子役の蒼井は、昨年の「おとうと」に続く山田作品への起用。「(演技が)分かっている子。大したものだよね。気立てが良くて、姿が美しい役を演じられる、数少ない女優じゃないかな」と全幅の信頼を寄せている。

 力のある俳優を押さえ、山田監督も小津作品の良さを踏襲しつつ、現代にマッチした作品に仕上げようと、完成を思い描いている。「『―物語』は、親が子に裏切られるのがテーマだけど、僕はもう一つ付け加えたい。それは、若い人たちが次の時代を作っていくということ。映画には『小津監督にささげる』とつけるつもりだけど、同じ映画を作ったんじゃ、意味がないからね」。4月1日にクランクインし、夏頃の完成を予定している。

 ◆長男・長女夫婦も演技派ぞろい
妻夫木、蒼井以外の“子供たち”にも個性的な俳優陣の出演が決定した。
長女・滋子を演じるのは、室井滋。「東京物語」では故・杉村春子さんが演じた人物に当たる。東京を訪れた両親に対し、最も露骨に文句を言う役どころだったが、山田監督は「長女は、すごく大事な役。最初の頃は戸惑うかもしれないが、室井さんなら、あの雰囲気を出せると思う」と、役に対してどのようなアプローチをするのかを、楽しみにしている様子だった。
気の強い滋子に、いつも押されっぱなしの夫役は、落語家の林家正蔵。長男夫婦は西村雅彦、夏川結衣と演技派ぞろいだ。

 ◆映画「東京家族」 瀬戸内海の小島で暮らす平山周吉(菅原)、とみこ(市原)夫婦が上京して来た。病院を営む長男・幸一(西村)、美容院経営者の長女・滋子(室井)、舞台美術の仕事をする次男・昌次(妻夫木)たち家族は、楽しく東京に滞在してもらいたいと思うが、両親は生活のリズムが合わない。そんな中、昌次のアパートを訪ねたとみこは、婚約者の間宮紀子(蒼井)を紹介される。ホッとしたのもつかの間、とみこは幸一の家で倒れてしまう。
  1. 2011/02/23(水) 21:09:30 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「第34回日本アカデミー賞」 2011.02.18
www.tudou.com/programs/view/kX3TMal7sVY
http://i53.tinypic.com/348ou2g.jpg
http://i53.tinypic.com/bg5gy8.jpg
http://i53.tinypic.com/16ll0l2.jpg
http://i52.tinypic.com/2mc97rs.jpg
http://i54.tinypic.com/8wkugj.jpg

  1. 2011/02/20(日) 19:45:34 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

フリーペーパー Afternoon Tea 2011.2月号
1/26~全国のショップで配布中。
http://afternoon-tea.net/pc/style/freepaper/index.html

雑誌:『JILLE』(双葉社)
発売日:2011年2月12日(土)
表紙 :蒼井優
http://jille.jp/
・蒼井優×スウィーツパレット

雑誌:『AERA』(朝日新聞社)
発売日:2011年2月14日(月)
表紙 :蒼井優
http://www.aera-net.jp/
・表紙の人蒼井 優/女優

雑誌:『BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2011年2月15日(火)
http://magazineworld.jp/brutus/703/
・SUPREME BRUTUS 
「蒼井 優」ほか
  1. 2011/02/19(土) 21:28:35 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

沒想到蒼井優跟真木よう子感情這麼好啊
我想有在看八卦的都知道玩味點在哪xd
(不確定是不是節錄自『H』107号 ?)
http://ameblo.jp/a-bomboo-short/entry-10794742338.html

蒼井優「江口のりこさんはもともと好きな女優さんだったので、(中略)真木よう子ちゃんとタナダユキ監督が3人で(中略)」

順便回味一下真木和蒼井兩人同台,
2006年山路ふみ子映画賞的新聞
http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200611/24_3/index.html


  1. 2011/02/19(土) 21:26:31 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

岩井俊二監督×蒼井優『バンパイア』、自殺サイトが事件になり一時中断の製作秘話【第61回ベルリン国際映画祭】
http://www.cinematoday.jp/page/N0030397

2月13日(現地時間)、第61回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で岩井俊二監督映画『バンパイア(原題)/Vampire』が上映された。登壇した岩井監督が、構想とそっくりな事件が実際に発生し、一時棚上げしたといういきさつを話してくれた。

 「2002年にこの同じパノラマのオープニングを飾った『リリィ・シュシュのすべて』は決して忘れません。おかえりなさい岩井俊二監督!」と大歓迎の紹介を受けた岩井監督は、英語と日本語を交えて質問に答えた。
 
 本作には、乙女の喉元に牙をたてるような暴力的吸血鬼は登場しない。自殺サイトで出会った女性を気遣いつつ血をもらおうとする生物教師が主人公だ。「1 つは犯罪者と被害者が敵対ではない関係にあったらどうなるかというのがあって、吸血鬼に関しては学生時代に『インタビュー・ウィズ・バンパイア』みたいな感じのホラー映画を作ったことがあって、いつかは作りたかったのをミックスした形になります」と岩井監督は説明する。構想の経過について「かつてないアイディアと思って殺人者と自殺サイトの物語を書いている時に実際に日本でそんな事件が起きてしまった。しばらく書くのをやめていたのですが、一昨年くらい前に犯人を殺人犯というより血が欲しくてしょうがない人にしたらどうだろうと書き換えました」というから、図らずも構想が実際の事件を予見していたことになる。「日本では年間3万人位の人が自殺で亡くなっていて、孤独死のような悲しい事件も起きています。映画のやるべきことは、そこから目をそむけないことではないか、問題として考えるよりも、むしろ、そういう人たちのそばにいてあげる気持ちで共有することが大事ではないかと長年勉強しました」と映画人としてのアプローチを語る。

 ストーリー展開に重要な役割を果たす白くて丸い大きな風船が、夢の中のような情感も加えている。「吸血鬼というタイトルなので赤い血のイメージから遠ざけたかった。いわゆるバンパイアホラーとは違った作品でもあるし、最初から白い丸いものというイメージがあって、主人公の母親の拘束具に風船をつけることを思いついて、広がって映画全体のシンボルみたいになりました」と監督は説明する。終わったかに思わせた後の回想シーンについて「撮影中に思いついたシンボリックなシーンですが、彼のしたことが夢であってくれたらという同情にも似た気持ちがあったのかもしれません」という監督同様、殺人犯である主人公を救ってあげたい気持ちにさせる。自殺や殺人を扱いながら、恐怖より優しさが胸にしみる作品となっている。

 皮肉なことに、血を必要とする主人公からの輸血で助けられる教え子を、蒼井優が演じている。そのほかは全て海外キャストだ。「昔ミュージックビデオを作っていて、アメリカと、実はベルリンにも来ました。その時は英語もできなかったけど、すごく楽しかった。それで海外でも撮れたらいいなと思うようになりました」という全編英語の岩井映画は海外でも充分通用することを証明してみせた。監督のほか脚本、作曲、撮影、編集、プロデューサーまで務めた本作を「死にそうでした。自分で経験するのはいいことではあるけど、全部をそうやって作ろうとはしない方がいい」と苦労をにじませる。作品に大きな拍手を送った観客たちは、そのまま監督にサインを求める長だの列となった。
  1. 2011/02/19(土) 21:00:42 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『週刊文春』(文藝春秋)
発売日:2011年2月9日(水)
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/
・クローズアップ   蒼井 優

雑誌:『anan』(マガジンハウス)
発売日:2011年2月9日(水)
・SPECIAL INTERVIEW 蒼井優 スイーツ好きが高じて、本も作っちゃいました。

雑誌:『Casa BRUTUS』(マガジンハウス)
発売日:2010年2月10日(木)
http://magazineworld.jp/casabrutus/132/
・蒼井優の春夏秋冬、かき氷
第15回 ぎおん徳屋

雑誌:『MEN'S NON-NO』(マガジンハウス)
発売日:2011年2月10日(木)
http://www.mensnonno.jp/contents/thismonth/

雑誌:『レタスクラブ』(株式会社 角川SSコミュニケーションズ)
発売日:2011年2月10日(木)
http://www.lettuceclub.net/magazine/index.html
・「江口洋介さん&蒼井 優さん」インタビュー
  1. 2011/02/13(日) 20:11:03 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『LEE』(集英社)
発売日:2011年2月7日(月)
http://www.s-woman.net/lee/

雑誌:『Steady』(宝島社)
発売日:2011年2月7日(月)
http://tkj.jp/steady/
http://blog.steady.tkj.jp/archives/1526696.html
・蒼井 優の胸キュン スイーツ談義

雑誌:『日経WOMAN』(日経BP社)
発売日:2011年2月7日(月)
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/magazine/20110201/110078/?P=2
・THEATER 蒼井 優さん

雑誌:『SEDA』(日之出出版)
発売日:2011年2月7日(月)
http://hinode.co.jp/magazines/seda/backnumber/201103.html
  1. 2011/02/13(日) 20:01:04 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

目前共放出三段映画「洋菓子店コアンドル」のメイキング映像
http://www.youtube.com/watch?v=rPkxbQj2WjA
http://www.youtube.com/watch?v=L97YHpyKdRw
http://eiga.com/movie/55511/video/
  1. 2011/02/11(金) 23:27:17 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

抱歉,我還以為是真的剪髮
但是看到首映會竟然是長髮
而且iris說,
因為那個短髮太丑了~ 應該是假髮...= =
XDDD
另外嗓子要好好保養啊
蒼井は現在NODA MAPの舞台公演「南へ」に出演中で、声を出すのがつらい様子。「声が枯れていますが、すみません」

『洋菓子店コアンドル』初日挨拶で蒼井優「注げるだけの愛情を注いだと自負しています」
http://www.news-gate.jp/2011/0211/11/
http://pia-eigaseikatsu.jp/news/154247/42012/
http://www.cinematoday.jp/page/N0030281
http://www.oricon.co.jp/news/movie/84723/full/
http://eiga.com/news/20110211/4/

東京の洋菓子店を舞台に、過去を引きずる伝説のパティシエと、上京したばかりの女性の見習い店員との交流を描いた『洋菓子店コアンドル』が公開初日を迎え、主演の江口洋介、蒼井優らが舞台挨拶を行った。バレンタイン間近ということで、劇場にも登場したようなスイーツも登場し、会場は甘い香りに包まれた。

8年前にケーキ作りを突如としてやめてしまった十村(江口洋介)は、依子(戸田恵子)が営む洋菓子店“パティスリー・コアンドル”で、鹿児島弁丸出しのなつめ(蒼井優)と出会う。なつめは、恋人の海(尾上寛之)を追って上京したが、コアンドルで修業中だったはずの海は、既に店を辞めていた。行くあてもないなつめは、依子に店で働かせてほしいと頼む。一人前のパティシエになるべく奮闘するなつめ。十村はそんな彼女を厳しくも温かな眼差しで見守り続ける。そんなある日、大事な晩餐会を前に依子が事故で大怪我を負ってしまう。

本作で気の強い鹿児島県出身の女性に扮した蒼井優は、「私の演じたなつめは感情の起伏が激しいので、こちらの江口さん(洋介)やこちらの江口さん (のりこ)のお家に乗り込んだりするんですが、どちらも撮影は午前中で、朝の6時過ぎから鹿児島弁でしゃべらなきゃいけなかったのが難しかったです」と撮影の苦労エピソードを明かした。

心に傷を抱えた元天才パティシエを演じた江口洋介は「パティシエということで、ケーキを作るシーンが多いので、道具を買って、家で作ったりしました。それが映画の中でも伝説のパティシエらしく見えているなあと自画自賛しました」と自らの演技に満足した様子。

監督・脚本を手掛けたのは、『60歳のラブレター』『白夜行』と作品が続く人気監督の深川栄洋。先日、本作がサンタバーバラ映画祭でアジア映画部門の最高賞を受賞したことについて、「映画祭で賞をもらえるようなアーティスティック作品ではないし、人と人との結びつきを描いた作品。日本の喜劇や人情物語がアメリカのお客さんにも響いたのかなと、是非感想を聞いてみたいですね」とコメントした。

洋菓子店を営むオーナーシェフを演じた戸田恵子は、「加賀まりこさんが入ってらしゃった時は、まるでフランス映画のような雰囲気で、絵ハガキにしたいような雰囲気でした。撮影セットで作ったお店も、そのまま営業したら良いんじゃないかなって思うほど、可愛らしいお店でした」と撮影の思い出を振り返り、店で働くスタッフを演じた江口のりこは、「私もケーキ作りを練習しました。でも実際映画を見たら、私はテーブルばっかり吹いていて、すごく残念だなと思いました」と会場の観客を笑わせた。

また、舞台挨拶後半には、バレンタインデー間近ということで、司会者からバレンタインでの思い出についての質問が飛んだ。それに対し、江口洋介は「そんな披露する話はないですよ。チョコはもらうと嬉しいけど、結構照れくさいですね」と答え、蒼井は「中学生の頃に、スタッフさんにプレゼントしようと思っていたチョコを、当時のマネジャーさんがグチャグチャにしてしまったっていう思い出くらい」とコメント。江口のりこも「私もあまり思い出はありません、これから幸せになれたら良いなと思います」と話し、司会者から「今回の出演をきっかけに、ケーキを作られてみては?」と言われても、「うち、オーブンないので」とあっさり否定していた。戸田も「2月のイベントといえば節分と答えた、そんな程度の女です」とやや自虐的。尾上寛之が「好きな女の子に自分からチョコをあげました」と、一人明るく話すも、特にハッピーなエピソードが披露されることなく、ややしらけたムードに。そんな中、用意されたケーキが登場し、江口洋介は「これはラズベリーですね。ありがとうございます」と頬を緩めていた。

最後に蒼井が「小さな世界の小さなお話ですが、注げるだけの愛情は注いだと自負しています。こういう映画も良いんじゃないかなと思います。皆さんと温かい気持ちを共有できたら良いなと思います」とメッセージを送り、江口洋介も「人生辛いことだけでもないし、簡単でもない。でもケーキがあればそれだけで幸せな気持ちになるような作品。良い映画になっていると思います」と作品の魅力をアピール。劇場で作品の放つ甘い香りと温もりに包まれてみるのも良いだろう。






  1. 2011/02/11(金) 23:22:02 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優×ももちひろこ対談が映画『洋菓子店コアンドル』特設サイトで公開!
http://www.universal-music.co.jp/universalj/artist/momochi/special/coin-de-rue/interview.html
http://www.cdjournal.com/main/news/momochi-hiroco/36634
http://www.hotexpress.co.jp/news/110209_momochihiroco/

洋菓子店コアンドル「蒼井優さん×ももちひろこさん」
TOP PAGE

――まずは蒼井さん、主題歌を聞いてみていかがでしたか。
蒼井:ご本人を前に感想を言うのも失礼な話かもしれないのですが、『洋菓子店コアンドル』という映画にすごくぴったりだと思いました。すーっと映画に寄り添って下さっていて、主題歌が流れはじめたときと流れる前の境が気にならないような。でもエンディングに向けて登場人物たちのその後についてわくわくさせてくれるような感じもあって、ひとつの映画としてきれいにラッピングしていただいいてよかったと思いました。
ももち:ありがとうございます。

――ももちさんは映画をご覧になってから歌詞を書き下ろしたんですよね。
ももち:江口洋介さんが演じていた役柄が、私がオーディションに落ち続けていた頃の自分と重なって、蒼井さんが演じていた“なつめ”は私の幼なじみの子と似ていたんです。ガンガン言うところとかが(笑)。
オーディションに落ち続けていた頃の私にその子が「逃げてるだけでしょ。逃げるな!」って怒ってくれたのですが、そこが映画のなかで“なつめ”が「逃げないでください!」って言うところに重なって。そこからとっかかりができて、歌詞ができていきました。
だから蒼井さんの感想はすごくうれしいです。

――歌詞のなかでも特に思い入れの強いところはありますか。
ももち:「きっと幸せになれる」というキャッチフレーズが映画についていたので、幸せって一体何なんだろうって考えてみたときに、自分を思ってくれる大事な人を自分もちゃんと思いながら、手をつないで歩いていくことかなと思ったんです。そこから「指先にしあわせを込めて 明日、キミと手をつなぐよ」という歌詞が浮かびました。

――おふたりが最近、幸せを感じた瞬間は?
蒼井:私、しょっちゅう幸せを感じてるんです(笑)。本当にここ2、3 年すごくいい出会いばかりで、そういう人たちと時間があるときはごはんを食べたり、友だちのお店に遊びに行ったり、旅行に行ったり、毎日楽しいですね。みんなと一緒にものを作っていることも、話をすることも楽しいので、本当に恵まれているなぁと思います。
ももちさんはどうですか?
ももち:私は今までひとりでストリートで活動していたので、みんなで作品を作るということに幸せを感じています。
気持ちを共有できる空間にいられることが幸せです。
蒼井:いいねいいねって言い合うだけではなくて、お互いに厳しい面も持ちながらものを作っていける関係は理想的ですよね。
強い意志を持っている人が周りにいると、自分もより強くなれるし、人と人が一緒にいる意味がちゃんとあるなって、最近すごく思います。……って、最近行ったお寿司屋さんのトイレに書いてありました(笑)。
そういうことを友だちと話しているときにトイレに行ったらちょうどよくあったんです(笑)。
店主の方が書いたらしいです。

――おふたりは福岡出身ですよね。
蒼井:ももちさんは、どちらですか?
ももち:私は百道(ももち)です。デビューするにあたって、出身地から名前を決めました。
蒼井:そういうことだったんですか! 百道、いいところですよね。
ももち:海沿いの町で福岡ドームとかタワーとかがあって。
蒼井:お金持ちの家がいっぱいあって……、
ももち:家はそっちの埋立地の側じゃないんですけどね(笑)。
蒼井:(笑)。最初にお名前を聞いたときは福岡生まれで“ももち”という苗字ということは、学校でいろいろ言われたんじゃないかなと思ったんです。東京生まれで“台東”って名前みたいな感じですもんね。

――蒼井さんが東京に出てきたのは十代のはじめですよね。
蒼井:中学校1年生の冬だったので13歳とかですね。そろそろ福岡生活と東京生活が半々になります。ももちさんはいつ出てこられたんですか?
ももち:私は福岡在住なんです。
レコーディングのときなどに出張のような感じで東京に出てきています。
蒼井:今おいくつなんですか?
ももち:22歳です。
蒼井:最近、年下の方がたくさん出てきたから、自分ももっとちゃんとしないとなぁと思っているんですけど、なかなか難しいです(笑)。

――東京に出てきた先輩として、蒼井さんからももちさんにアドバイスをお願いします。
蒼井:最初、東京に出てきた頃、近所付き合いがないことがすごく嫌だったんです。住宅地だったので幼なじみが近くにいたり、隣の家の犬をあずかったり、赤ちゃんをあずかったり、そういうなかで育ってきたんですね。
人と人との距離が近かったので、東京はなんて無機質なんだろう、東京砂漠だって思ってしまって(笑)。
でもだんだん、それは自分が守りに入っていたからだと気づいて、福岡で生活していたときのように近所の人にあいさつをするようにしたんです。そうしたら、東京は自分が住むところじゃないと思っていたし、おしゃれな人が多くて近寄りがたいと思っていたのですが、自分の意識を変えたら東京も温かくて情が厚い人がたくさんいることを実感するようになってきました。
ももち:私は東京に来るとみんなの歩くスピードが早いなと感じます。肩がぶつかってもそのままだったり、みんな忙しそうだなぁって。あとは、方言が聞こえない環境に戸惑いますね。
蒼井:私も最初、「なんとかじゃん」って言われると笑っちゃってたかも。
ももち:「だよね」とか
蒼井:「俺さ~」とか、かっこつけだ~って(笑)。
ももち:わかります(笑)。
蒼井:「何々しなよ」っていうのも抵抗あったなぁ。
ももち:福岡だと「何々しぃ」ですよね。
蒼井:そうそう、だから「何々しなよ」っていう響きは、うながすというよりも、ものすごい命令されてる気分になるんですよ。同級生とかに言われると、私が田舎者だから命令したんだ! とか思ってました(笑)。あと漢字のテストではじめて知ったんですけど、東京では床を「はわく」って言わないんですよね。
ももち:「ほうきではわく」って言わないんですか!? 今、知りました(笑)。
蒼井:味が「濃い」じゃなくて、「濃ゆい」って言うし、いろいろ違いがありますよね。

――福岡の女性の気質に共通点はありますか。
ももち:強い女性が多いと思います。
蒼井:福岡の女性って三歩下がって男の人をたてる、というイメージもあると思うのですが、実は後ろに下がるというよりも……、
ももち:ガッツがあって自分を持っている人が多いですよね。
蒼井:そうそう! 私の周りも折れない人が多いです(笑)。これ!っていうものに対して突き進む力がある人が多いですよね、九州の女性には。人の意見を聞かないわけではないけど、「でも私はこう思う」っていうディスカッションが九州出身者同士だとできるような気がします。
ももち:私も自分のことを頑固だと思います(笑)。
蒼井:私も頑固だと思います。そう見えなさそうだけど頑固、っていう人が多いですよね。

――では最後に、お好きなスイーツを教えてください。蒼井さんはかき氷ですよね?
蒼井:そうなんですけど、かき氷はスイーツなのかっていう議論がありまして(笑)。スイーツがケーキというくくりであれば、この前はじめて行ったパリで食べたバナナクリームブリュレタルトがすっごいおいしかったです!
サンジェルマンにあるパンやスイーツの店だったのですが、日本のどこかで食べられないかなぁと思っているところなので、とりあえず一回自分で作ってみようと思っています。
ももちさんは甘いもの、食べますか?
ももち:はい、大好きです。カフェでライブをさせていただいているのですが、そこのキッチンの方が作ってくれる、まだメニューに出していないオレンジジャムのパウンドケーキがすごくおいしいんですよ。それが今いちばんのお気に入りです。
  1. 2011/02/10(木) 21:19:18 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

江口洋介×蒼井優インタビュー 甘い幸福を生み出す職種“パティシエ”を演じてみて
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/interview/2011/02/9997/

江口洋介と蒼井優。それぞれの世代を代表する2人がついに初共演を果たした。気になる関係はというと、これが何とも説明のしにくい間柄…さてさて、何と言うべきか? かつては“伝説のパティシエ”と呼ばれながらも、ある悲しい過去を背負いケーキ作りをやめた男と恋人を追って鹿児島から上京したケーキ屋の娘。2人は都内の人気洋菓子店で出会うのだが…。甘く、そしてちょっぴりビターな――まさに女の子が大好きなスイーツと同じ味わいを見せる映画『洋菓子店コアンドル』。江口さん、蒼井さんがそれぞれスイーツに対する思いや共演の感想を明かしてくれた。

医者に刑事に教師…などなど様々な職業を役柄で経験済みの江口さんだがパティシエは初体験。ドラマ「ランチの女王」(フジテレビ)ではコック姿がお似合いだったが、パティシエとなるとまた違った経験だったようだ。

江口:最初はパティシエという職種の具体的なイメージが浮かばなかったんですが、実際にお店に行ったり話をうかがう中で、ある種の職人なんだということが分かりました。デザインから何から新しいものを作っていかないと時代に遅れてしまうし、ヘッドハンティングまである厳しい世界。(自身が演じた十村は)ニューヨークに修行に行ったり、思っていたよりずっとタフな世界でしたね。そういうところから入って十村を演じたら面白いな、と思いました。

撮影前にはお菓子ケーキ作りの特訓もあったが、練習を通じて技術的な部分はもちろん、気持ちの部分で感じることも多かったという。

江口:料理は嫌いではないのですが、ケーキ作りは初めてで、専門学校で丁寧に教えてもらいました。学校での撮影もありましたが、たくさんの女の子が実習している姿を見て憧れの職業なんだということをより強く感じましたね。十村の“伝説のパティシエ”という設定に関して、少し大げさなのではと思ってたんですが、この世界にはお菓子に対する愛情やセンスでレジェンドになる人が生まれるんだろうな、と感じました。調理器具を貸していただいて家でも練習しましたよ。ショートケーキがきれいにできると達成感があるし、食べてもらって『おいしい』と言われると、またより強い達成感がある。フルーツの置き方ひとつにしても自由で、デコレーションするのも面白い。パティシエの方たちは味はもちろん、色のセンスなどいつも自分で磨いているんでしょうね。とにかく人を幸福にする職種だな、と思いました。

一方の蒼井さんが演じたのは、東京で何とか自分の居場所を見つけようともがき、奮闘する臼場なつめ。蒼井さんは彼女のキャラクターを「小学校低学年の男の子がそのまま大人になっちゃったような子」と表現する。

蒼井:テンションが高いので、早朝からそのテンションに持っていくのは大変ではあったのですが、とてもまっすぐな女の子だったので、何だかんだいっても楽しみながら演じましたね。

そして、本作で蒼井さんの前に立ちはだかったのは…鹿児島弁!

蒼井:大変でした…。方言を喋る役はこれまでも割と多くて抵抗はないですし、福岡出身なので鹿児島弁はやりやすいかもと思ったんです。でもいままでやらせていただいた中でもダントツで難しかったです。法則がないので、この言葉のときはここが上がる、とかではなく、その後に続く言葉によって同じ単語でもイントネーションが変わっていくんです。それを覚えるしかないので、毎日苦労しました。劇中で「メロディアスだね」と言われるシーンがあるんですが、本当にメロディのような特殊な言葉でした。

ちなみに、蒼井さん自身も現場に手作りのキャロットケーキを差し入れたとか。少し照れくさそうにそのときのエピソードを明かしてくれた。

蒼井:チーズケーキとキャロットケーキはよく作るんですが、現場に手作りのお菓子を差し入れるということがすごく恥ずかしくて…(笑)。おいしくできなかったらちょっと嫌だし、友達のお母さんが作ってくれたことにして持って行ったんですが、あるスタッフさんに「優ちゃんが作ったんでしょ?」と言われてこっそり認めたらバレてしまいました(笑)。みなさん、優しいからおいしいと食べてくださったんですが、気を遣わせてしまったな、と反省してます… (苦笑)。

では、気になる互いの印象や共演の感想について。まずは江口さんから!

江口:(蒼井さんは)イメージ通りでしたね。すごく自然で、素直で素朴というか。なつめというキャラクターも、彼女がやっているから怒っていてもどこか四苦八苦していてすごくかわいい。鹿児島弁には苦労したみたいですが、その方言のニュアンスもとてもかわいかったですね。なつめという役の素朴さ、彼女が食べたときのニコッとした顔は、この映画を物語っていると思います。蒼井さん自身は子供っぽいところと冷静なところが両方あって、共演してて面白かったですよ。すごく練習熱心で、チョコレートで文字を書くシーンでもすごくたくさん書いてました。すごい集中力とあの笑顔とのギャップが彼女の魅力だと思います。

一方、蒼井さんから見た江口さんはというと…。

蒼井:すごく男らしい方で、ずっと主演を張られていた方だからか、元々なのか、すごく器の大きな方だと思いました。現場に江口さんがいらっしゃると心強いんです。ちょっとやそっとじゃビクともしないという感じで、ドンと立っていてくださって、本当に主演の方だな、と思いました。でもそれだけではなくて、面白い話をしてくださったり、でも、掴みどころのないところもあったり…見ていて飽きない方でした(笑)」。

そして、劇中の十村となつめの関係性を2人はこんな言葉で表現してくれた。

蒼井:2人の性格は違うけど、ところどころ共通点があるせいか、お互いが互いをほっとけない。世代を超えてそういう関係になっていて、2人の間では男とか女とかではない感じが、すごくいいコンビだなと思いました。

江口:(十村は)上京して失恋したなつめと出会い、先輩後輩のような仲でありながら、ちょっと親のような目線もあって…。パティシエとして彼女の腕を磨いてやりたいと思い始める。なつめと出会うことによって、もう一度人生がスタートしていくんですね。恋愛でもないし兄妹でもない――でも、お互いのエネルギーがぶつかり合うっていう、面白い関係です。

話を聞いてみると、江口さん、蒼井さん共に甘党! 特に江口さんからは意外なほど(?)スイーツについてのエピソードが…。

江口:自分でも好きで食べるし、人にあげることも多いです。忙しくて甘いものがほしくなったときは自分で買いに行くこともあります。おいしいと言われるケーキ屋さんはチェックしてますね。好きなのはミルクレープ。層が細かければ細かいほど何とも言えない感じで、切ったときの弾力と口に入ったときの裏切らない感じがいいんですよね(笑)。いまは、バームクーヘンでもロールケーキでも何でもお取り寄せできますが、先日いただいた何でもない谷中の寒天がおいしかった。豆とか求肥とかが、江戸前のスイーツというか庶民的な感じでしたね。和菓子も好きでやっぱり食べると幸福になりますよね。

蒼井さんもスイーツを「絶対にプラスにしか働かないもの」といい、その効用を力説!

蒼井:元気がないときにちょっとホッとさせてくれたり、少し気分を高めてくれたり。楽しいときは余計食べたくなるし、より楽しい時間をサポートしてくれるものだと思います。

ではいま、ハマってるスイーツは?

蒼井:かき氷が大好きで、ずっとブームが続いてます(笑)。
  1. 2011/02/10(木) 20:56:40 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『洋菓子店コアンドル』の蒼井優は史上最も気の強いヒロイン?
http://www.news-gate.jp/2011/0210/24/

ふんわりと泡立った真っ白な生クリーム、奥深い味わいのビターなチョコレート、爽やかなベリーの酸味、それらを包み込む香ばしいパイ生地。老若男女に愛されるスイーツの世界を舞台にした映画『洋菓子店コアンドル』(2月11日公開)は、伝説のパティシエと上京したばかりの女性見習い店員との交流を中心に、スイーツの甘い香りに引き寄せられるように出会った人々が様々なドラマを繰り広げる。今回、本作で不器用なヒロインを演じた蒼井優と、メガホンをとった深川栄洋監督にインタビューを敢行。作品に込めた思いや役作りでの苦労話など、撮影中の様子を振り返ってもらった。

8年前にケーキ作りをやめてしまった十村(江口洋介)は、依子(戸田恵子)が営む洋菓子店“パティスリー・コアンドル”で、鹿児島弁丸出しのなつめ (蒼井優)と出会う。一人前のパティシエになるべく奮闘するなつめ。十村はそんな彼女を厳しくも温かな眼差しで見守り続ける。そんなある日、大事な晩餐会を前に依子が事故で大怪我を負ってしまう。

監督の深川栄洋は、『60歳のラブレター』(09)や『白夜行』(公開中)など作品の途切れない人気ぶり。本作では、監督としてだけでなく作品の企画段階から参加し、脚本も手がけた。作品の設定やキャラクターの性格づけには、監督自身の蒼井優に対する印象が強く影響したようだ。「もともと蒼井さんに抱いていたイメージは、とても上手で器用な人なのかなと思っていたのですが、実際は良い意味で不器用で、体温を感じさせる人。そんな彼女の無鉄砲な要素のアクセルをもうちょっと踏みこんでみたくなりました」。

そんな深川監督を「すごく優しい目で人を見ている人」と話す蒼井は、監督の熱い思いに応えるような演技で、一人前のパティシエになろうと奮闘するヒロインのなつめを熱演している。なつめはとにかく気が強い。蒼井優が演じたキャラクターの中で史上最もパワフルな女性と言っても良いだろう。役作りについては、「今回はあえて美化することをやめてみようと思いました」と話す。「子供がそのまま大きくなってしまったような子で、相手が誰であろうが言いたいことははっきり言う。見ている人に不快感を抱かせないために、どう演じたら良いのだろうと考えました。でも、『あの深川監督がこの本を書いたということを信じよう』と、いただいた台本のまま演じてみようと思いました。実験であり挑戦でした」。

蒼井優といえば、『フラガール』(06)での北関東訛りなど、彼女にとっての方言は得意の武器のような印象もあるが、実際は意外にも方言に苦手意識を持っているという。「もともと福岡出身なので、この仕事を始めたばかりの頃は標準語も話せなかったんです。やっと慣れてきた時に地方出身の役が増えてきた(笑)。今回の鹿児島弁では、感情が前に出るとイントネーションがごちゃごちゃになってしまったりして難しかったです」。

鹿児島弁のほかにも、パティシエという職人を演じるに当たり、生クリーム絞りの練習などお菓子作りを猛特訓したという。そんな彼女の頑張りについて深川監督は「蒼井さんがそんなふうに水面下で努力していたとは全く知りませんでした。実際の撮影では、僕が考えていたことを全部表情や動きで表現してくれた。口を少し開けていたり、目をパチクリさせたり。こちらが驚くような色々な表情を見せてくれて、いつも『面白いなあ』と思って見ていました」。

本作のもう1つの魅力は、見る者にも香りが届きそうな目にも鮮やかなスイーツの数々。深川監督は「パティシエの作るケーキもそうですが、職人さんが 1つ1つ精魂込めて作るものは、人に何かを感じさせる。それは映画作りも同じだと思います。技術と愛情をかけた職人の思いを感じさせることできたら良いなと思いました」と本作に込めた思いを語ってくれた。

一方の蒼井は、この映画を通してケーキへの意識が変わったと話す。「その小さい世界に至るまでの道のりや、見えない努力の積み重ねが奇跡のように感じられるようになりました。この映画は映像がとっても綺麗ですが、それは深川監督が見ている世界。映画に出てくる人たちは不器用な人たちばかりだけど、人々に対する監督の愛情を感じられると思います」と蒼井が話すと、深川監督は「ありがとうございます」と照れくさそうに微笑みを浮かべた。

苦い現実に心が折れそうになった心を、甘い香りで優しく包み込んでくれるスイーツのような映画『洋菓子店コアンドル』。人の心の温かみにあふれた物語を是非劇場で味わってほしい。
  1. 2011/02/10(木) 20:37:08 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優 :映画「洋菓子店コアンドル」を深川栄洋監督と語る 「この役は挑戦だし、実験だった」
http://mantan-web.jp/2011/02/09/20110209dog00m200037000c.html

蒼井優さんが演じる見習パティシエが、ケーキ作りを通じて周囲の人々の生き方に影響を与えていくヒューマン作品「洋菓子店コアンドル」が11日から全国で公開される。メガホンをとったのは「60歳のラブレター」(09年)が評価され、公開中の「白夜行」や、8月に「神様のカルテ」の公開を控える深川栄洋監督。ケーキ作りに愛情を注ぐパティシエと、映画作りに愛情を注ぐ自身を、ともに「職人」と表現する深川監督と、今回のヒロイン役を、「ある意味挑戦だし、実験でもありました」と語る蒼井さんに話を聞いた。(りんたいこ/毎日新聞デジタル)

 「洋菓子店コアンドル」は小説やマンガ、ドラマの映画化が大はやりの風潮の中で、珍しく映画オリジナルの作品。蒼井さん演じる臼場なつめが、鹿児島から幼なじみで恋人の海千尋(尾上寛之さん)を追って上京してくる。そこで、かつて伝説のパティシエとうたわれた江口洋介さん演じる十村遼太郎と知り合い、なつめ自身が見習パティシエとして修業を積むうちに、過去の出来事からスイーツ界から身を引いていた十村の人生をも再生させていくという物語だ。

 「蒼井優ちゃんと映画を作らないかというところからはじまりました。それは面白いと思って話に乗りました」と企画当初を振り返る深川監督。常々、「職人さんの映画をやってみたかった」という。その思いと、映画オリジナルだからこそ「キャラクター作りに閉塞(へいそく)感みたいなものがない、自由さ」が合致。さらに「大人のかけ引きではなく、子どものような素直なまなざしを持った女の子」を蒼井さんが演じることで、「他にはないキャラクターになっていくのではないかと感じた」と、当初の思いを振り返る。

 蒼井さんが演じるなつめというヒロインは、他人に対して容赦がない。思ったことを口に出し、それが相手を傷つける言葉だとは自覚していない。そんな女の子を嫌みなく演じられるのは、柔らかな雰囲気を持ちながらも演技力の高い蒼井さんならではだ。

 蒼井さんは、最初に台本を読んだ時、「女の子が田舎からやって来てパティシエを目指すという話と聞いていたので、あまりにもストレートだなと思いました」という印象を持った。いながききよたかさんによる脚本は、深川監督の手が加わったことで、登場人物それぞれの心を丹念に編むことに成功し、蒼井さんいわく「着地点が確実」な作品になった。深川監督は現場に入ってからも加筆し続け、結果的に80 ページ近く追加で差し込まれたという。

 その脚本を読み進めながら、蒼井さんは「男の子みたいな女の子。幼い子どもがそのまま大きくなったような女の子で、彼氏の海くんに信じられないくらいひどい言葉を連発します。読んでも読んでも失礼なことばかり言うので、どう言えば不快感を抱かせないでやれるのかと思いました」と、役作りには戸惑ったようだ。でも、なつめを脚本通りに演じてみようと決意できたのは「あの深川監督が書かれた(脚)本だから」。蒼井さんは、普段から深川監督に対して「人間ドラマをきちんと描かれる方。人を優しいまなざしで見ていらっしゃる方というイメージを抱いていた」と話す。そして、「こんな女の子が映画というスポットライトを浴びることで、どういうふうに見えてくるのかを、私自身(スクリーンで)見てみたいと思ったのと、なつめという人物を美化することをやめようと思ったところから、ある意味、この役は私にとって挑戦だし、実験になりました」と撮影中の思いを振り返った。

 蒼井さんはこれまでにも、「フラガール」(06年)ではフラダンスを猛特訓する炭鉱町の娘や、「ハチミツとクローバー」(06年)では可憐(かれん)な美大生、「雷桜」(10年)では山奥で育った奔放な娘など、さまざまな役を演じてきた。どんな役でも演じることは「一貫して難しい」が、今回はとりわけ「窮屈だと感じた」のは鹿児島弁のせいだ。「福岡県出身の自分にとっては、あまりにもなじみのない言葉でした」という蒼井さんは、撮影中も毎日、家に帰ると鹿児島弁の勉強をした。

 ケーキ作りの練習も欠かさなかった。「もともとケーキは作るんですけど、デコレーションはこれまでしなかったので、クリームの絞りとチョコレートの文字書きは日課にしていました」と打ち明ける。デビュー以来、予算が少なく「そんなに甘くない単館系の映画」の現場で育ってきた蒼井さん。「吹き替え(俳優の代わりにその道のプロが技を見せる)をやっていただくという環境になかったし、自分が尊敬する先輩方の姿勢を見て育ってきましたから」、自分ですべてを演じ切る“クセ”がついているのだという。そんな蒼井さんの陰での努力を、深川監督は「鹿児島弁で苦労したとか、(クリームの)絞りを毎日やっていたというのは、撮影が終わってから聞きました。水面下のバタつきは撮影中は知りませんでした」と陰の努力をたたえた。

 「1年365日、24時間、映画のことが頭の中心にあって、企画と向き合い、お客さんに『ありがとう』とか、『見てよかった』とか、『人生の特別な一作になった』と言ってもらえるものを作りたいと思っている」と語る深川監督。一方の蒼井さんも、自分たち映画に携わる人間は、現場でベストを尽くしていると自負している。しかし「だからといって観客の皆さんに(作品を)甘く見てくださいというのではなく、私たちは全力で作り、皆さんと共有できる作品であると思って世に出しているから、一緒に(作品を)楽しみたい」と自信をのぞかせた。

 映画「洋菓子店コアンドル」は、ケーキを中心に据え、一見フワフワした印象を与えるが、その実、職人気質の映画監督が、吹き替えなしでケーキ職人の役に挑むような女優と作り上げた、こだわりに満ちた作品だ。
  1. 2011/02/10(木) 20:36:15 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優の方言に萌え!けなげに頑張る姿に思わず胸キュンの映像解禁!
http://www.cinematoday.jp/page/N0030254
http://www.youtube.com/watch?v=L97YHpyKdRw (蒼井優に方言萌え!『洋菓子店コアンドル』メイキング&インタビュー動画)

スイーツ満載でバレンタインの季節にぴったりの映画『洋菓子店コアンドル』で、鹿児島弁に挑戦する蒼井優を追ったメイキング&インタビュー動画が解禁された。これまでにもさまざまな方言での演技を経験してきた蒼井にとっても、今回の鹿児島弁はかなりの難敵。けなげに頑張る姿には、胸がキュンとなること間違いなし?

今回解禁されたのは、物語の初め、恋人を追い掛けて上京してきた蒼井演じるなつめがケーキ屋を訪れる場面のメイキング動画。照れたような笑みやあいまいなしぐさもチャーミングだが、一番の萌えポイントは蒼井の口から出る鹿児島弁。素朴な蒼井の魅力を存分に引き出していると同時に、演じているなつめというキャラクターが慣れない東京に戸惑っていることもうかがえる名場面だ。

 これまでにも蒼井は映画『ニライカナイからの手紙』で見事な沖縄弁を披露しており、方言での演技も経験豊富。だが、今回ばかりは勝手が違うらしく、動画後半に収められているインタビューでは「今までいろいろ、『なんちゃら弁』ってしゃべってきたけど、一番難しいんじゃないかな」と思わず本音をポロリ。メイキング動画には、普段の穏やかな顔つきからは想像もできない厳しい面持ちでスタッフと入念に打ち合わせをする姿や、撮り直しを求められているところも収められており、慣れない鹿児島弁での演技には苦労しているようだ。オフィシャルサイト上で公開されている予告編や本編では観ることができない、まさにメイキングだからこそ撮ることのできた映像だ。

 作中でケーキを口にしたときにふんわりとこぼれる蒼井の笑みは、メイキングで見られるような苦労を重ねた先にあるもの。そのことを知れば、蒼井のファンではなかった人はファンに、ファンだった人はますますファンになること間違いなしだ。

 映画『洋菓子店コアンドル』は、東京の洋菓子店を舞台に、8年前に突然スイーツ界から姿を消した伝説のパティシエと上京したてのケーキ屋の娘が、人生の挫折を乗り越えて再生していく姿を描く感動ストーリー。伝説のパティシエを演じる江口洋介や、彼と出会うケーキ屋の娘を演じる蒼井優の主演俳優に加え、第三の主役は作中に登場するスイーツの数々。おいしそうなあま~いお菓子いっぱいの本作が、あなたの恋もあま~く彩っちゃうかも!?

映画『洋菓子店コアンドル』は2月11日より全国公開
  1. 2011/02/10(木) 20:33:27 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

剪短髮啦

蒼井優 :ショートカットで妻夫木と舞台初共演 野田秀樹書き下ろし「南へ」公開ゲネプロ
http://mantan-web.jp/2011/02/10/20110210dog00m200009000c.html
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201102100004
http://t.pia.jp/feature/stage/to-south/to-south.html

俳優の妻夫木聡さん(30)と蒼井優さん(25)が9日、初共演となる舞台「南へ」の公開ゲネプロが東京芸術劇場(東京都豊島区)の中ホールで行われた。

 演出家の野田秀樹さん率いる「NODA・MAP」の第16回公演で、舞台は富士山に名前のよく似た火山・ブジザンの観測所に火山が大好きな新任の観測所員(妻夫木さん)が赴任してくる。その赴任先で待っていたのは、虚言癖の女(蒼井さん)。やがて、300年間噴火をしていないブジザンに大噴火のうわさが流れる……という物語。ほかに、火山観測所の個性的な所長を渡辺いっけいさん、旅館を経営する三つ子の長女を高田聖子さんが演じ、チョウソンハさん、藤木孝さん、黒木華さんらも出演する。

 NODA・MAP初出演となる蒼井さんは、キュートなショートカットでイメージを一新して、軽快に次から次とうそをつき続ける役を熱演。笑ったり怒ったり驚いたりと、百面相でうそを楽しむ女を魅力いっぱいに演じて、観客の目を引きつけた。 NODA・MAP作品では07年に「キル」に出演しているが、野田さん書き下ろしの新作は初めてという妻夫木さんは、蒼井さんとの掛け合いを絶妙にこなしながらも、舞台狭しと走り回り、汗だくになりながら“心に洞窟を持つ男”を全力で演じた。舞台は3月31日まで同劇場で上演予定。
  1. 2011/02/10(木) 20:29:35 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『洋菓子店コアンドル』がサンタバーバラ国際映画祭で快挙!イースト・ミーツ・ウエスト部門賞受賞!
http://sbiff.org/2011/2011-award-winning-films-anounced

Best East Meets West Cinema Award went to Patisserie (Coin De Rue), the WORLD PREMIERE film from Japan directed by Yoshihiro Fukagawa. Patisserie is a story of introspect and soul-searching, both on the parts of the viewer and characters. When Tomura (Yosuki Eguchi) vanishes from the upper echelon of the pastry circuit in Japan, people are befuddled as to where he went, and why. Living a quiet life as a lecturer to confectionary students in Tokyo, Tomura figures that he is home free. That is until he is “discovered” by the young daughter (Yu Aoi) of a cake-baker, who, on a whim, decided to leave her home to follow her boyfriend to the big city. When she becomes an apprentice at a small but well-esteemed bakery, she makes it her duty to try and bring Tomura back into the proverbial pastry ring.
  1. 2011/02/07(月) 19:00:46 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

岩井俊二『ヴァンパイア』ベルリン映画祭出品が決定! 蒼井優を起用したワケとは?
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2011/02/9976/index.html

先月開催されたサンダンス映画祭でも上映された、岩井俊二監督の全編英語による最新作『ヴァンパイア』が、2月10日(現地時間)より開催される第61回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に正式出品されることが決定し、岩井俊二監督からコメントが到着! 唯一の日本人キャストととなる蒼井優の起用の理由や役どころについても語ってくれた。

俗に言うところの“ヴァンパイア映画”とは趣が異なるとも言われる本作。主人公は、仕事熱心で認知症の母を介護する高校の生物教師・サイモン。一見、真面目そうな外見とは裏腹に、彼は若い女性の血を飲みたいという欲求を抑えられずにいる。血を求めて自殺サイトを徘徊し、自殺志願者の娘たちを言葉巧みに誘い出していくのだが…。“ヴァンパイア”と呼ばれた男と彼に血を提供した女たちの物語が展開する。

岩井監督にとってベルリン国際映画祭への参加は『undo』、『PiCNiC』、『リリイ・シュシュのすべて』に続き4回目。岩井監督も現地入りし、舞台挨拶とティーチインに参加するとのこと。「観て、何かを感じてもらえると嬉しいです」と静かに意気込みを語った。作品については「この物語を最初に書き始めたのは、もう10年以上前でもあり、内容もヴァンパイアの映画ではないので、最近のブームとはあまり関係ない映画です。改めてふり返ると、命とは、という予想外に大きなテーマを描こうとしていたんだなと感じます」とやはり、現在、ハリウッドを中心に次々と製作、公開されている“ヴァンパイア映画”とは異なるということを強調。

本作でハリウッド長編デビューを果たす蒼井さんの起用理由に関しては「彼女にやってほしい役があったからです」と説明。気になるその役どころはというと、「交換留学生の役です。高校生なので実年齢的には無理がありましたが、カナダの本物の高校生の中に入ると、むしろまだ幼く感じるぐらいでした。カナダの高校生は貫禄あり過ぎです」と明かしてくれた。

今回、到着した画像では凛々しい顔が印象的の蒼井さんのほか、サイモンや彼に誘い出されたと思しき女性たちの姿が。いくつかの画像では真っ白い風船のようなものが写っているが、これは何を意味するのか? 謎は深まるばかりだ。

『花とアリス』から7年、『市川崑物語』から5年。岩井監督は果たして何を見せてくれるのか? 『ヴァンパイア』の日本公開は2011年を予定。
  1. 2011/02/07(月) 13:21:46 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『Kansai Walker Sweets Collection』
発売日:2011年2月4日(金)
表紙 :蒼井優
http://www.kadokawa.co.jp/mag/bk_detail.php?pcd=201011000087
・巻頭インタビューでは、2/11(金)公開の「洋菓子コアンドル」の魅力を主演の蒼井 優さんがたっぷり語ってくれたぞ!!
  1. 2011/02/06(日) 13:49:54 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「REDLINE」 (超時空甩尾)
2011年5月台灣上映
http://www.youtube.com/watch?v=wnn7oSk4vvU
  1. 2011/02/06(日) 00:52:17 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優、現場に自作キャロットケーキを差し入れ
http://eiga.com/news/20110203/17/
http://eiga.com/movie/55511/video/ (「洋菓子店コアンドル」メイキング映像)
http://ameblo.jp/toda-keiko/entry-10391318443.html (戸田恵子blog 2009-11-18)

深川栄洋監督作「洋菓子店コアンドル」でパティシエ役を演じる蒼井優が、現場に自作ケーキを差し入れる姿などが収められたメイキング映像を、映画.comが入手した。

同作は、恋人を追いかけて田舎から上京してきたケーキ屋の娘・なつめ(蒼井)が、有名洋菓子店「パティスリー・コアンドル」に転がり込み、伝説のパティシエ・十村(江口洋介)や常連客との交流を通じて成長していく姿を描く。

メイキングには、蒼井が自作の特大キャロットケーキを現場に差し入れ、美術スタッフに取り分けている姿が収められている。「シナモン苦手な方は食べない方がいいです。フォークでお好きなだけどうぞ」と書かれた張り紙がしてあり、蒼井なりの現場への気づかいがにじみ出ている。蒼井は、「どうしても現場は大変なことがつきものなので、みんなが疲れてきたかなというときだったのと、自分が食べたかったというのもあって、キャロットケーキを焼きました。みなさん優しいから、おいしいといって食べてくれたので、気を使わせてしまったなと反省しています」と謙そんしてみせた。

また、撮影の合間に共演の江口のりことケーキ作りについて語り合う、プライベートな一面も垣間見ることができる。

「洋菓子店コアンドル」は2月11日から全国で公開。
  1. 2011/02/03(木) 20:29:50 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

『洋菓子店コアンドル』公開記念 蒼井優スペシャルインタビュー
http://yaplog.jp/yapcinemage/archive/812

江口洋介&蒼井優主演、『60 歳のラブレター』の深川栄洋監督最新作となる映画『洋菓子店コアンドル』が、2月11 日(金・祝)全国公開されます!
日本映画界を代表する2 人の俳優、江口洋介と蒼井優が初共演。そして、いつの時代も女性たちを魅了し続ける“宝石のようなスイーツ”の数々。
東京の街角にある洋菓子店で繰り広げられる、キュートで切ないオリジナル・ストーリー。悲しみを乗り越えること、夢を諦めないこと、人生を楽しむことの大切さを瑞々しく描く、ビター&スイートな感動作の誕生です!

公開に先駆け、本日は臼場なつめを演じた主演 蒼井優さんのインタビューをお届けします!

最初にこの映画の企画を聞いたとき、脚本を読んだときの印象は?
蒼井優さん
早い段階でお話をいただいていて、最初は舞台が東京ではなかったりしたのですが、どんどん話が詰めていかれて、今の形になるまでの過程を見ていたので、読むたびに面白くなっていきました。お菓子作り、鹿児島弁など習得しなくてはいけないことはいろいろとあったのですが、それよりもお話がどんどんふくらんでいくことにワクワクしましたね。はじめて最終的な台本を読ませていただいたときは、懐かしい感じのする映画だなと思いました。ケーキって小さいときから、何かうれしいことやお祝い事など、楽しい出来事や記憶のなかに常に一緒に存在しているものなので、そういうものを思い出させてくれる台本というか。ビターな要素も入っている映画ですが、観た人がホッとするような映画になるんじゃないか、という印象を持ちました。

なつめというキャラクターを演じる上でポイントしたところは?
蒼井優さん
小学校低学年の男の子が、そのまま大人になっちゃったような子だと思いました。テンションが高いので、早朝からなつめのテンションに持っていくのは大変ではあったのですが、とてもまっすぐな女の子の役だったので、何だかんだいっても楽しみながら演じましたね。

テンションを上げるために音楽を聞いてから撮影に入っていたそうですね。
蒼井優さん
普段も冬の朝は得意ではなくて、ローからゆっくりエンジンがかかっていく感じなのですが、撮影ではそうはいっていられないので、音楽をかけてテンションを上げていました。支度をするときに毎日聞いていたのは、neco眠るさんと二階堂和美さんの『猫がニャ~て、犬がワンッ!』。メイク室でも聞くこともありましたね。歌詞もテンポもなつめちゃんにぴったりな音楽だったので、毎日聞いていました。

お菓子作りの練習はいかがでしたか。
蒼井優さん
もともと細かい作業がわりと好きなので、お菓子作りに関してはそんなに苦労したということはないかもしれません。ただクリームを絞るのを毎日練習していると、筋肉が痛くなったりということはありましたね。逆に食べることのほうが難しかったです。ごはんを食べるのとケーキを食べるのとでは違っていて、ケーキはキラキラしたものであってほしいから、なるべくきれいに食べるようにしたいなと思って。硬いところ柔らかいところといろんな層があって、食べるのに緊張しました。硬いところのことを考えていたらクリームが溶けてしまったり、クリームのことを考えていたら硬いところがうまく食べられなかったり。ムースのときはホッとしていました。

蒼井さんにとってのスイーツとは?
蒼井優さん
絶対にプラスにしか働かないもの。元気がないときにちょっとホッとさせてくれたり、少し気分を高めてくれたり。楽しいときは余計食べたくなるし、スイーツはより楽しい時間をサポートしてくれるものだと思います。

江口洋介さんと共演した印象をおしえてください。
蒼井優さん
今回はじめてお会いして、すごく男らしい方で、ずっと主演をはられていた方だからかもともとなのか、すごく器の大きい方だと思いました。現場に江口さんがいらっしゃると心強いんです。ちょっとやそっとじゃびくともしないという感じで、どんと立っていてくださって、本当に主演の方だなと思いました。でもそれだけではなくて面白い話をしてくださったり、でもどこかつかみどころのないところもあったり、見ていて飽きない方でした。

深川監督の演出はいかがでしたか。
蒼井優さん
監督の人間性だけでこの映画が作られているんじゃないか、と思いました。監督の視線の温かさがあって幸せな気持ちになれる、嘘がない映画になっているんです。現場でたくさん大変なことがあっても、みんなが監督のためにやりきろうという気持ちになれる。そういう意味でも、監督の人となりでできあがった映画です。監督の演出も大好きでした。

最後に、ご覧になる方にメッセージをお願いします。
蒼井優さん
『洋菓子店コアンドル』はおいしそうなケーキがたくさん出てくる映画ではあるのですが、そこに人間模様や、それぞれの関係性から生まれるもの、一瞬のきらっとした輝きも描かれています。ポスターにあるように“甘くない人生に、ときどきスイーツ。きっと幸せになれる”作品です。この映画を味わったあとに本当のケーキを食べながらお茶をして、楽しい時間が続くような、そんな映画になればいいなと思っています。ぜひ劇場でご覧ください。
  1. 2011/02/03(木) 11:05:48 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌『MORE』(集英社)
発売日:2011年1月28日(金)
http://www.s-woman.net/more/
・エンタメEXPRESS
People 蒼井 優・仲間由紀恵

雑誌『コーラス』(集英社)
発売日:2011年1月28日(金)
http://chorus.shueisha.co.jp/

雑誌:『ps』(小学館)
発売日:2011年2月1日(火)
表紙 :蒼井優
http://www.pretty-style.com/
・蒼井優 ゴキゲンなマリンガール

雑誌:『anan』(マガジンハウス)
発売日:2011年2月2日(水)
・CLOSE UP! 妻夫木聡×蒼井優 イメージが無限に広がっていく自由で刺激的な舞台です。
  1. 2011/02/02(水) 09:19:10 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

戸田恵子、未来のパティシエにエール
http://eiga.com/news/20110131/17/
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2011/01/9931/

女優の戸田恵子が1月31日、東京・新宿バルト9で行われた「洋菓子店コアンドル」の特別試写会にサプライズ登壇。同作に特別協力した辻調グループ校エコール辻東京の学生に「厳しいこともあると思うが、へこたれずに頑張ってほしい。いつか皆さんが作ったスイーツをいただける日を楽しみにしている」とエールをおくった。

恋人を追いかけて田舎から上京し、有名洋菓子店「パティスリー・コアンドル」に転がり込んだケーキ屋の娘・なつめ(蒼井優)が、伝説のパティシエ・十村(江口洋介)や常連客との交流を通じてパティシエとして、人間として成長を遂げるハートウォーミング作。この日は同校で学ぶ“パティシエの卵”数10人が招待された。

洋菓子店のオーナー・依子を演じた戸田は、撮影前にエコール辻東京で菓子作りを学んだが「お店のそろばん勘定ばかりで、学んだことはあまり生かされなかったかも(笑)」。温度調節に細心の注意が払われた現場で、スイーツとの“共演”を楽しみ「現場全体がスイーツを愛した時間。特別な愛着が沸いたし、撮影後は心して食べるようになった」と振り返った。試写会に出席した大川満氏(エコール辻東京辻製菓マスターカレッジ教授)は「戸田さんのお店で働きたくなりました」、前田浩子プロデューサーも「巧みのオーラは戸田さんならでは」とべたぼめだった。

戸田は、蒼井との初共演を「初めてという感じがしないし、役柄にもぴったり。道行く人が本当のケーキ屋だと間違えるほどのセットで、毎日、一緒に過ごしたので自然と仲良くなった。いろんな人生の話をしましたよ」と述懐し、「優ちゃん演じる女の子だけじゃあく、登場人物みんながちょっとだけ成長するストーリー」とアピールした。

「洋菓子店コアンドル」は2月11日から全国で公開。
  1. 2011/02/01(火) 07:09:29 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

2010 高雄電影節上映「REDLINE」 (超時空甩尾)
今年蜜蜂工房正式代理了,
春季上映,日期還未定
  1. 2011/01/29(土) 15:28:21 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「Vampire」相關訪談或片段
目前找不到蒼井優的片段
http://www.youtube.com/watch?v=syEcvusWK6o
http://www.youtube.com/watch?v=ZmylN2wOheE
http://www.youtube.com/watch?v=DR3An3pWznM
http://www.youtube.com/watch?v=Fp7wxIx_rDY
http://www.youtube.com/watch?v=iflnG5_oSYg
www.youtube.com/watch?v=YIuyDZTl-HM
www.youtube.com/watch?v=qUiCz6bZJj8
  1. 2011/01/29(土) 13:31:25 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雷桜/メモリアル・エディション/DVD(2枚組)
http://raiou.jp/news/index.html
http://ishop.tbs.co.jp/tbs/org/movies/raiou/dvd/-/ps_id/1532328/s_cd/0001/c_cd/32994

<リリース情報>
●発売日/2011年5月4日(水)
●発売元/TBS
●販売元/TCエンタテインメント

<製品仕様>
●分数(約)/本編133分+特典映像
●リージョンナンバー/2(NTSC・日本市場向け)
●音声/1)ドルビーデジタル 5.1ch サラウンド 2)ドルビーデジタル 2ch サラウンド
●画面サイズ/16:9ビスタサイズ(本編)、16:9(特典映像)
●字幕/日本語(本編)
●DISC1:片面2層、DISC2:未定
※仕様は変更となる場合がございます。
初回生産限定封入特典(予定)

オリジナルポストカード5枚セット

封入特典

ブックレット

映像特典(予定)

・メイキング
・インタビュー
・クランクアップ集
・完成披露試写
・公開直前イベント
・舞台挨拶
・釜山映画祭
・「アカデミーナイト」密着舞台裏
・予告編、SPOT集

  1. 2011/01/27(木) 20:11:35 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌『zipper』(ロッキング・オン)
発売日:2011年1月22日(土)
http://www.sho-mag.jp/zipper/

雑誌『美的』(小学館)
発売日:2011年1月22日(土)
http://www.biteki.com/

雑誌『MAQUIA』(集英社)
発売日:2011年1月22日(土)
http://maquiaonline.com/
・今月のイチオシ People 蒼井 優

雑誌『Spring』(宝島社)
発売日:2011年1月22日(土)
http://tkj.jp/spring/

「月刊 旅色」2月号
発売日:2011年1月25日(火)
表紙 :蒼井優
http://tabiiro.jp/monthly/index.html
ameblo.jp/brangista/entry-10779491775.html
・巻頭インタビュー 蒼井優 さん
「ときめきの感性、煌めきの冬」
  1. 2011/01/25(火) 20:34:13 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優が世界進出!岩井俊二監督「ヴァンパイア」で米映画祭上映
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110123-OHT1T00040.htm

岩井俊二監督(47)が初めて全編英語で撮り下ろした約5年ぶりの新作映画「ヴァンパイア」が23日(現地時間22日)、米ユタ州で開催中のサンダンス映画祭でプレミア上映される。海外の主要キャストの中で、同監督の「花とアリス」にも出演した蒼井優(25)が日本人代表として出演。日本映画界を代表する2人がインディペンデント映画祭の最高峰に挑む。

 岩井監督は09年の同映画祭で審査員を務めているが、正式出品は初めて。22日のレッドカーペットと作品上映にはレイチェル・リー・クック、アマンダ・プラマーら出演者も駆け付ける。現地からスポーツ報知の電話取材に応じた岩井監督は「非常に親しみがある映画祭。出品できたということだけでも満足している」。授賞式は30日(現地時間29日)。26回の歴史で日本映画のグランプリ受賞はないが「賞を狙うというよりも、多くの人に見てもらえる機会を与えられたのがうれしい」と謙虚に語った。

 蒼井にとっても世界に名を広める大きなチャンスとなる。「海外の長編作品に出演するのは初めてでしたが、休み時間があるのが日本とは違っていました」。日系米国人役でセリフもすべて英語。デビュー作「リリイ・シュシュのすべて」(01年)、一躍注目を集めた「花とアリス」(04年)以来3度目の岩井作品に「久しぶりに監督の前でお芝居をするのはなんだか照れくさかったです」。映画祭には出席しないが「一筋縄ではいかない作品なので、お客さんがどうとらえるのか、私としても楽しみ」と話している。

 映画は、一見平凡だが、血を飲まずにはいられない高校教師(ケヴィン・ゼガーズ)と血を提供した若い女性たちの物語。09年のオムニバス映画「ニューヨーク、アイラブユー」で英語の短編を手掛けたが、長編は初めて。05年からロサンゼルスに移住している岩井監督が長年構想を温めてきた作品で、本格的な海外デビューとなる。

 撮影は昨年の初夏に行い「外国人には理解しにくい表現などもあったが、俳優さんたちとしっかり話し合って撮影に臨んだのでいいコラボレーションができた」と岩井監督。今回の出品でさらに世界から注目を集めることになるが「あまり日本とか海外とかの境界線はない。作品の内容によって、ケース・バイ・ケースで撮っていきたい」と国境なき映画製作を強調した。

 ◆ベルリン出品も 「ヴァンパイア」は、2月のベルリン国際映画祭のパノラマ部門への出品も決定。公開時期は未定だが、「映画祭の結果で決まってくる」と関係者。またサンダンスには、スネオヘアー、ともさかりえ主演の映画「アブラクサスの祭」(加藤直輝監督)も出品している。

 ◆岩井 俊二(いわい・しゅんじ)1963年1月24日、宮城県出身。47歳。93年テレビドラマ「ifもしも~打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」で日本映画監督協会賞。95年「Love Letter」で長編映画デビュー。代表作は「スワロウテイル」「四月物語」「リリイ・シュシュのすべて」など。2002年サッカーW杯ドキュメンタリー「六月の勝利の歌を忘れない」を発表。03年「花とアリス」をインターネット上で発表し、04年劇場公開。血液型O。

 ◆サンダンス映画祭 毎年1月に米ユタ州パークシティーで開かれる、世界最大のインディペンデント(独立系)映画の祭典。1981年に米俳優ロバート・レッドフォードが設立。毎年5万人以上が訪れ、映画業界の一年を占う大きな影響力を持つ。「若手映画人の育成」を目的とし、新人監督の才能発掘キャンペーン「フォーカス・オン・フィルム」、低予算映画のための「ネクスト部門」などがある。
  1. 2011/01/23(日) 12:27:57 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌『H』(ロッキング・オン)
発売日:2011年1日20日(木)
http://ro69.jp/product/magazine/10
・蒼井優『洋菓子店コアンドル』
2月11日公開の映画『洋菓子店コアンドル』でパティシエ役に初挑戦した蒼井優が登場。
Hはその撮影現場に直撃、貴重なメイキング・フォトをゲットしてきました!

雑誌:『Hanako』(マガジンハウス)
発売日:2011年1日20日(木)
http://magazineworld.jp/hanako/
・〈蒼井優の、いつでもスイーツ。〉
そのホットケーキは、みんなを幸せにする。

フリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS 2011.1.20号
表紙 :蒼井優
http://flying-postman.com/
http://flying-postman.com/contents/20110120/special_interview_20110120/1766.html
  1. 2011/01/22(土) 01:12:06 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

雑誌:『シネマスクエア』(日之出出版)
発売日:2011年1日7日(金)
http://hinode.co.jp/mooks/63-533.html
・★甘~いお菓子、ホロ苦い人生
『洋菓子店コアンドル』
江口洋介×蒼井優

雑誌:『演劇ぶっく』2月号(えんぶ)
発売日:2011年1日9日(日)
表紙 :妻夫木聡 蒼井優
http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html
・妻夫木聡 蒼井優 『南へ』
実体を侵食させる男と嘘をつく女の「信じるということ」

雑誌『FRaU』(講談社)
発売日:2011年1日12日(水)
http://watashi-frau.com/
・〈この人が出ているから観たくなる!〉スクリーンに生きる、女優たち 
蒼井優/キャリー・マリガン/満島ひかり/ブレイク・ライブリー

雑誌『CUT』(ロッキング・オン)
発売日:2011年1日19日(水)
http://ro69.jp/product/magazine/7
・『洋菓子店コアンドル』
蒼井優×深川栄洋(監督)
一軒の洋菓子店を舞台に、スイーツに懸けるパティシエの生き様を描いた映画『洋菓子店コアンドル』。
本作でパティシエ役に挑戦した蒼井優&深川栄洋監督の対談で、その魅力に迫る。

雑誌『nonno』(集英社)
発売日:2011年1日20日(木)
http://www.s-woman.net/non-no/
  1. 2011/01/22(土) 00:59:28 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

NODA・MAP 第16回公演『南へ』
http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51590102.html
http://next-choice.com/wordpress/?p=221

妻夫木聡・・・観測所に赴任してくる火山を愛する男
蒼井優・・・虚言癖のある女
渡辺いっけい・・・火山観測所の所長
高田聖子・・・火山の麓にある旅館の女将
チョウソンハ・・・火山観測所の観測員
黒木華・・・蒼井優演じる虚言癖のある女の分身
太田緑ロランス・・・旅館の女将の妹
銀粉蝶・・・尊い役どころ
山崎清介・・・火山観測所の観測員
藤木孝・・・尊い役どころ
野田秀樹・・・VIPという役
  1. 2011/01/22(土) 00:19:15 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

江口洋介&蒼井優主演『洋菓子店コアンドル』サンタバーバラ国際映画祭での上映が決定!
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=11549

江口洋介&蒼井優初共演、『60 歳のラブレター』『半分の月がのぼる空』の俊英・深川栄洋監督最新作として注目を集める『洋菓子店コアンドル』。2 月11 日(金・祝)より全国公開となる本作は、悲しい過去を秘めた元・伝説のパティシエ十村(江口洋介)と、恋人を追って上京してきたケーキ屋の娘なつめ(蒼井優)が出会う、街角の洋菓子店「パティスリー・コアンドル」を舞台にした、ビター&スイートな感動物語。映画に登場する宝石のようなスイーツたちは、観た人を幸せに包み込む重要な“主役”としてその役割を果たしています。

そんな本作が日本公開を前に海外へ進出!アメリカ・カリフォルニア州で開催され、アカデミー賞の前哨戦として毎年注目を集めるアカデミー賞公認の映画祭、サンタバーバラ国際映画祭での上映が決定致しました。
毎年映画界を代表する話題作が多く上映されることで知られているこの映画祭。『洋菓子店コアンドル』は、<East Meets West>というアジア映画のコンペティション部門への出品となります。
昨年11 月の試写で映画を観て、映画祭での上映を熱望したという映画祭のプログラムディレクターからのコメントも到着!
  1. 2011/01/15(土) 17:48:02 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

「蒼井洋菓子店〜大好きスイーツ・ベスト88〜」発売決定!
http://blog.cinemacafe.net/coin-de-rue/201101/20110115_133000.html
http://magazineworld.jp/books/all/?gosu=2224

映画公開を記念して、蒼井優さんによるスイーツガイド本が、1月27日発売決定!

突然ですが質問です。
□貴重なメロンを使ったホテルニューオータニのショートケーキ。
 さておいくらでしょう?
□神田の老舗洋菓子店・柏水堂。ラブリーな名物ケーキといえば
 ある動物型。さてなんの動物?
□広島で行列のできるふっくらバターケーキといえば、なんというお店?

これらは、すべて蒼井優のデータバンクからの情報を元に作成しました。
自他ともに認めるお菓子好きの彼女が、実際に足を運んだり、取り寄せたりして蓄積したスイーツ情報を厳選、大好きなパティスリーやとっておきの味を紹介します。お取り寄せなど実用情報も満載、おいしいスイーツを前に、とろけるような笑顔をこぼす蒼井優の写真の数々も必見です。 (※上記質問の答えは本の中にあります)

【内容】
*蒼井優とスイーツ
  〜母の手作りバナナケーキのこと。映画でパティシエ体験をしたこと...〜
*東京スイーツ散歩 〜大好きパティスリー14軒
*幸せスイーツテイスティング
  〜行列スイーツやお取り寄せを蒼井優が本気で試食
*エレガントなスイーツマナー
  〜たとえば、ミルフィーユを美しくいただくコツとは? etc.

「蒼井洋菓子店 〜大好きスイーツ・ベスト88〜」 著:蒼井優
1月27日発売  価格:1400円(税込) マガジンハウス刊
  1. 2011/01/15(土) 17:20:09 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

蒼井優が“とっておき”を紹介するスイーツ本…その名も「蒼井洋菓子店」発売決定!
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2011/01/9809/

映画『洋菓子店コアンドル』に主演し、パティシエ役に挑戦した女優の蒼井優が、自らこれまでに蓄積したスイーツ情報を厳選し、紹介する書籍「蒼井洋菓子店~大好
きスイーツ・ベスト88~」がマガジンハウスより発売されることになった。

映画は、東京の街角にある洋菓子店「パティスリー・コアンドル」に集う人々の物語が描く。江口洋介が、かつて伝説的なパティシエとして腕を奮いつつも、あることがきっかけでスイーツの世界から身を引いた十村を演じ、蒼井さんは江口さんとW主演で、恋人を追って鹿児島から上京し、コアンドルで働く娘・なつめを演じている。

劇中の画像でも見られるように、パティシエのコックコートがお似合いの蒼井さんだが、自他ともに認めるお菓子好き。今回発売されるスイーツ情報本、その名も「蒼井洋菓子店」では、そんな彼女がこれまでに実際に足を運んだり、取り寄せたりして蓄積した様々なスイーツの情報、大好きなパティスリーやとっておきの味を惜しみなく紹介する! “蒼井優とスイーツ”と称して蒼井さんのお母さんの手作りバナナケーキのことや、映画でのパティシエ体験について語るほか、“幸せスイーツテイスティング”では、行列ができるスイーツやお取り寄せスイーツを彼女が本気で試食! “エレガントなスイーツマナー”の章では、崩れやすいミルフィーユを美しく食べるコツなどを紹介する。インタビューに加え、オフショットも満載。スイーツを前に幸せそうな蒼井さんの笑顔にドキッ!

「蒼井洋菓子店~大好きスイーツ・ベスト88~」は1月27日(木)発売。『洋菓子店コアンドル』は2月11日(金・祝)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。

「蒼井洋菓子店~大好きスイーツ・ベスト88~」(マガジンハウス刊)
著者:蒼井優
価格:1,400円(税込)
発売日:1月27日(木)
  1. 2011/01/15(土) 14:28:21 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

妻夫木聡と蒼井優。注目の俳優同士が野田秀樹の新作舞台で共演実現
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201101060002
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/83666/full/
http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/01/06/0003720114.shtml

妻夫木聡、蒼井優、作・演出と出演を兼ねる野田秀樹らが、1月6日、都内でNODA・MAP新作舞台『南へ』の製作発表を行った。妻夫木と蒼井はともに人気俳優ながらCM以外では共演がなく、ふたりの顔合わせに注目が集まった。

舞台は富士山に名前のよく似た火山・ブジザン。その観測所に新任の観測所員(妻夫木)が赴任してくる。その赴任先で待っているのは、虚言癖の女(蒼井)だ。やがて、300年間噴火をしていないブジザンに大噴火の噂が流れる。そこに不確かな情報や予知、マスコミが集まりだして……。物語は、現代と最後に噴火があった300年前の話を絡めながら展開していく。

野田は妻夫木、蒼井をはじめとしたキャストの布陣に自信を見せる。妻夫木には彼が出演する自身の舞台『キル』(2007年)の閉幕後に次の舞台の声をかけ、蒼井には2009年の舞台『楽屋』での演技を見て、芝居が良かったとの手紙を書き、今回ふたりの共演と相成った。蒼井に虚言癖の女、妻夫木には洞窟のような心を持つ男という難役を据えた野田は「(蒼井の役は)嘘をつき続けないと自分の正体がバレるということですね。実は妻夫木くん(の役)は、芝居の半ばまでその(心の)洞窟に自分で気がつかない。自分の正体を知っているのにわからないようにしている女性と、自分の正体を知らなかった男の話です」とコメント。ともに意味深な役どころだ。

それを受けて妻夫木は「正体が何であるかというのはとても難しいことで答えのないことだと思うのですが、そのなかで(役として)どういう形にできるか、探りながら見つけていけたら。みんなでワークショップを繰り返し、そこで出たアイデアを野田さんが使ってくれたりすることもあるので、日々僕らの中でも発見があり、考えながら試されている中、いつも新鮮な気持ちでやらせてもらっている。牛歩ではありますけれども、(稽古は)進んでいっている感じがします」と語る。

一方、蒼井は「私は(舞台に)出てきて早々に嘘をつきはじめ、本当に延々嘘をつき続けている。その嘘というマグマのなかに、自分が飲み込まれたり、そこから出てきたりを繰り返す女。嘘を真実だと思ってやるのか、嘘だとわかりながらも人を騙すのかということを探り探りやっている状態。どっちを取るにしても、嘘を楽しむ女には間違いないと思うので、役同様、楽しんでいけたらなと思います」とアピールした。

“信じる”をテーマにした3部作の掉尾を飾る本作だが、野田は敢えてこう話す。「信じるとか信じないとかそういう感じではなくて、(日本語を話す)共同体というか日本というのをどういう風に思うのかな?という作品。『ザ・キャラクター』(2010年)はオウム(真理教)の話。新作はオウムの裏にある我々の心理とか、あの問題が何をほったらかしにしたために起きたのか?ということと関係している」。注目の公演は2月10日(木)から3月31日(木)まで東京芸術劇場 中ホールにて。チケットは1月8日(土)より一般発売開始。またチケットぴあでは、先行先着販売「プリセール」を1月7日(金)7:00まで受付中。
  1. 2011/01/06(木) 19:11:09 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

チケットぴあ網頁更新,開放NODA・MAP「南へ」 妻夫木聡、蒼井優コメント動画
http://www.youtube.com/watch?v=D_yd7UFqfDY
http://www.youtube.com/watch?v=mUM4KqPAOfo
  1. 2011/01/05(水) 20:56:10 |
  2. URL |
  3. nohoho #-
  4. [ 編輯 ]

發表留言


只對管理員顯示

引用

引用 URL
http://aoinohoho.blog125.fc2.com/tb.php/53-bb9d5ff5
引用此文章(FC2部落格用戶)

Profile

aoinohoho

Author:aoinohoho
Welcome to FC2

Latest Entries

Latest Comments

Category

Category: None (7)
(0)
テレビ (1)
ネタバレ (0)
プロフィール (1)
友達 (1)
台湾のHow Are Yu (0)
映画 (0)
百万円と苦虫女 (0)
雜誌情報 (1)
CM (4)
News&Interview (4)
截圖歡樂多 (0)

FC2計數器

自由區域

Search Form

Link

Add this blog to links

RSS